少女/女性漫画

離縁は致しかねます!ネタバレ28話!あらすじ感想!抱いてほしい

めちゃコミックで大人気コミック「離縁は致しかねます!」

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?」

こちらでは「離縁は致しかねます!28話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

瀬田と平岡は、名前が違っていたからわからなかったと言います。
ぎこちなくも親しげに話すふたりに、知り合いかと千春は尋ねました。

昔の知り合いだというふたりの表情をみれば、ただの知り合いではないことがわかってしまった千春。
帰りの車内で、どういう関係かと瀬田に問い詰めます。

けれど、昔の商売先のお嬢さんだったと話すだけで、それ以外はごまかし始めました。
瀬田に聞いても答えてくれないと思った千春は、瀬田の部下に聞くことに。

部下は平岡の事は知らないが、瀬田が今大切なのは、あなただと言われました。
そんな部下と話しているところを瀬田に見つかってしまいます。

千春は話を聞いていたのではと尋ねると、瀬田は本当に平岡とは何もないと言い聞かせたのです。
翌朝、再び集会に行くという千春に、彼女と千春は違うと瀬田は言うのでした。

離縁は致しかねます!28話のあらすじネタバレ

関わってほしくない

「個人的な感情でいくところじゃない」と、瀬田は言います。
千春はそうさせているのは誰だ、と思いながら、どういう意味かと尋ねました。

部下たちが何事かと、遠くからふたりを見ています。
千春自身も、女として思うところがあると訴えました。

そして「自分と平岡が関わるのが嫌なだけでは」と、言う千春。
ふたりのことを詮索するつもりはないから安心していいと言うと、瀬田は大きなため息をつきます。

ビクッとする千春の横を通り過ぎながら、勝手にしろと言いました。
嫉妬されてうれしいと言っていたくせに、と千春も感情任せに出かけて行ったのです。

逃げてきた人

こんにちわと集会をしている屋敷の前で、掃き掃除をしている女性に声を掛けました。
すると、今日の集会はなく、和歌の教室だけだと言われます。

けれど、平岡はいるということで中に通してもらい、道場に向かいました。
道場では、平岡が精神統一をしており、その姿を少しの間眺めます。

千春の存在に気づいた平岡は、来てくれてありがとう、といいながら千春とお茶を飲んでいました。

そんな千春に、瀬田は一緒ではないのかと尋ねます。
忙しい人だからと答えた後、どういう関係なのか問い詰めたい気持ちを押さえ、何故偽名を使っているのか聞くことにしました。

本名で活動すると危険なのかと言う千春に、違うと否定します。
そして平岡は「夫から逃げている」と告げました。

女の存在

驚く千春に、正確には父親と夫から逃げているのだと言ったのです。
離縁したのではと思う千春に、自分はそのつもりだからと返しました。

平岡は嫁ぎ先で、ひどい扱いを受けていたと話します。
父に泣きついても、女は我慢しろと言われ耐えられなくなり、出てきたのだと言いました。

それで、男は許せないと言っていたのかと思う千春。
この家には、自分のような人が多く身を寄せていると話しました。

一息おいた平岡は、それより自分と瀬田の関係を聞きたいのではないのか尋ねます。
それとももう聞いているかと言われ、少しの沈黙の後「過ぎたことに興味はない」と笑顔で答えました。

笑顔を作る千春をじっと見つめる平岡。
少しの静寂の後、それならよかったと一通の手紙を千春に差し出しました。

深いつながり

千春がそう割り切っているのなら渡しやすいと、その文を瀬田に渡してほしいと頼まれたのです。
ベッドに腰を掛けながら、千春はその手紙を眺めていました。

瀬田に自分たちの活動を援助してほしい、とただそれだけが書かれている手紙。

その手紙を千春は、握りしめます。

千春は先ほどの会話で平岡から「読んでも構わない」という、言葉を思い出したのです。
そのせいで中を読みたくなる衝動を、抑え込みました。

そのままベッド脇にある引き出しに、しまうことに。

そして過ぎたことだと本心で言えるような、強い心が欲しいと願います。
その時ドアが開き瀬田が入ってきました。

もう寝ていると思っていたと言いながら、布団に入ってきます。
千春はもっと強いつながりが欲しいと考えていました。

寝ようとしている瀬田に声を掛け、抱いてほしいと口にします。
は?と言う瀬田に、千春は顔を真っ赤にしながら抱いてくださいとお願いしたのでした。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!を無料で読めるか調査した結果

「離縁は致しかねます!」はめちゃコミック独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「離縁は致しかねます!」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

28話を読んだ感想

千春早まらないでくれ…。
本当になにがあったんだと思うくらいの、匂わせっぷりです。

特に平岡さんの、煽りが凄くて、千春もいつまで笑顔を保てるのやら。
でも確かに、平岡と張り合う為だけに行く場所ではないですよね。
完全に千春が意地になっています。

平岡から、あれだけ煽られれば、そうなるのも仕方のないことかもしれませんが。
ふたりが協力したら、いい集会になりそうなんですけど。

そのことで、喧嘩してしまうのは見たくないです。
平岡のしている集会は、今でいうシェルター的なところなのでしょう。

今よりも、昔の方が離縁するということが難しかった時代ですから。
そんな男が許せないといいつつ、瀬田を見ると頬を染めている。
やっぱりなんかありますね、あのふたり。

平岡さんが、瀬田の妻である千春にどういった感情を抱いているのかはわかりません。
しかし必要以上に煽って、そのたびに千春は不安になり、瀬田と決まずい空気になります。
それを見ているのはつらいですし、平岡さんはいったいなにがしたいのかなという気持ちです。

女性の利権を勝ち取ろうとする行動力は、素晴らしいですし成功してほしいと思います。
けれど、千春と瀬田の仲を、壊そうとしているのならそれはやめてほしいと感じました。
特別な深いつながりが欲しいと思うのは、当たり前です。

けれど、焦って抱いてほしいと言うくらい千春を追い詰めてしまっていることを、ふたりとも自覚してほしいと思います。

何故瀬田は話さないのでしょうか。
思ったより千春は、追い詰められていると思います。

いつも千春の気持ちを大事にしてくれる瀬田ですが、今回の千春の申し出を受け入れるのでしょうか。

明らかに平岡の存在が、こういった行動に走らせています。
瀬田もわかっているのですから、正直に話してほしいと思いました。
次回、瀬田と平岡の関係が明かされるのか、それともまたこじれてしまうのでしょうか。

<前話 全話一覧 次話>

離縁は致しかねます!28話まとめ

こちらでは28話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

離縁は致しかねます28話のまとめ
  • ふたりのことを詮索するつもりはないから安心していいと言うと、瀬田は大きなため息をつく。ビクッとする千春の横を通り過ぎながら、勝手にしろと言い返す瀬田。
  • 平岡は嫁ぎ先で、ひどい扱いを受けていたと話しはじめる。父に泣きついても、女は我慢しろと言われ耐えられなくなり、出てきたのだと言う。
  • 寝ようとしている瀬田に声を掛け、抱いてほしいと口に。は?と言う瀬田に、千春は顔を真っ赤にしながら抱いてくださいとお願いするのだった。