少年/青年漫画

最終レベル英雄のご帰還ネタバレ48話!あらすじ感想!人間とドワーフの初共同作

魂のみが抜け出して到着したところは・・「最終レベル英雄のご帰還」。

ピッコマで配信中ドキドキするファンタジー

さっそく「最終レベル英雄のご帰還 48話」の展開・あらすじをご紹介していきたいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

二番目の事業に取り掛かるため、ドワーフの力が必要だと尋ねて来たデイビー。

ドワーフの技術が必要なのです。

しかしドワーフたちは今大変そうで・・・!?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

最終レベル英雄のご帰還48話のあらすじネタバレ

最終レベル英雄のご帰還 第 48話のあらすじををお伝えします。

人間とドワーフの初共同作

あのずんぐりした奴らと一緒に作ったのが、一つあるにはあるが、だがずいぶん昔のだし・・・実力がないときに作ったものだから正直そんなに良くないが・・・。

だけど当時はあいつらと喜んで何日も盛り上がってお祭り騒ぎをした・・・それなりに意味がある。

「太始の閃光」とやらがそんなにすごいのか?と尋ねると、普通の基準からしたらそうかもしれない・・・正直その名前が出てくるとは思わなかったというデイビー。

「切らない剣」だと言った。

「太始の閃光」はスルトとドワーフの職人たちが一緒に作った剣です。

人間とドワーフの初交流のために共同作と言ったかな?

和合と発展そして鍛冶屋の神の祝福などいろいろありますが、いくつかの能力を与えて意味を刻みこんだらしい。

あのずんぐりした奴ら、酒だけはよく飲むんだ・・・スルトの思い出が込められた品だ。

ある意味プロトタイプに近い・・・カルディラスの試作品、使用する方向性は違えど皇帝の方法自体は似ているからな。

ドワーフは試していない・・・!?

マナを使用した特殊加工法・・・物質界と非物質界二つの法則を融和させる方法で、金槌で打つ方法から、鋳塊を扱う方法まで既存の方法を少しひねった形になっている。

自身の全ての知識を捨てないと、糸口が見えないようなものだから、人間でなければ一本気なドワーフたちがこれを試すはずがない・・・だから彼らがこのことで頭を抱えているのだろう。

デイビーは対外的には、領地を開発するためにドワーフの力と技術を借りる目的で、訪問したことになっているけれど、ここに来た本当の目的は別にあるのです。

大火床

それは大火床・・・ここで作られた高度の技術が集約された火床です。

あの頑固者たちが、大火床を貸してくれるとは思えないが・・・。

ドワーフの酒場に来たデイビー・・・なぜこんなところにとゴルダに迷惑そうな顔をされてしまいます。

お忙しそうだったのに、余裕ができたみたいですねとデイビー。

いくら重要な仕事でも、適度に休まないと!

しかも今はゴルゴダ兄さんが長老を全て追い出した状態だというゴルダ。

デイビーは一杯飲みましょう・・・ドワーフのお酒はものすごく強いと聞きましたが、いただけますかと。

すると周りにいたドワーフも・・・何だと!?酒を!?

何と怖いもの知らずの人間だな!

お店の人呼んで。この人間が飲むらしいと。

大した度胸だなと囲まれるデイビー。

大声で耳元で話しているので、デイビーは耳が壊れそうです。

目の前にジョッキが置かれ、親切心で教えてやるがドワーフ製の酒は、並大抵の度数じゃないぞ・・・人間が飲むには、かなり強い酒なんだ。

するとデイビーはジョッキを手にして、この程度ならとごくごく飲み始めました。

歓声が上がり、ドワーフたちは本当に大丈夫なのかと心配しています。

お酒と賭博好きのドワーフ]

強いだけでマズいお酒ですが、どうしてデイビーが酒飲みのふりをするのは、ドワーフという種族が一番好きなのが酒と賭博だからです。

一度勝負してみますか?と誘うデイビー。

ゴルダは、ドワーフは酒を飲むものは決して冷遇しないと告げ、ニヤッと笑いました。

そして酒代は、このゴルダが出そうというのでした。

王子に望むだけ持ってきてくれとマルコムにお願いしました。

ただ現在大事なことがあって、何でも聞いてやれる状況ではないが・・・万が一デイビーが勝利したら望みを聞こうと約束しました。

ただしゴルダが勝ったら、デイビーはここを去るのだと。

久しぶりに気に入る人間が来て楽しいが、時期が悪いからというゴルダ。

デイビーはにこにこしながら引っかかったと心の中でガッツポーズをしています。

結果はゴルダの負け。

 

翌日デイビーはゴルダに二日酔いは大丈夫かと聞いていました。

まさか人間に負ける時が来るなんてと不機嫌です。

この世は広いものですというデイビーですが、そもそも神聖マナが限界値まで上がった俺が、酔いが回るはずがない・・・無意識に浄化してしまうから。

デイビーが飲めるようになったのは、デイビーに剣を教えた二人の師匠のうちの一人・・・中原武林を統一した英雄・・・天魔独狐順のおかげです。

天魔独狐順は名実ともに回廊内の、最高の大酒飲みでした。

問題は彼に剣を習ったので、自然と一緒に飲むことが日課となったことでした。

今思うと、彼に剣術を習う時、一番つらかったのが、酒を飲むことでした。

あの人に比べたら、ドワーフの酒ごとき・・・。

 

賭けは賭けだから、望みは何だ?

「太始の閃光」のせいで、現在部族が争っているようですか・・・、

ゴルダは、大したことではない・・・私たちドワーフを守ってくれた昔の剣が壊れたのが問題だと言うのです。

本来部族が交代でその剣を管理してきた・・・剣を譲られた部族は、一定期間それを保管する決まりになっていて、今回は本来私の父が担当でしたが、父が早くに亡くなってしまい、その管理を私と兄のゴルゴだが任せられていた。

そんな時に県が壊れてしまって・・・。

本当に知りたいのはそりれだけなのか?

大丈夫だから何でも言うように言われて、デイビーはさすがドワーフ!

好意を見せた相手には、確実に好意で返す・・・ただお酒を飲んだだけなのに。

デイビーは、生意気にも鍛冶屋の技術を持っているので、その作業を勉強のためにも見学してよろしいですかと尋ねたのです。

 

最終レベル英雄のご帰還 第 48話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

デイビーは前の世界で聞いたことによって、ドワーフともうまくいきそうです。

相手を知らなければ、交渉もできなかったでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

最終レベル英雄のご帰還を無料で読めるか調査した結果

「最終レベル英雄のご帰還」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「最終レベル英雄のご帰還」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

48話を読んだ感想

最終レベル英雄のご帰還 第 48話の感想をお伝えします。

デイビーの以前の世界のことがとても役に立っています。

そうでなければ、ドワーフに会えなかったかもしれないし、もちろん話も聞いてもらえなかったでしょう。

そして剣の知識も、なかったと思います。

壊れているらしい剣をデイビーは直すことができるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

最終レベル英雄のご帰還ネタバレ48話!まとめ

「最終レベル英雄のご帰還 48話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると

最終レベル英雄のご帰還 48話のまとめ
  • 「太始の閃光」はスルトとドワーフの職人たちが一緒に作った剣。
  • ドワーフ製の酒は、並大抵の度数じゃなく人間が飲むにはかなり強い酒と言われながらデイビーはゴクゴクと飲んだ。
  • デイビーが飲めるようになったのは、デイビーに剣を教えた二人の師匠のうちの一人・・・中原武林を統一した英雄・・・天魔独狐順のおかげだった。
  • 作業を勉強のためにも見学したいと言ったデイビー。