少年/青年漫画

最終レベル英雄のご帰還ネタバレ50話!あらすじ感想!ハンマーを振り下す!

魂のみが抜け出して到着したところは・・「最終レベル英雄のご帰還」。

どんな展開が待っている注目のストーリー

さっそく「最終レベル英雄のご帰還 50話」のストーリーをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

ゴルダは賭けに負けたので、デイビーをドワーフの中央工房に連れて行きました。

予想はしていましたが、かなり反発されてしまいます。

ドワーフたちが直せないと言っている剣は、もう寿命だというデイビー。

寿命が尽きてもう戻せない剣だといい、炎の中へ・・・!?

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

最終レベル英雄のご帰還50話のあらすじネタバレ

最終レベル英雄のご帰還 第 50話のあらすじをお伝えします。

また作る自信はないのか?・・・!?

職人が作り上げる剣一つ一つには、わずかながら魂が宿ります。

それを無視する者には、職人を名乗る資格はない!

そんな奴が現れたら、容赦なく頭をかち割ってやれ!と話していた

デイビーは剣を炎の中に入れてしまいました。

命を奪うとまでも怒っているドワーフたち。

しかしデイビーは、あなたたちのしたことを考えれば、当然こうすべきた・・・これ以上神物をおとしめるな。

プライドはともかく、師匠が作った物だ・・・完全に自分と関係ないとは言えないのです。

この中には神物の本当の意味を知っている者はいないようだな。

あの剣はすでに寿命が尽きたものだ・・・また作る自信はなく、不可能だからといって挑戦すらしないのか?

職人種族のくせに?というデイビー。

太始の閃光の寿命は尽いて・・・!?

ドワーフたちは、お前に何がわかるというのだ。

一体君は、私たちをどれだけおとしめるつもりだという長老。

本人たちもわかっていただろう・・・そもそも「太始の閃光」の寿命は尽き、これ以上直す意味はないということを。

でも自分たちの技術では新しく作ることは不可能・・・その事実を認めることができず挙句の果てに、代々受け継がれていなければ意味がないと自分たちを正当化してしまった。

職人として絶対にしてはいけない最悪の方法でした。

神仏の技術は、歴代最高のドワーフたちも復元できないのだぞ!

神物も作れないくせに、偉そうなことを言うな!

するとデイビーは、できないとは言っていないというデイビー。

ドワーフたちは、私たちでさえこの奇怪な配列で精錬された金属を扱えないのに!

それを人間がやるだと?

他でもない千日治工の作品だ!

適当に手を加えて作れる代物じゃないのだぞ!!

回廊で嫌というほど作ったことがある

初めから否定しないで、ちゃんと見てろよ・・・わかったかといい、デイビーはハンマーを振り下ろしました。

回廊で習った種目のうち、数えるほどしかないが師匠にほぼ追いついた種目があります。

あくまでも俺が魔法・剣・錬金術・神聖力など。

数多くの技術を身につけた珍しいケースだったからできたことだが・・・教えることさえも職人だったスルトの才能と、絶妙にマッチして何より一番早い成長を見せたのが、俺の鍛冶の技術だ。

もちろんあの怪物のような職人の繊細さに追いつくには至りませんでしたが、プロトタイプ同然の「太始の閃光」程度なら・・・回廊で嫌というほど作ったことがある。

デイビーはカドミウム鋼とミスリル合金だなんてやってはならないことだ!!

こんな基本常識も知らないやつが・・・というドワーフ。

常識外れなものを使ったらダメだって誰が言った?先代のドワーフたちが?それとも千日治工が?

あなたたちはただ自分の考えをルールにして、その枠組みに自身を閉じ込めているだけだ。

常識などない・・・すべてはどう扱うかによって変わるものだ。

デイビーが技術を教える・・・!?

公正なやり方に従って、いくらでも混ぜられるのです。

たとえドワーフたちが、邪道だというやり方だとしても・・・。

あの試薬を合金に使うなんて・・・!

剣がパアーッとグリーンに輝きました。

どうですか?簡単でしょ?

ドワーフたちは太始の閃光というには形がまだ粗いが・・・。

まさにこれだ!神物の中から感じられた波長!いやそれよりももっと濃くないか?

デイビーは当然だろ・・・誰の弟子だと思ってんだ。

固定観念さえ捨てれば、あの者たちもすぐにマネできる、大事なのは流れだから・・・。

剣がモズからマナを吸い込んで・・・簡単に言えばマナを循環させる構造だ・・・デイビーの全身に刻んでおいたマナのサークルと似たような原理っていうか・・・。

ゴルゴダ長老、私が何をしたかわかりますか?と尋ねるデイビー。

マナ石を使わず、金属だけで力を回復するものは、神剣を含めてごく少数だけ存在します。

保存されたマナが、枯渇したら捨てられる人工物と違うからです。

デイビーが手を加えられるのはここまで・・・千日治工もここまで作業してドワーフに託しましたよね。

ですから残りは皆さんの役目です。

だが仕上げの処理でさえ、私たちの技術ではできないぞ!というドワーフ。

だったら習えばいいのですとデイビーは言いました。

君があの技術を・・・先祖たちと千日治工の技術を教えられるのか!

もちろんタダでというわけにはいかない・・・ギブアンドテイクですけどいいですよね?

とりあえず私の用事を片付けてから始めましょうとデイビーは言いました。

 

最終レベル英雄のご帰還 第 50話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

デイビーは回廊で、プロトタイプのものは作っていたのです。

ギブアンドテイクは、きっと剣の完成でしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

最終レベル英雄のご帰還を無料で読めるか調査した結果

「最終レベル英雄のご帰還」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「最終レベル英雄のご帰還」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

50話を読んだ感想

最終レベル英雄のご帰還 第 50話の感想をお伝えします。

ドワーフは真面目で器用ですが、頭が固いようで・・・固定観念が捨てられないようですね。

デイビーは回廊で師匠から色々習っていたので、考え方も柔軟なのでしょう。

ドワーフは面白くないようですが・・・。

しかしデイビーは、ドワーフたちにもすぐマネはできると思っています。

大切なのは、流れだというデイビー。

いとも簡単に、剣を作って見せました。

太始の閃光はもう寿命だから、新しい剣を作り直そうとしています。

しかもドワーフたちには、交換条件を出して新しい剣の作り方を教えようとしているのです。

元々はデイビーの師匠とドワーフが作った剣で・・・ドワーフに技術を教えようと思っていたのかもしれません。

でも師匠の残してくれた日本の剣のために、交換条件を出そうとしています。

ドワーフの技術と火力が必要だからです。

そしてデイビーの国に、技術協力に来てほしいとドワーフにお願いをしに来ていたのです。

ドワーフはその交換条件を飲んでくれるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

最終レベル英雄のご帰還ネタバレ50話!まとめ

「最終レベル英雄のご帰還 50話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると

最終レベル英雄のご帰還 50話のまとめ
  • 作る自信はなく、不可能だからといって挑戦すらしないのか?とドワーフに問う。
  • 偉そうなことを言うな!と言われると「できないとは言っていない」と返したデイビー。
  • デイビーはハンマーを振り下ろした。
  • 技術を教えることに。