少女/女性漫画

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい30話あらすじ・ネタバレ

ピッコマ独占配信の人気コミック「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」30話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回の29話で、非武装地帯だというカフェを訪れたアドリアーナ。

マスターは人間で、そこでは魔族と人間が同じ時間を過ごしています。

そのカフェに入り、ようやくアドリアーナは落ち着きを取り戻して……。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい30話あらすじ・ネタバレ

眠るアドリアーナに話しかけるベルガード

ベルガードがアドリアーナを連れて行った「カフェ・エリクシール」も閉店の時間。

もう店じまいをしなくてはなりません。

マスターが見ると、アドリアーナは、椅子に座ったまま、うたた寝をしていました。

継母に手紙を破かれ、ネックレスを奪われそうになったアドリアーナ。

そこから歩いてブラックタウンまで来たのです。

ベルガードに会う前には、魔族にも絡まれました。

そんな1日を過ごし、アドリアーナは、かなり疲れているようです。

マスターは、2階にある空き室に寝かせてあげるよう、ベルガードに言います。

ベルガードはアドリアーナを優しく抱き上げると、2階へと連れていきました。

そんなベルガードに対し、親切にもほどがある、とマスターは心の中で考えています。

寝顔を見て、ベルガードは、アドリアーナの言葉を思い出しています。

「取り返しのつかないことをするところだった」「誰にも分かってもらえない」

そんなふうにアドリアーナは話していました。

「守ってやるからゆっくり休め」とベルガードはアドリアーナに声を掛けます。

するとアドリアーナの表情が和らぎ、笑顔に変わりました。

アドリアーナを守ろうとするベルガード

2階に上がってきたマスターは、ベルガードの姿に呆れています。

なぜなら剣を胸に抱え、アドリアーナが眠る部屋の前に立っていたからです。

誰かが押し入ってくるかもしれないから、と真顔でベルガードは答えました。

本気でアドリアーナを守っているつもりのようです。

それはベルガードも含まれているのかと、マスターが軽口を叩きます。

ふざけるな、とベルガードが答えます。

アドリアーナは妹のような存在だと言うのです。

マスターは、妹をあんなふうに見つめたりしない、と考えています。

ベルガードは、とても優しい表情でアドリアーナを見ていたのでした。

手伝いをしようとするアドリアーナ

朝になりました。

目を覚ましたアドリアーナは、掃除をするつもりでいるようです。

気にしなくても、とマスターは答えました。

しかし、アドリアーナは泊めてもらい、食事まで出してもらったのです。

アドリアーナは財布をすられていました。

昨日ぶつかった男がスリだったようです。

代金はベルガードにもらうから大丈夫だとマスターは言います。

するとアドリアーナは、もっとだめだと答えました。

ベルガードの世話になりたくないと言うのです。

突然の言葉に、ベルガードが衝撃を受けています。

しかしアドリアーナは気付きません。

このまま平和に暮らしたいと考えるアドリアーナに……

こういうのは得意、と掃除や料理を始めたアドリアーナ。

マスターは料理を絶賛します。

ベルガードにどうかと聞くと、ベルガードは、まずくはない、と答えました。

口に合わなかったのだろうか、とアドリアーナは心配しています。

するとマスターがアドリアーナを呼びました。

「すごく美味しい」という意味なのだとマスターは教えてくれます。

言葉通り、ベルガードは、「おかわり」と言います。

そんなベルガードに、アドリアーナは嬉しそうな笑顔を見せました。

カフェでの、とても楽しい時間が過ぎていきます。

アドリアーナは「ずっとここにいたい」と感じていました。

カフェで働くなら、きっと時々は、伯爵やベルガードにも会えるでしょう。

継母、義妹、宮廷の派閥争い……面倒なことも忘れられます。

人間と魔族の争いなども、ここでなら気にしなくて良いに違いありません。

「このまま平和に暮らしたい」

そう考えるアドリアーナに、ベルガードが、「望むなら」と声を掛け……。

<前話 全話一覧 次話>

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいを無料で読めるか調査した結果

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい30話を読んだ感想

ベルガードとアドリアーナですが、かなり良い雰囲気になってきましたね。

マスターも、それには気付いているようです。

本人たちは、まだ全く気付いていない様子。

それがまた、いい感じですね。

アドリアーナは「妹のような存在」だとベルガードは話しています。

しかし、とてもそう思っているようには見えません。

大切な人を守ろうとしていると感じます。

アドリアーナも、ベルガードに対して好意を抱いているように見えます。

ときどき見せる表情が、伯爵に対するものとは大違いです。

明らかにアドリアーナを大切にしているベルガード。

恋愛関係になったとしても、かなり大切にしてくれそうです。

そんな展開になったらおもしろいですよね。

泊めてもらったアドリアーナは、カフェで働いています。

かなり楽しそうです。

いままで見た中で、1番いきいきとしている、と感じました。

明るい性格のアドリアーナ。

きっとカフェで働いたら、人気者になるでしょう。

本人も、このまま働きたいと考えているようです。

ベルガードは「望むなら」と声を掛けました。

ここにいても良いという話かもしれません。

マスターさえ大丈夫なら、それも可能でしょう。

もし、カフェで働くことが叶うなら、それが1番だと感じます。

前世の記憶があるため、もともと料理や掃除は得意なのです。

きっとアドリアーナは、平和で穏やかに暮らせるでしょう。

しかし、現在、アドリアーナは公爵令嬢です。

家出をするのは、かなり難しいのではないでしょうか。

もし戻らなければ、継母やシャロンが自由に行動するはずです。

また残してきたレアも気になります。

伯爵や第二皇子、兄のテオドールも探すはずです。

そう考えると姿を消すのは難しい気がします。

家に帰ると、命の危険があります。

おそらく今後、継母や義妹は、さらに攻撃的になるでしょう。

家の中には、レア以外の味方もいるとアドリアーナは感じています。

誰かがそっとアドリアーナを助けてくれるかもしれません。

それでも、平和な生活は送れない予感がします。

ベルガードが何を話そうとしているのか、かなり気になりますね。

戻ってもつらいだけだと感じますが、放置も難しいところ。

アドリアーナは、今後どうするのでしょうか。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい30話まとめ

こちらでは30話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

閉店の時間なりますが、アドリアーナは、うたた寝をしていました。ベルガードは2階にある空き室に連れていきます。

ベルガードはアドリアーナが眠る部屋の前に立って守ろうとします。

朝になりアドリアーナは財布をすられており、掃除をするつもりでいました。代金はベルガードにもらうから大丈夫だとマスターは言いまが、断ります。

掃除や料理を始めたアドリアーナ。このまま働きたいと、そう考えるアドリアーナに、ベルガードが、「望むなら」と声を掛けました。

<前話 全話一覧 次話>