少女/女性漫画

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい37話あらすじ・ネタバレ

ピッコマ独占配信の人気コミック「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」37話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回の36話で、シャロンは自分の誕生パーティーの準備を始めました。

誰にも相手にしてもらえなかった幼い弟・ルドルフはアドリアーナのもとへ。

おなかが空いているルドルフを、アドリアーナはブラックタウンに連れて行き……。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい37話あらすじ・ネタバレ

ブラックタウンでの食事を楽しむルドルフ

ブラックタウンに幼いルドルフを連れてきたアドリアーナ。

そんなアドリアーナに、ベルガードは少し呆れています。

アドリアーナは、自分にとってブラックタウンは1番安全だと言います。

なぜなら、ベルガードが守ってくれると話していたからです。

しかしブラックタウンは子供が来るべき場所ではありません。

食事を済ませたら帰るようにとベルガードは言います。

客を帰そうとするなんてひどい、とアドリアーナはマスターに話しかけました。

マスターも「営業妨害だ」と答えています。

ルドルフは、すごくおいしいと笑顔です。

それを聞いたアドリアーナは「マスターの料理は最高」だと答えました。

アドリアーナがブラックタウンに来た理由

食事を終えたルドルフは、座ったまま眠り込んでしまいました。

いつもなら昼寝をしている時間なのです。

ただ遊びに来たわけではないのだとアドリアーナは言いました。

解毒剤は用意できたのかと、アドリアーナはベルガードに聞きます。

あとには引けません。

ベルガードは、自分が毒薬を処分することもできると言います。

しかし、処分しても、シャロンはまた毒薬を手に入れるでしょう。

アドリアーナが考えているのは、家門の名誉と自分自身を守る方法です。

大騒ぎになるだろうとベルガードは解毒剤を手渡しました。

アドリアーナは、自分の無念を知ってもらう機会だと答えます。

そんなアドリアーナの手を、ベルガードが握りました。

時が来ても目覚めなければ、問答無用で助けに行く、と。

アドリアーナを死なせるわけにはいかないともベルガードは言います。

アドリアーナが無事なら、それでいい。

ベルガードは、真顔でそう話します。

そんな言葉に、アドリアーナは顔を赤らめました。

ルドルフが心配だとアドリアーナは話をそらします。

シャロンやマリアンヌは、ルドルフにとっては家族なのです。

これから起こることに責任を持たなくては、とベルガードは言います。

そんなベルガードに、アドリアーナは「分かっている」と答えるのでした。

遊びに連れて来てくれたお礼を渡すルドルフ

初めての外出に、ルドルフがはしゃいでいます。

風船職人を見て喜ぶルドルフの姿を見て、アドリアーナは内緒話をしました。

するとルドルフは風船職人のもとに走っていきます。

やがて戻ってきたルドルフは「どうぞ」とベルガードに風船を差し出しました。

外に遊びに連れて来てくれたお礼です。

ベルガードが一緒に来てくれるとは思わなかったアドリアーナ。

アドリアーナがルドルフに、お礼をするように言ったのです。

ベルガードは風船を受け取り、感謝すると答えました。

「マリアンヌは、ルドルフを公爵にしようとしている」

アドリアーナがベルガードに打ち明けました。

そのため過保護となり、屋敷から出さずに育てたのです。

1度くらいは外に連れて行ってあげたいとアドリアーナは考えていたのでした。

抜け出す方法を教えているのかと言われ、アドリアーナは笑顔を見せます。

不機嫌そうなローエンハーツが……

シャロンの誕生パーティー当日となりました。

大勢が集まり、シャロンにお祝いを述べています。

美しく着飾ったシャロンに、メイドがそっと耳打ちをしました。

ローエンハーツを2階に通したというのです。

それを聞いたシャロンは「他のお客様に挨拶する」と席を外しました。

もちろんローエンハーツに会うためです。

部屋に入り、足を運んでくれたお礼を言うシャロン。

するとローエンハーツは不機嫌そうに「アドリアーナがいないこと」を指摘して……。

<前話 全話一覧 次話>

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいを無料で読めるか調査した結果

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい37話を読んだ感想

「アドリアーナを守る」

確かにベルガードは、以前そう話していましたね。

その話から行くと、ブラックタウンが確かに1番安全です。

ブラックタウンは、魔族が多く、治安も悪い場所です。

昼間でも油断できないという話がありました。

しかしベルガードが「貴族令嬢」を大事にしているのは知れている様子。

下手に手を出してくる魔族もいないことでしょう。

ルドルフは無邪気で可愛い子供です。

アドリアーナのことは「大きいお姉ちゃん」と慕っています。

そんなルドルフを、アドリアーナも可愛がっているようです。

マリアンヌは、1度もルドルフを外に出していないとのこと。

公爵にするためとはいえ、過保護すぎますね。

外に出たルドルフは楽しそうです。

「お礼」と渡したのは、なんと風船です。

しかし真面目に感謝を伝えて受け取るベルガードに好感を持ちました。

シャロン、ルドルフは、マリアンヌと血が繋がっています。

2人に何かあったらルドルフは、ショックを受けるでしょう。

それでもアドリアーナの決意は変わらないようです。

ますます計画の中身が気になります。

アドリアーナは解毒剤を受け取ったようです。

解毒剤があれば、大丈夫なのでしょうか。

どんな計画を持っているか、まだ分かりません。

ベルガードはかなり心配しています。

そんなベルガードにアドリアーナが惹かれているような……。

少しずつ恋愛要素が強まるのでしょうか。

これだけ大事にされたら、惹かれるのは当然です。

現段階では1番魅力的だと感じています。

気品もあり、礼儀正しく、強くて、美形。

かなりポイントが高いですよね。

さて、シャロンの誕生パーティーが始まりました。

普段以上にシャロンは着飾っています。

パーティーにはローエンハーツも招待されたようです。

ところが、ローエンハーツはかなり不機嫌。

シャロンに会うなり「アドリアーナがいないこと」を指摘しています。

ローエンハーツは、アドリアーナ以外には比較的冷たい人物です。

アドリアーナを殺したいと思うほどに強く憎んでいるシャロン。

ローエンハーツの発言は、シャロンの殺意が強まるきっかけになりそうです。

なんだか不安ですね。

ローエンハーツが余計なことを言わなければいいのですが……。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい37話まとめ

こちらでは37話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい37話まとめ
  • ベルガードが守ってくれるからアドリアーナは、ブラックタウンは1番安全だと言います。
  • 食事を済ませたら帰るようにとベルガードは言います。ルドルフはブラックタウンでの食事を楽しんでいました。
  • アドリアーナがブラックタウンに来た本当の理由は解毒剤を手に入れるためでした。
  • アドリアーナがルドルフに言って、遊びに連れて来てくれたお礼にルドルフはベルガードに風船を渡しました。
  • シャロンの誕生パーティーに大勢が集まりました。シャロンはローエンハーツにお礼を言うと「アドリアーナがいないこと」に不機嫌になります。

<前話 全話一覧 次話>