少女/女性漫画

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい56話あらすじ・ネタバレ

ピッコマ独占配信の人気コミック「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」56話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回の55話で、呪いをかけていたベルは、マリアンヌが黒幕だと言います。

しかしマリアンヌは軟禁状態であり、ベルの家族に危害を加えるのも不可能。

すると「あの方」という言葉を出したマリアンヌをベルが刃物で刺して……。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい56話あらすじ・ネタバレ

マリアンナを刺したベルは……

ベルはマリアンヌを刺しました。

マリアンヌとベルは黒幕の名前を出さないという約束だったのです。

裏切りは許さないのだとベルが言います。

名前を出したら、ベルの故郷にいる家族が全員殺されるのだと。

マリアンヌが床に倒れました。

ベルはけたたましい笑い声をあげています。

まだベルは刃物を持ったままです。

危険だと判断したのか、テイルがアドリアーナの前に立ちました。

しかし、ベルは自分に刃物を突き立て、そのまま倒れました。

レアが小さく悲鳴を上げます。

テイルが2人の死亡を確認。

……ベルは、どう見ても正気ではなかった。

アドリアーナは、そんなふうに考えています。

発覚した事態に備え、ベルにも呪いが掛かっていたのかもしれません。

喪服を着たアドリアーナが、ルドルフと一緒にいます。

ルドルフは泣きじゃくっていました。

マリアンヌの葬儀は、ささやかに行われました。

呪い騒動にかかわりがあるマリアンヌとベルは死亡。

そのため、真相は分からないまま、事件は終わったのです。

しかしレランパゴ伯爵とアドリアーナは警戒していました。

呪術のおそろしい副作用

葬儀のあと。

「呪術をかけたものには深刻な副作用がある」と伯爵が報告しています。

呪いの代償として奪われるのは、魂の安寧。

人格も変わり、認知能力もなくなり、疲弊して最後には精神異常を引き起こすのです。

マリアンヌは正常ではなかったのだとアドリアーナは考えました。

しかし深刻な副作用を知っていたら、マリアンヌは呪術に手を出さなかったとアドリアーナは考えます。

なぜならマリアンヌにはルドルフがいたからです。

本当にルドルフを公爵にしたいなら、その日まで健在でなくてはならないからです。

マリアンヌが黒幕にそそのかされたのは確実でしょう。

アドリアーナは「ベルがマリアンヌを刺したこと」にも違和感があると言います。

伯爵も、アドリアーナの意見に同意しました。

いくら家族が人質でも、と考えているのです。

侍女にも呪いがかけられていたと伯爵は考えています。

アドリアーナ暗殺失敗または、呪いが発覚したら証拠を消す。

そう指令を受けていた可能性が考えられます。

事件の黒幕は、ただものではない?!

ベルもマリアンヌも、黒幕に利用されていただけ。

アドリアーナは、そういうとため息をつきました。

黒幕をあきらめるわけには行かないとアドリアーナは言います。

なぜなら、また命を狙われる可能性があるからです。

黒幕は、ただものではないはず。

そんな伯爵の言葉に、アドリアーナも同意します。

だからこそ逃げるのは無意味だと考えているのです。

正面からぶつかるのだとアドリアーナは言いました。

何としても黒幕を暴く気です。

逃げることに意味はないと感じているアドリアーナ

大胆不敵だ、という伯爵の言葉に、アドリアーナは暗い表情を見せました。

褒められるほど勇ましい人間ではないとアドリアーナは言います。

アドリアーナは単純に「逃げても無意味」だと知っているだけなのです。

そんなアドリアーナに、伯爵は、国内に避難できるよう手配すると言います。

アドリアーナが国外に逃げたら、取引の継続は難しくなるでしょう。

伯爵は何かを言いかけましたが、こらえました。

そして「報酬を払ってくれると信じている」とだけ言います。

あらかじめ報酬は払ってあるアドリアーナ。

しかし国外に出たら寂しくないよう、報酬はしっかり払うとも言います。

もう無一文ではなく、クレセンテ家も健在。

そう笑顔で話すアドリアーナに、伯爵は「はい」とだけ答えるのでした。

<前話 全話一覧 次話>

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいを無料で読めるか調査した結果

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい56話を読んだ感想

アドリアーナに呪いをかけていたマリアンヌは、ベルに刺されました。

誰が黒幕なのか、口外しないという約束だったようです。

もし話したらベルの家族が殺されるという状況。

そしてベルは自ら命を絶ちました。

アドリアーナの言う通り、ベルにも呪いが掛かっていたのでしょう。

追い詰められていたのは事実。

しかし、明らかに様子が変でした。

おそらく黒幕は皇后。

とはいえアドリアーナや伯爵は、まだ知らない事実です。

「逃げても意味はない」

それがアドリアーナの基本的な考え方です。

今までもシャロンやマリアンヌからひどい目に遭わされてきました。

その経験から学んでいるのだと考えられます。

1つ事件を乗り越えても、まだすぐ次の事件。

まったく気が休まらない日々ですね。

それでも真正面から向き合うつもりでいるようです。

危険に真正面から立ち向かおうとしているアドリアーナ。

そんなアドリアーナを、伯爵は大切に思っています。

内心は心配でしょうね。

しかしあまりうるさく口を出さないところが素敵だと感じます。

伯爵には、ベルガードとはまた違う良さがありますね。

国外に避難する手配を取るとも伯爵は話していました。

本来は、それもあまりしたくはないはず。

手元に置いておきたいと考えているに違いありません。

アドリアーナの相手として、少なくともローエンハーツはありえないはずです。

そもそもアドリアーナが興味を持っていないからです。

伯爵に対しても、アドリアーナが持っているのは「友情」に見えます。

なかなか思うようには行かないものですね。

何となく伯爵が不憫だとも感じます。

ただ現在解決するべきは、恋愛ではなく暗殺問題ですよね。

また命を狙われることがないよう、手を打つ必要があります。

ベルが持っていたのは皇宮からの推薦状。

そこから黒幕にたどりつけるものなのかが疑問です。

現時点では手掛かりが少なすぎると感じています。

マグノリア商会の力があれば、解決に近付ける可能性はありますが……。

黒幕が皇后だと分かったとしても、そこから先も難しいですよね。

相手の立場が強すぎるため、どう阻止するべきかが分からないと感じます。

今回の危機を、アドリアーナはどうやって乗り越えるのでしょうか。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい56話まとめ

こちらでは56話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい56話まとめ
  • マリアンナを刺したベルは黒幕を話したらベルの家族が殺されると言いました。そしてベルは自ら命を絶ちました。
  • マリアンヌの葬儀は、ささやかに行われ、真相は分からないまま、事件は終わったのです。
  • 呪術にはおそろしい副作用がある、と伯爵が報告します。マリアンヌが黒幕にそそのかされ、侍女にも呪いがかけられていたと考えられます。
  • また命を狙われる可能性があり、正面からぶつかるのだとアドリアーナは言いました。
  • 伯爵は、国内に避難できるよう手配すると言います。報酬はしっかり払うと話すアドリアーナに伯爵は「はい」と答えるのでした。

<前話 全話一覧 次話>