少女/女性漫画

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい57話あらすじ・ネタバレ

ピッコマ独占配信の人気コミック「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」57話のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前話のあらすじ

前回の56話で、メイドのベルが黒幕について話そうとしたマリアンヌを刺してしまいました。

マリアンヌはそのまま命を落とします。

アドリアーナは自分の命を狙おうとした黒幕を暴こうとしていて……。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい57話あらすじ・ネタバレ

レランパゴ伯爵がアドリアーナに何も言えない理由

すでに夕暮れ時になっています。

クレセンテ家を出たレランパゴ伯爵は、馬車の中から外を眺めていました。

何か考え事をしているのでしょう。

そんなレランパゴ伯爵に、テイルがなぜ「守りたいと言わないのか」と尋ねました。

普段令嬢たちに振りまくような甘い言葉の1つくらいささやいたら良い、と言うのです。

そんな軽薄なことをしたら、アドリアーナは自分のもとを去るだろう、と伯爵は答えました。

アドリアーナが去るのを恐れて、伯爵は何も言えずにいるのです。

レランパゴ伯爵は、かなり深刻な表情を浮かべていました。

普段の表情とはまったく別です。

そんな伯爵をみて、重症だな、とテイルは感じています。

ベッドの中で泣いているルドルフ

夜を迎え、ルドルフはベッドの中で泣いていました。

まだ母親を失ったばかりなのです。

泣いているルドルフの部屋に、ノックの音が響きます。

ルディ、と声を掛けたのは、アドリアーナでした。

アドリアーナは、ルドルフのためにココアを作ってきたのです。

目に涙をためたまま、ありがとう、とルドルフは笑顔を見せました。

ココアを飲んでいるルドルフ。

どれだけ泣いたのか、顔が赤く腫れています。

長年アドリアーナを苦しめていたマリアンヌですが、ルドルフには実の母親です。

シャロンと結託してアドリアーナをいじめていたことは、ルドルフも知っています。

それでも母親が恋しいものは、仕方がありません。

アドリアーナも、ルドルフが悲しむと考えたからこそ、マリアンヌを放置していたのです。

ルドルフの姿を見ながら、アドリアーナは、自分に何ができるかを考えていました。

アドリアーナの母親が亡くなったのは、まだとても幼かったころのこと。

思い出そうにも、幼すぎてアドリアーナには、あまり記憶が残っていないようです。

ルドルフのそばにいてあげようと考えるアドリアーナ

そんなアドリアーナも、兄のテオドールがそばにいてくれたことは覚えています。

「1人で寝たくない」

そう毎日泣いていたアドリアーナのためにプレゼントされたのが、あのぬいぐるみでした。

これからは、このウサギを自分だと思って、と話していたテオドール。

その後にテオドールは屋敷を去りました。

家に残されたアドリアーナも、テオドールからもらったピンクのウサギを見れば元気が出たのです。

大きくなった今でも、アドリアーナはピンクのウサギを大切にしています。

マグノリア商会に初めて行った時も、ウサギのぬいぐるみを持って行ったほどです。

アドリアーナは、ルドルフに、今日は一緒に寝ないかと提案しました。

その言葉を聞いたルドルフは、とても嬉しそうにしています。

やはり幼いルドルフは、1人ではまだ寂しいのです。

子供のころ兄がしてくれたように、そばにいてあげよう、とアドリアーナは考えています。

なぜ自分の命を狙ったのか聞くアドリアーナ

豪華な衣装に身を包んだアドリアーナが、馬車から降りました。

そこは宮殿です。

アドリアーナは息を付くと、勇気を出して歩き始めます。

アドリアーナが会いに来た相手は皇后陛下です。

丁寧に挨拶をするアドリアーナを、白いドレスを着た皇后が出迎えます。

皇后は平然とした表情です。

皇后はクレセンテ家が大変だったことを知っていました。

まだ若いのに、と皇后は言います。

いえ、とアドリアーナは冷静に答えました。

そろそろ謁見を申し出た理由が聞きたい、と皇后はアドリアーナに尋ねました。

するとアドリアーナは、皇后に対して、「なぜ自分の命を狙ったのか」と質問して……。

<前話 全話一覧 次話>

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたいを無料で読めるか調査した結果

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい57話を読んだ感想

どちらかと言えば陽気なキャラクターである、レランパゴ伯爵。

しかしアドリアーナには本気のようです。

どうしたら良いか分からない状態になっています。

アドリアーナは、素直に守られるようなタイプではないでしょう。

たとえ伯爵が守ろうと思っても、おとなしくはしていないはずです。

甘い言葉をささやいたら、確かに離れていくでしょうね。

今まで通りとはいかないに違いありません。

「アドリアーナは他の女性と違う」

ローエンハーツや伯爵は、そう感じています。

だからこそ魅力的なのでしょう。

そんなアドリアーナは、幼いルドルフを気に掛けています。

まだ母親を失ったばかりだからです。

正直なところ、マリアンヌは、ルドルフに対して「良い母親」には見えませんでした。

シャロンにばかり構っていたように見えます。

ただしルドルフを「次期当主に」と考えていたのは事実。

だからこそ外にも出さずに育てたのです。

それでもルドルフは、母親が恋しくて泣いています。

アドリアーナは、なんとかしてあげたいと感じている様子。

きっとルドルフも、いつかは気持ちが落ち着くでしょう。

アドリアーナは、宮殿に行き、皇后に謁見しています。

なぜ自分の命を狙ったのか、というアドリアーナ。

前回のお話では、レランパゴ伯爵が、ただものではない相手だと話していただけ。

しかし状況から考えれば、一番怪しいのは皇后ですよね。

ベルが持っていた推薦状からも、皇后が疑われます。

「逃げても無意味」と前回アドリアーナは話していました。

それにしても、ここまで直球勝負をするとは意外です。

確かに、逃げてもまた命を狙われるでしょう。

アドリアーナが言うように、意味はないと感じます。

皇后との決着を付けない限り、また命を狙われてしまうはずです。

暗殺するわけにもいきません。

他には良い方法がないとも言えますが……かなり勇気がありますね。

そもそもこのお話で、アドリアーナが持っていた最初の目的は「長生きすること」でした。

そのため何としても、命を狙うのを止めさせなくてはなりません。

少し話した程度で気が変わるとは思えませんが、どうする気なのでしょうか。

皇后がアドリアーナに対して、どんな返事をするかも気になるところです。

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい57話まとめ

こちらでは57話の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

せっかく公爵令嬢に転生したんだから長生きしたい57話まとめ
  • 帰りの馬車の中でレランパゴ伯爵に、テイルは甘い言葉をささやいたら、と言うが、伯爵はアドリアーナが去るのを恐れて、伯爵は何も言えずにいるのです。
  • ベッドの中で泣いているルドルフに声を掛けたのは、アドリアーナでした。
  • アドリアーナは、ルドルフに、今日は一緒に寝ないかと提案しました。子供のころテオドールがしてくれたように、ルドルフのそばにいてあげようと考えています。
  • アドリアーナが宮殿に行くと皇后陛下が出迎えます。なぜ自分の命を狙ったのか質問します。

<前話 全話一覧 次話>