少女/女性漫画

わたしの幸せな結婚ネタバレ11話!あらすじ感想!久堂に気持ちを伝える

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ主人公に幸せになってほしい

11話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

香耶に何も言い返すことができず、部屋に閉じこもっていたと思われていた美世。

それだけではなく、すべてを話してしまったら久堂の側にいられなくなってしまう・・・でも真実を話さなければと葛藤していたのです。

しかしそんな美世のところに、幼いころに美世の味方をしてくれていた花が訪ねてきてくれました。

花に自分の気持ちを吐露する美世でしたが・・・。

わたしの幸せな結婚11話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚第11話「本当のこと」のあらすじをお伝えします。

花との再会

突然訪ねてきた花。

花を呼んだのは、久堂でした。

驚いている美世に、花はもちろんお嬢さまを心配されてですよと優しく微笑みました。

美世は気づきました。

花の存在をわかっているということは、久堂は美世のこと全部を知っているということ。

部屋に久堂が訪ねてきた時、美世が悩んで抱え込んでいるものは、気にしなくてもよくなると話していたことを思い出しました。

 

美世は決意したように、花に話し始めました。

わたしは異能を持っていないから、わたしには価値はないとずっと思っていた。

そのことを久堂に打ち明けることが怖かった・・・この幸せを失ってしまうのがいやだったから。

本当のことを知ったなら、絶対にわたしを捨てると疑いもしなかった。

でも・・・私が知っている旦那様は・・・。

 

花は勇気を出して・・・久堂さまは待っていらっしゃいますよと。

美世の手を取って、お嬢様なら大丈夫!

それにどんな結果だったとしても、私は今度こそお嬢様を必ずお助けしますと言いました。

目に涙をいっぱい貯めてありがとうと花に抱き着きます。

花は優しく美世の頭に触れました。

花の手は、あのころと変わらず温かかった。

美世は覚悟を決めて・・・私すべてを旦那様に言いますというと、久堂のところにかけていきました。

美世の告白

勢いよく美世が来て、旦那さまと声をかけたので・・・久堂はぎょっとしました。

いきなりどうしたというと、美世は組み紐をぎゅっと握りしめます。

旦那さま、わたしずっと言えなかったことが・・・わたし・・・わたしには異能がありません。

異能者の両親の血を受け継ぎながら、無能なのです。

学校も小学校どまりで、実家ではずっと家族として扱ってはもらえませんでした。

強要もなく、名家の娘らしいことは何ひとつできません。

見たる目もこんなで・・・。

だから本当は久堂の相手には全くふさわしくはないのです。

追い出されたくなくて、何も言えずにいました、

 

もし命を絶てと言われたら絶ちます・・・この家から出ていけと言われたら出ていきます。

これはお詫びと感謝の気持ちを込めて作ったものです。

必要なければ、処分していただいても構いません。

 

今までお世話になりました・・・わたしが話さなければならないことは、これで全部です。

旦那さまはどんな風に考えているのか教えてください。

しばらく間があって、いつまでそうしているつもりだと声をかけられました。

美世が顔をあげると久堂は微笑んでいて、美世を抱き寄せました。

もうすぐ正式に婚約するつもりなので、美世に出ていかれると困るという久堂。

美世は突然のことにとても動揺して真っ赤になっています。

 

美世はここで自分と一緒に暮らすのは嫌なのかと尋ねました。

そういうわけではないけれど、胸がいっぱいすぎて・・・美世は声を出すこともできません。

美世が久堂を見上げると、すぐ横を向かれてしまいました。

久堂も耳まで真っ赤になっていることが分かってしまった美世。

思い切って言葉にします。

久堂が許してくれるならば、ここにいたいですと。

許すも何も、私がお前にここにいてほしいんだ・・・他の誰でもなくという久堂の言葉に、今までの苦しかったことも、悲しいことも‥・全てこの時のためだったと思うと報われると美世は思いました。

久堂が組み紐を手にして、髪を結ってほしいというので、結ぶときれいな紫だ・・・大切に使わせてもらうよ、美世といいました。

五道にお願いしていたのは

帰る花に、美世はお礼を言いました。

わたしはあなたに会えていなかったら・・・あなたの言葉がなかったら、まだ部屋にこもったままだったと思う。

花は美世の手をとって、役に立てて良かった・・・私もお嬢さまと会えてお話しできてよかったといいました。

五道に頼んでいたのは、花の送迎だったようです。

見張りもいなかったようで、今日のことは知られていないと思います。

やはりあの式は、久堂だけを監視しているみたいでした。

 

花が帰ってしまうと、美世は寂しそうですが・・・久堂にそんな顔はしないでくれ・・・これからはいつでもだれにでも会えるのだから・・・と言いました。

美世がお礼を言うと・・・気にするなという五道。

美世は涙ぐんでいましたが、微笑を浮かべていました。




式は辰石から・・・!?

式がまた撒かれたと怒っている辰石。

結局美世の姿を一度も確認できていない・・・久堂の若造めと怒っています。

香耶が来ていて姉がまだ図々しく久堂の家に居座っていると・・・あの日は気分がよくなかったけれど、とても素敵な男性を見かけたという香耶。

 

辰石は、久堂が斎森家を訪ねたことは知っている。

当主と何を話したかは分からないけれど、香耶のはなしと合わせると美世のような娘をよこしたことに対する苦情なのか・・・。

斎森家の空気もさらに悪化したところを見ると・・・!?

 

わたしの幸せな結婚第11話「本当のこと」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

式を送り込んでいたのは辰石でした。

しかし久堂に阻止されていて・・・それでも美世を奪還しようとしている?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

11話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚第11話「本当のこと」の感想をお伝えします。

美世は花にすべてを話して自分の気持ちが落ち着いて・・・花に後押しされて久堂に本当のことを伝えに行きました。

 

久堂は美世のことを調べていたから、花のことも知っていたわけで・・・それでも気持ちを伝えられたのはよかった。

久堂もスマートだけれども照れていましたね。

 

美世のことをよく考えて大切に思っているからなのでしょう。

斎森から返事が来ないこと、辰石が不穏なことを考えていることが少し心配ではあります。

辰石のあるべきところに収まるというのは、なにがなのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ11話!まとめ

こちらでは11話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと11話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 11話のまとめ
  • 美世は久堂が自分のすべてを知っていると気がついた。
  • 美世は久堂のところに居たい気持ちも伝える事が出来た。
  • 五道には花の送迎をお願いしていた。
  • 式と送り込んだのは辰石だった。