少女/女性漫画

わたしの幸せな結婚ネタバレ12話!あらすじ感想!母の形見に似た着物!

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ主人公に幸せになってほしい

12話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

部屋に閉じこもっていた美世は、悩んでいたことを花に話すことにしました。

しかしそのことは、もう久堂は知っていたのです。

花を探して見つけたということは、美世の事情はわかっているということです。

美世は久堂に今まで話していなかったことを伝えました。

久堂は美世がいいのだからと言い、ここにいてほしいと伝えました。

わたしの幸せな結婚12話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚 第 12話「お礼の宴」のあらすじをお伝えします。

五道に料理をふるまう

はじめてのデエトの時の着物が届きました。

美世はこんな素敵なお品をこんなにたくさんいただくことはできませんと言いますが、髪紐のお礼だから受け取るようにという久堂。

呉服店の人にどれも美世に似合うだろうと久堂が選んだものだから・・・特にこの着物は一目で気に入ったものだと言われて、手渡された着物は美世の母の形見の着物に似ていました。

美世はとてもうれしくて、久堂にお礼を言いました。

恥ずかしそうに久堂はああ・・・とだけ言って美世と視線を合わせません。

その着物をさっそく着て、鏡を見ながら・・・久堂にもらった櫛で髪をとかしています。

さ、宴の支度をしないとと張り切っているようです。

 

その頃久堂が五道を迎えに行っていました。

五道は美世がお礼に料理でもてなしてもらえるなんてと喜んでいます。

礼なら既に私がごちそうしたはずなのだが・・・と言っても美世さんしっかり者のいい奥さんになるでしょうねと気にもしていません。

久堂はむきになって・・・なれなれしく呼ぶなと怒っています。

嫉妬ですかと五道は突っこみを入れますが、そんなわけないだろう・・・一瞬なにやら暴力的な気分になったが・・・。

嫉妬じゃないですが・・・鬼畜上司に息の根止められそう~という五道。

美世に見とれる久堂

美世が五道にお礼をしたいと言った時、久堂は驚きました。

理由はさておき、美世が自分から誰かに会いたいというなんて考えられなかったこと

だけに、うれしい変化だ。

そういえば・・・五道は振り返りながら・・・見張りの式は撒けていますか?

よくも毎日ずっと、隊長の後をつけてきますね。

問題ない・・・わたしがこの程度でヘマをするはずないだろう。

それにしても本当に近頃の異能者の質の低下は本当にひどいものですね。

異形の数自体も減っているので仕方がないということではある。

西洋の文化が流入して、帝国の科学技術は日々発達している。

異形は急速に数を減らし・・・討伐する異能もお役御免とばかりに少なくなっていく。

異形は目の錯覚、人の想像で生み出される幻覚でしだっけ・・・あながち間違いでもないですけど・・・。

現状がそうなので、異能者の実力が落ちるのは必然。

わたしでさえも大昔の異能者と比べればさほど優秀とも言えません。

 

屋敷につき・・・そこでも久堂にいじられている五道ですが・・・美世が玄関で迎えに出ていました。

久堂がふと見ると、血色の良くなった薄紅の頬・・・きちんと梳かされた濡れ羽色の髪・・・以前のように不摂生を感じさせない袖から除く手首・・・久堂は見とれていました。

どうかなさいましたか?という美世に、きれいだなとても似合っているという久堂。

はっと気づいて口を隠す久堂に・・・照れて真っ赤になる美世。

五道はあきれていました。

美世の料理をおいしいという五道

五道は美世の作った料理をうまいといっています。

実家暮らしなのだから毎日うまいのではないかというと、五道は実家の料理人の作る味と家庭料理の素朴の味とは違うと・・・そういうものなのかと思う久堂。

美世は照れくさそうに五道にお酌をして花のことについてお礼を言いました。

ただ送迎をしただけだという五道に、それでも美世があの日・・・花や久堂と落ち着いて話すことができたのは五道のおかげだと・・・。

五道は喜んで、思わず美世の手を取り結婚しましょうと言ってしまいます。

久堂が止めますが・・・美世に旦那さまがいいのでと真面目に言われてしまいました。

 

久堂も旦那さまがいいのでという美世の言葉に嬉しそうです。

久堂は美世のことを勝手に考え違いをしていました。

居場所さえあれば相手が誰でもいいと思ってしまっていたからです。

異能の使われた気配

その間にも五道は美世に久堂の話をして聞かせています。

五道も帰り、家の中が随分と静かだなと感じた久堂。

美世の部屋から小声が聞こえたのでふすまを開けると・・・美世が涙を流しい転寝をしていました。

わずかに異能が使われた気配がしています。

 

美世が夢見が悪そうなので、久堂は腕を掴み美世を起こします。

悪い夢でも見ていたのかと聞くと、美世の目から大粒の涙があふれてきてしまいます。

久堂は美世に、構わないから気が済むまで泣くといいと言いました。

思ったことを言い…もっと自分の感情を出してあまえてもいい・・・。

 

美世の受けた心の傷は、久堂が想像するよりもずっと深くて大きく、なかなか消えはしないだからいくらでも泣いて・・・涙が出なくなったらまた笑顔でいてほしいと久堂は言いました。

美世はこの家に来てから、毎晩同じ夢を見る・・・母の形見を目の前で壊され燃やされてしまう夢を・・・。

美世は本当にこれからはそばにいてもいいのかと尋ねました。

工藤は当たり前で、命が尽きるまで・・・と言いました。

美世は・・・。

 

わたしの幸せな結婚 第 12話「お礼の宴」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

美世が五道にごちそうしたいというなんて驚きですね。

それだけ感謝しているのでしょう。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

12話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚 第 12話「お礼の宴」の感想をお伝えします。

美世はプレゼントの着物を着て本当にきれいですね。

呉服屋さんの話していたことはあたりでした。

 

久堂も思わずきれいだと言ってしまうほどだったのです。

 

五道とも楽しく話ができて良かったのだと思います。

美世のお料理も素晴らしかった・・・五道も絶賛でしたね。

 

異能の気配を感じた久堂。

美世は異能がないと話していましたが・・・本当はあるのでしょうか。

薄刃のものだとしたら、相当強力なのかもしれませんね。

 

二人の気持ちも確認できて、よかったのだと思います。

きっと美世は今まで人前で、泣くのを我慢していたのでしょうね。

安心できる場所ができて良かったです。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ12話!まとめ

こちらでは12話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと12話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 12話のまとめ
  • 母の形見に似た着物をプレゼントされた美世。
  • 美世の姿に見とれた久堂。
  • 美世はここに来たから毎晩同じ辛い夢を見ていた。