少女/女性漫画

【最新話】わたしの幸せな結婚ネタバレ20-2話!あらすじ感想!堯人さま

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ主人公に幸せになってほしい

20-2話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

久堂は大海渡少将閣下に呼び出されていました。

軍人の家柄である大海渡が宮城に立つ前に、久堂に話をしておきたいことがあると言ってきていたのです。

それは墓荒らしが出たということ・・・久堂は警察の仕事ではないかといったのですが、普通の墓場ではなく、「禁域」に侵入されたというのです。

「禁域」とは立ち入り禁止の区域・・・帝や異能者についての機密を宮内省が管理するところです。

その中の墓地で「オクツキ」が暴れたと大海渡は言うのでした。

「オクツキ」とは異能者が眠る場所です。

異能者などは霊の力が強く、亡くなっても一般的な弔い方では成仏することができないから「オクツキ」に魂を閉じ込めておくのです。

苦しみや憎しみを持ったままの霊が、この世の中に解き放たれたらどんな被害が起こるかわかりません。

大海渡に尋ねると、大体抑えられたと聞いただけだというので、久堂たちが気を付けておかなければなりません。

二人で車に乗り込むと、辰石家の話になりました。

辰石家は事件を起こした実に代わって、一志が当主の座に就き・・・意外なことに無難にこなしていました。

驚くような派手な正装をしてきましたが、大海渡・久堂・辰石の3人で向かいました。

わたしの幸せな結婚20-2話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚20-2話「謁見」のあらすじをお伝えします。

時代の帝位を継ぐ最有力候補と・・・!?

失礼いたします・・・大海渡、久堂。辰石参りましたと声をかけると、扉の奥から、入るが良いと声をかけられました。

まず大海渡がご無沙汰しております、堯人さまと挨拶をしました。

真っ白な肌・・・真っ赤な唇・・・感情が読み取れない切れ長の目をしている堯人さま。

年頃は久堂と変わらないけれども、浮世離れした姿は静かな威圧感があります。

彼の方に姓はありません。

ただと堯人という名だけがあります。

 

帝の子の1人であり、次の代の帝位を継ぐ最有力候補のお方。

異能者筆頭の久堂家であった私は、皇子である堯人さまとは、幼い頃から近しい付き合いがありました。

辰石を許す

よく来たの・・・征・清霞そして辰石の新たな当主よ。

面を上げよ・・・まあ楽にせい。

顔上げずに失礼いたしますと答えた大海渡。

久堂が堯人さまに、まずは彼を挨拶させていただきたく・・・というと辰石が頭を下げました。

深くお辞儀をして・・・・辰石一志と申します。

新たに辰石家当主を務めさせていただきます。

この度は当家の者が罪を犯したにもかかわらず、このように御身を拝謁する許しをいただけたこと、心より感謝申し上げますと言いました。

帝に代わり我が辰石家を許す・・・久堂家の手足となり名誉と信頼を回復せよという堯人。

かしこまりました

清霞もご苦労であったな・・・斎森家のことは残念であった。

私の力が及ばず申し訳ありませんという久堂。

天啓のある堯人

異能の家系を失ったことは、この帝国によっては大きな損失なのは間違いない。

本来であれば、責任の所在を追及されるところですが、当の斎森家の人々がすでに罰を受けているため、うやむやになりました。

これも決められていた運命よという堯人に久堂はハッとします。

寛大なお言葉に感謝いたします。

して堯人さま、天啓がおありだったとうかがいましたが・・・。

天啓・・はそれは代々の帝の直系の子孫に受け継がれる異能。

神より国に降りかかる厄災を、予め教えられるというすなわち未来予知のことです。

歴代の帝は国の危機を知り、それを回避するあるいは最小限の被害で済ませてきました。

天啓に従い、異形と戦うことは異能者の任務として歴史に刻まれています。

今上帝は体調が思わしくないので、天啓を受けついたのは次男の堯人さまのみであった。

その堯人さまの天啓に基づき、我々異能者が任務に赴くようになってしばらく経つ。

だがこうして呼び出されて、直々にお言葉を賜ると言うのはよほどのこと・・・。

戦いになる

オクツキの封が破られたことを知っておろう?

気をつけよ・・・これは戦いになる。

下手をすれば命を落とす者も出よう・・・3人はハッとします。

命を落とすとはいったい誰が・・・と尋ねる久堂。

さてそこまでは視えなんだという堯人。

承知いたしました・・・肝に銘じます。

我々が封じなければ、民に大きな被害が出るということでもある。

死力を尽くして戦わなければいけない・・・久堂の手に力が入ります。

 

それと清霞・・・おぬし婚約したらしいな・・・ようやく。

久堂はげんなりとした顔になり・・・またその話かと思うのです。

はいと答えると・・・おぬしの婚約者・・・これから色々大変だろう。

だがおぬしならば大丈夫であろうふふと笑うの堯人。

久堂はハッとして・・・それも天啓ですかと尋ねました。

堯人は何も答えません。

堯人さまはすべてを教えてくださるわけではない。

だが何か意味はあるのだろう。

何より他ならぬ美世のことだ。

工藤は心に留めておきますと・・・。

 

わたしの幸せな結婚20-2話「謁見」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

堯人さまの天啓で久堂たちが動いていると初めて知りました。

美世もいろいろ大変なことが起きるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

20‐2話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚20-2話「謁見」の感想をお伝えします。

「オクツキ」が破られて、これから暴れるというのでしょうか?

元々は異能者の魂ということですから、とても厄介なのではないのでしょうか?

異能といえば、今回は何も描かれていませんが、美世にも強力な異能がありそうです。

その異能が狙われたりすることはないのでしょうか?

まだ美世に異能があることは、きっと周りの人には知られてはいませんが・・・。

戦いになると堯人さまが話しているので、今までとは違うことが起きるのでしょう。

美代と久堂たちの穏やかな生活が、がらりと変わってしまうのでしょうか?

辰石一志もこれから何らかの形で久堂たちと関わってくるのでしょう。

当主になった人なのだから、もちろん異能はあるのでしょう。

帝になる人には天啓があって、それで国を災いから守ってくれたり、少ない被害で済ませることができていたのですね。

本当にそんなことがあるのであれば、安心して生活できるのでしょうね。

久堂たちはそのためにこれから命を懸けて戦わなくてはならないのかもしれません。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ20-2話!まとめ

こちらでは20-2話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと20-2話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 20-2話のまとめ
  • 帝の子の1人であり、次の代の帝位を継ぐ最有力候補・堯人に会いに行った久堂たち。
  • 堯人は帝に代わり我が辰石家を許すと言った。
  • オクツキの封が破られたことにより、命を落とすほどの戦いになるかもしれない。
  • 久堂に「婚約者・・・これから色々大変だろう」と言いふふと笑う堯人。