少女/女性漫画

わたしの幸せな結婚ネタバレ5話!あらすじ感想!街へ一緒に出掛けることに

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ主人公に幸せになってほしい

5話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

前の晩に朝食をまた作ってほしいと久堂にお願いされたので、今朝も作っている美世。

不安でしたが、おいしいと褒められました。

嬉しさのあまり泣いてしまった美世ですが、久堂は傷つけてしまったのかと困惑しています。

自分も斎森家のことを調べてみようと思うのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

わたしの幸せな結婚5話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚 第 5話「矛盾する心」のあらすじをお伝えします。

裁縫道具を借りたおかげで・・・!?

ゆり江は美世に裁縫道具を貸してくれました。

しかも新品がいいなら、用意をしてくれるというのです。

身ひとつできた美世がいけないので・・・裁縫道具くらいは自分で持ってくるのが普通なのに・・・お金を持っていない自分が情けない。

でも貸していただいたおかげで、ほつれた着物を繕うことができます。

ゆり江に今朝のことで久堂が怒っていなかったか尋ねました。

いきなり泣いてしまって、たぶん嫌だったのではないか。

異母妹くらい美人であれば、男の人は喜んで慰めるだろうけれど、私の泣き顔なんて醜くて見ていられないだろう。

美世はこれまで自分の生きていることがいやだと言われてきました。

泣くといつもより醜い、みっともないと嫌な顔をされて・・・いつの間にか夢を見ている時の涙以外には泣くことを忘れていたのに・・・・。

 

ゆり江は美世の手に手を置いて・・・・泣くことは悪いことではない・・・むしろ泣くことを我慢して気持ちをため込んでしまう方がよほど悪いと言いました。

自然に流れてきた涙はそのまま流せばいい・・・そんなことで怒る久堂ではないと。

本当なのか?ゆり江がそう話すならきっとそうなのだと思う。

でも異能も見鬼の才も持っていない自分は・・・いずれはそのことを知られてここを出ていかなければいけない。

勘違いをしてはダメ・・・ここの生活は一時のものなのだから・・・。

日中何をしているかと久堂に聞かれ・・・!?

ゆり江がお昼の準備をしている間に、着物を繕うことにしました。

その様子をこっそりゆり江は見ていたのです。

夕食を食べている時に、日中何をしているか聞かれました。

ゆり江も早めに帰るし、家事があるとはいえ時間に余裕があるだろうと・・・。

確かにゆり江は夕方前に帰ってしまうので、雑誌を借りて読んだりしていますと答えました。

破れたり、破れそうな着物を直しているなどと話したら、新しい着物を欲しいと言っているようで嫌だし、久堂やゆり江にできれば嫌われたくないため、誠実でありたいと思うのだけれど、どうしても斎森家や自分の今までしてきたことについて・・・悪口のようになってしまうので隠してしまうのです。

 

受け入れられる資格がないと知っているけれど、嫌われたくないと思ってしまう。

嘘ついたりや秘密を盛ったりしたくないのに、斎森のことも自分のことも言わずにいるなんて・・・。

休日に街へ出かけようと誘われ・・・!?

久堂が今度の休日に出かけようかと思っている・・・美世に行きたいと思わないのかと尋ねました。

美世は行きたいかといわれてもよくわからないのです。

高等小学校を卒業して以来、斎森家の敷地内からほとんど出ないで暮らしてきました。

最初の頃は、町の喧騒が恋しくて、自由だった時が懐かしく・・・悲しくなるときもありました。

でも今となっては、自分で自由に使うことのできるお金もないし、街に出かけてもどうなるという気持ちの方が強いのです。

町の賑わいにワクワクするような年頃はもう過ぎてしまいました。

それで、私はいけませんと答えた美世。

行きたいところもないし、久堂と一緒にでかけるなんて迷惑は・・・というので久堂は大きなため息をつきます。

迷惑ではないし、用事など無くてもいいだろう・・・私と一緒に来ればいいだけだ。

服装はここへ来た初日のものと同じでいいからというのでした。

 

食器を片付けながら、また久堂を呆れさせてしまったかなと考えている美世。

せっかく気を遣って誘ってくれているというのに・・・はっきりしない自分がとても嫌なのです。

ふたりで街にいくのなら久堂に恥かしい思いをさせないように・・・不快にさせないように今から準備しておかなければ・・・。

美世の夢に・・・!?

美世の夢に桜の木の下に立っている女性が出てきました。

お母さまと声をかけると、何か美世に伝えたいことがありそうですが、美世には聞こえません。

そして場面は変わり、幼い美世が母に抱っこされています。

父は美世は異能を持たないと話していますが、母は美世を見捨てないでくださいとお願いしています。

我が家が異能と関係のない家ならば、美世のことを愛することができたのにという父。

ふがいない私を許してという母。

謝りたいのは自分の方・・・何の力もなくて・・・と思っている美世に、でも大丈夫・・・あなたがもう少し大きくなったらと母が話しているところで、美世の目が覚めました。

 

梟の鳴いている深夜・・・今のが夢・・・大きくなったら・・・?

お母さまが夢の中ですごくきれいだったので、美世は自分の髪も手入れをしたらおかあさまのようにきれいになるかしら・・・鏡の前でため息をついていました。

そこにゆり江がニコニコしながらやって来て・・・おきれいですよ、お化粧はされませんか?というのです。

お化粧があまり上手くなくて…道具も持っていなくて・・・という美世に、ゆり江に任せていただければ大丈夫というのです。

お道具もこちらにありますというので、美世は自分があまりものを持ってないことが知られていると恥ずかしくなっています。

そろそろ出たいのだが・・・と迎えに来た久堂はお化粧した美世を見て・・・。

 

わたしの幸せな結婚 第 5話「矛盾する心」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

久堂に街に出かけないかといわれた夜に、美しい母と子供の頃の自分の夢を見た美世。

ゆり江がお化粧しましょうと申し出てくれて、美しくなって久堂との外出です。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

5話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚 第 5話「矛盾する心」の感想をお伝えします。

久堂も美世の着物のことは気にしていたのですね。

ゆり江はいつも、美世が言葉にしなくても・・・美世が気づかないところまで気を遣ってくれます。

 

美世が見た母の夢に何かヒントがあるのでしょうか?

母は父にはつたえたりすることはなかったのでしょうか?

おとなになったら・・・異能を使うことができるということなのかもしれません。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ5話!まとめ

こちらでは5話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと5話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 5話のまとめ
  • 泣いてしまったことを気にしている美世。
  • 受け入れられる資格がないと知っているけれど、嫌われたくないと思ってもいる。
  • 一緒に街に行くのに久堂を不快にしないようにと考える。
  • ゆり江が支度を手伝ってくれた。