少女/女性漫画

わたしの幸せな結婚ネタバレ7話!あらすじ感想!旦那様からのサプライズプレゼント

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ主人公に幸せになってほしい

7話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

久堂の仕事場・帝国陸軍本部に車を置きに向かいました。

その後に街へと出かけました。

街に着くと美世に買いたい物はないかと久堂は尋ねますが、ないと答える美世。

自分の買い物に付き合ってもらおうと久堂に言われてついて歩いているうちに、美世は楽しくなっていました。

今度は呉服屋に向かいます。

というのもゆり江が美世の着物のことを聞いていたからです。

いつの間にか美世に似合いそうな着物を選んでいる久堂。

来年のことまで考えている自分に気が付きます。

美世に気になったものはないかと聞いても、間に合っていると答えました。

わたしの幸せな結婚7話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚 第 7話「初めてのデエト 弐」のあらすじをお伝えします。

機嫌のいい久堂を見ていると・・・!?

後ろめたい気持ちを抱えたまま、デエトは続きます。

甘味処に入った二人・・・美味いかと聞かれて、甘くておいしいと答えた美世ですが、周りの人たちの視線が気になっています。

普通に歩いているだけで、久堂は周りに注目されています。

その気持ちはよくわかります。

久堂は絶世の美青年で・・・女性顔負けの美しい髪・・・一挙手一投足がとても優雅で隙がなく、目を奪われてしまいます。

 

中でも若い女性に美世はものすごく睨まれてしまいます。

どうしてあんな子があんなステキな人と・・・ということだと思いますが、私はただの付き添いで・・・。

でもそんな考えも何となくご機嫌な様子の久堂を見ていると、気持ちが和んでどこかへ行ってしまいます。

普段は無表情というか、仏頂面という感じなのでさらに・・・。

 

美世を見て、あまりおいしいと思っている顔ではないなという久堂。

そんなことはありませんと美世は言いますが・・・おまえは本当に笑顔がないなと言われてしまいます。

ドキッとして謝る美世。

久堂は責めているわけではないと言い、頬を赤くしながら・・・ただ笑っているところを少し見たいというか‥興味があるというか・・・。

素直な言葉を口にした美世に・・・!?

美世は少しあきれたように・・・旦那様は、その・・・変わっていらっしゃいますねと言いました。

久堂は何か考えているようで・・・慌てて美世は生意気なことを言って申し訳ありませんと謝りました。

心の中で、変わっているなんて主人に対して失礼すぎる・・・久しぶりに街に出てたくさんのものを見て歩いて気持ちが浮ついていた・・・最悪だ、これだからわたしはダメなのだと落ち込みます。

香耶ならばこんなミスはしない・・・私に対しては嫌なことばかりしてきたけれど、要領がとてもいいのだ。

 

うつむいていたので、顔をあげろと言われる美世。

久堂は怒っていないから、そんなふうに小さくなる必要はない。

私たちはこのままいけば結婚する仲だ・・・思ったことは何でもいいあえるほうがいいだろう。

 

私もお前が今のように素直な言葉を口にする方がうれしい・・・謝ったりせずにという久堂。

結婚する仲・・・美世は旦那様はご存知ない・・・私が異能どころか、人並みの教養も何もかも持たずとても久堂家の嫁など務まらないことを・・・。

もう少しだけこの幸せな時間を・・・!?

今日は旦那様にたくさんのものをいただきました。

このようにお茶を楽しむことができるのも、素敵な街を歩くことができたのも・・・謝罪ではなく私の素直な気持ちを聞きたいと話してくれたことも・・・とてもとてもうれしい。

ありがたいと思うなら・・・旦那様のことを思うなら・・・たとえ恨まれたとしても・・・今ここで私はあなたに相応しくないと自分から告げるべきなのはわかっていました。

 

でも望んでしまったのです・・・少しでも長く・・・この人といたいと・・・。

あとでどんな罰でも・・・いくらでも受けますから・・・。

わかりました・・・これからはちゃんと言いますと答えたのです。

久堂はそれでいいと言いました。

 

美世はまた心の中で、今だけは許してほしい・・・もう少しだけこの幸せな時間を過ごしたら・・・本当のことを言おうと考えていました。

久堂のプレゼント

旦那さまとまたいろいろな店を巡って帰途につきました。

美世がお風呂に入っているうちに、旦那様は作戦決行です!

遠慮の塊のような美世でも、部屋の前に置いてあるプレゼントは受け取らざるを得ないだろう。

さて、何を言ってくるかなと思いながら部屋に戻る久堂。

トタトタトタという足音が聞こえて、真っ赤な頬をした美世が入ってきました。

だ・・・旦那さま、これと言って小さな箱を持ってきています。

 

おとなしくもらっておけというので美世が開けてみると、きれいなくしが入っていました。

置いたのは旦那様ですか?と聞かれますが、久堂はさあなと答えます。

こんな高価なものいただけませんという美世。

気にすることはないだろうという久堂。

 

神にはやはり櫛のよしあしが関係してくるので、今の彼女に贈るならば実用面ではこれしかないだろうと久堂は考えました。

気にするなと言っても・・・置いたのは旦那様ですよね?美世は聞いてきます。

男が女に櫛を送るという行為には求婚の意味があるので・・・誤解を避けるためにこんなふうにこそこそとする羽目になってしまった。

 

深い意味は考えずに使えばいいではないかというと、はいそうしますと大切そうに持ち・・・大事に使わせていただきますねと言いました。

この気持ちは何と言い表すのだろう・・・感動、それとも興奮・・・歓喜?

しいて言うのなら、いとしさだと、美世の微笑を見て久堂は思いました。

久堂は美世の調査を依頼していましたが・・・!?

 

わたしの幸せな結婚 第 7話「初めてのデエト 弐」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

はじめてのデエトは美世も久堂もとても楽しそうでした。

久堂のサプライズプレゼントも美世はうれしかったでしょうね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

7話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚 第 7話「初めてのデエト 弐」の感想をお伝えします。

美世は初めてのデエトがとても楽しかったようですね。

もちろん久堂もいつになく楽しそうでした。

こんなに表情が変わるのですね。

 

美世のことを、磨けば美しくなると言われた久堂は、さっそく櫛をサプライズでプレゼントしました。

櫛で髪に艶が出るのでしょうね。

 

美世の調査をお願いしていて・・・美世の今までの環境や異能について理解した久堂。

どのような行動をとるのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ7話!まとめ

こちらでは7話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと7話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 7話のまとめ
  • 久堂は美世の笑っているところを見てみたいと思っている。
  • 美世の素直な言葉を嬉しく感じる。
  • 少しでも長く・・・この人といたいと願った美世。
  • 久堂からのサプライズプレゼントを喜んだ。