少女/女性漫画

わたしの幸せな結婚ネタバレ8話!あらすじ感想!プレゼントのお返しは・・

結婚から始まる恋物語「わたしの幸せな結婚」。

絵が綺麗なマンガ!主人公に幸せになってほしい

8話を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介していきたいと思います!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

美世は久堂と甘味処に入りました。

久堂は美しくてとても目立つので、隣を歩いているだけなのに美世はにらまれたりしていました。

しかしいつも無表情な久堂が機嫌が良さそうなので、そんなことはどうでもいいのです。

久堂も美世があまり笑わないので、笑った顔が見てみたい・・・興味があるというので思わず、変わっていますねと美世と言ってしまいました。

落ち込んでいる美世に久堂は、結婚する仲だから素直に口にしてほしいと言います。

久堂は美世に櫛を贈ると、美世は驚いて飛んできて嬉しそうにお礼を言いました。

愛おしいと感じる久堂・・・そして美世の調査所が届いて・・・!?

わたしの幸せな結婚8話のあらすじネタバレ

わたしの幸せな結婚 第 8話「旦那様へ贈り物」のあらすじをお伝えします。

プレゼントのお返しに・・・!?

旦那様との幸せなデエトの翌日、美世はゆり江に久堂に何か贈りたいと考えていたのですが、見当がつかなくて・・・何を贈ったら喜んでいただけるでしょうか?

美世は櫛をいただいてからずっと考えていました。

この家にお世話になっていることのお礼もしていないのに、言葉で感謝の気持ちを伝えることもとても大切なことだけれど、この気持ちを形にしたいと・・・。

 

ゆり江は、久堂が使うもので美世の手作りのものがいいのではないかと言いました。

手作りといわれて美世は、目が肥えている久堂に自分が作ったものを渡してもみすぼらしいと思われないでしょうか、いえ・・・思われたら仕方がないのですが、できれば喜んでもらいたくてとごにょごにょ話しています。

ゆり江は微笑んで、美世は本当に優しい・・・美世が作ったものならば何でも喜ばれるはず。

大丈夫、久堂がそのようなことを思ったりしないといいました。

 

強く肯定されると、不思議と大丈夫な気がしてきた美世。

久堂を育てたと言っても過言ではないゆり江だからなおさら・・・。

どんなものが作れそうか考えていると、それでしたら良いものが・・・ゆり江が本を持ってきてくれました。

その本にはいろいろな小物などの作り方がわかりやすく描かれていて、美世にも作れるかもしれないと思えたのです。

 

巾着は手軽で、ハンカチもいいかもしれない・・・その時何か見つけたようで「あ」と声が出ました。

良いのが見つかりましたか?といゆり江。

美世が見つけたのは、組み紐でした。

とても美しくて繊細な図案で・・・久堂の髪に似合うと思ったのです。

何本あっても困らないと思いますし・・・。

ゆり江もとても素敵で、大賛成だと・・・。

久堂からのお守り

その夜久堂に、近いうちに少し出かけてもよいでしょうかと美世が尋ねると、何か足りないものでもあるかというので、美世は自分で選んで買いたいものができたのですが、ダメでしょうかと言いました。

久堂は心配そうに一人で行くのか?危なくはないか?と尋ねますが、美世は昼間にゆり江と行く…平気だと答えるのです。

自分が一緒ではいけないのか?という久堂に、大丈夫と答える美世。

それは久堂に知られてしまうのが恥ずかしいことと、忙しい久堂を付き合わせてしまうわけにもいかないからです。

 

久堂はため息をつくと、気を付けていってこい・・・知らない人間にはついて行くなと言いました。

大げさだという美世。

 

買い物に行く朝に、お守りだから持っていけと久堂から手渡されます。

絶対に肌身離さず持っていろ・・・本当にわかっているのかとムッとされています。

もちろんですと口に手を当てる美世。

心配してくれることがうれしくて、ついほおが緩んでいたかもしれません。

辰石家の空気が悪い

辰石家では、幸次が最近家の中の空気が悪いと思っていました。

父の機嫌が悪いということが大きな原因の一つです。

物事が進まなくて苛立っているらしい。

我関せずという態度の兄と、母はすっかり引きこもってしまって・・・使用人たちも父の機嫌を損ねないようにしているので余計に雰囲気が悪くなっています。

 

幸次はよく穏やかだと人に言われるし、実際にめったに怒りを誰かに向けることはありません。

けれども激しい感情を抱くことも・・・それは香耶のこと・・・僕はこんな女と結婚してこの先何十年も一緒に過ごさなければいけないのか・・・美世を虐げていたこの女と・・・。

 

それでも自分は好青年の「辰吉幸次」のままでいることにしている。

誰よりも近くで斎森家を見張る・・・僕の大切な美世に害が及ばないように・・・。

彼女を守れるのは僕しかいないから・・・。

悩むことの幸せ

美世は街の雑貨店にゆり江と来ていました。

たくさんの色があり驚いています。

紐を手に取り、久堂の髪色に似合うものを探します。

薄い色の髪だから、濃い髪紐が似合いそう・・・紺や藍は似合いそうだけど・・・迷ってしまいます。

 

でも悩んでいる時間は幸せでした。

自分から誰かのために、何かをするなんて考えたこともなかった。

命令されたことを淡々とこなして、理不尽に耐えることが生き方でした。

 

誰かの喜ぶ顔を想像して、何か行動するということがこんなに楽しいなんて!

長くは続かないかもしれないけれど、こんなに幸せな時間を味わわせてくれた久堂に感謝しかない。

美世にでも買うことのできる安い糸で、しかも素人が初めて作る贈り物たからもらってうれしくもないかもしれないけれど、一体久堂がどんな顔をしてついつい期待してしまうのです。

その時、ゆり江がお塩を買いに行ってしまい心細く待っていると、お姉さまじゃないという声が聞こえてきて・・・!?

 

わたしの幸せな結婚 第 8話「旦那様へ贈り物」のあらすじをネタバレでお伝えしました。

美世が生まれて初めてなくらいの幸せに浸っている時に現れたのは、香耶でしたが・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚を無料で読めるか調査した結果

「わたしの幸せな結婚」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

8話を読んだ感想

わたしの幸せな結婚 第 8話「旦那様へ贈り物」の感想をお伝えします。

美世は過保護なくらい心配されたり・・・久堂のもとで幸せを感じて暮らすことができるようになっています。

 

幸次は辰石家がピリピリしているのは、父のせいだと思っていました。

辰石の父は、斎森家が美世を手放してしまったことを怒っているのです。

はじめからはっきりと幸次に話して、美世のことを大切に守っていたらよかったのに・・・。

 

久堂のための組み紐を作るための買い物に来ていたのに、香耶にあってしまうなんて・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

わたしの幸せな結婚ネタバレ8話!まとめ

こちらでは8話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと8話をまとめると・・

わたしの幸せな結婚 8話のまとめ
  • 久堂へのお返しをゆり江に相談した。
  • 出かけることに心配し、お守りを渡された。
  • 幸次は好青年の「辰吉幸次」のままでいることを決めている。