少女/女性漫画

その悪女に気をつけてくださいネタバレ51話!あらすじ感想!兄弟の因縁

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください51話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回までのあらすじ

前回は、メリッサにそそのかされたジャックがユーリを救うため、一人でミゼンに戦いを挑みました。

ジャックを囮として利用したメリッサ達3人はその隙にミゼンのアジトに乗り込み、魔法陣の箱の中に閉じ込められているユーリを見事発見。

てっきりジャックが助けに来るものだとばかり思っていたユーリは、自分の運命が変わったことに感動して大粒の涙を流しながら笑顔を見せます。

しかしその頃、覚醒能力を発動できなかったジャックは、ミゼンに叩きのめされて敗北を喫していました。

ミゼンはジャックの返り血を浴びた顔で不気味に笑いながら、ナインへの敵意を剥き出しにしました。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

その悪女に気をつけてください51話のネタバレ

出来損ないの弟

ナインは11歳の時、狼人間種族の首長に呼び出されて厳しい言葉を浴びせられました。

「フォトン」は全ての狼人間に平等に与えられる苗字ですが、首長はナインに対して、「お前にフォトンの名はもったいない」と突き放したのです。

性格がおとなし過ぎる上に身体能力も低く、呪術もろくに使えない。

首長はナインのことを「出来損ない」とののしりました。

「すでにミゼンはフォトン家の誰よりも呪術を使いこなしているというのに……お前の才能は全部双子の兄に持っていかれたようだな」

うつむいていたナインが上目遣いに顔を上げると、首長の後ろの家屋の上に座っていたミゼンが冷笑を浮かべてこちらを見下ろしているのが目に飛び込んできます。

両者の位置している高さは、狼人間種族内における二人の絶望的な階級差を如実に表していました。

「フォトン家の後継者はミゼンだ お前はもう要らない 二度と私の前に現れるな」

首長から絶縁されたナインは、その日から種族内で居ないも同然の存在になります。

寒さに震え、空腹に苦しんでいようと、フォトン家の者は誰一人として彼に見向きもしません。

ナインは路地裏で乞食のような生活を続けながら、「誰にも相手にされてない方が気楽に暮らせて良いんだ」と自分に言い聞かせます。

しかし、虚勢を張れば張るほどみじめな気持ちが湧き上がり、悲しみの涙が頬を伝います。

侮辱されるより、無関心の方が遥かに辛い……。

ナインは10代の若さにして、絶望的な日々を余儀なくされていました。

呪術を解く方法

ミゼンのアジトに入室したナインは、薄暗い室内に立っているだけで昔の自分を思い出して沈んだ気持ちになってしまいました。

すると、カンッという大きな音がいきなり室内に響き、上の空だったナインがハッと我に返ります。

音の聞こえた方を振り返ってみると、皇室の聖剣を振りかざしたメリッサが、ユーリを閉じ込めている魔法陣の箱を切断しようとしていました。

しかし、その箱には魔法効果を遮る呪術がかけられていて、伝説のチートアイテムをもってしてもビクともしません。

困ったメリッサは、呪術を解く方法を知っているかとナインに尋ねました。

漠然とした不快な気分に浸っていたナインはゆっくりと箱の傍に歩み寄り、ニッコリと微笑みながら「簡単ですね」と答えました。

「これはミゼンがかけた呪術なんですから、ミゼンが死ねばいいんです」

「……え?」

心優しいナインの口から冷酷な発言が飛び出し、驚いたメリッサは思わず絶句してしまいます。

命のやり取りではなく、もっと平和的に解決する方法は無いのかと聞き直しても、ナインは氷の微笑を浮かべたまま、「そんな方法は無い」と答えるだけです。

呪術は文字通り呪いの技法であり、魔法のように円満に解除する手段は皆無。

ただし、呪術と呪術師の力はリンクしているので、殺さずともミゼンをある程度痛めつけてやれば、呪術に隙ができる可能性はあるかもしれない。

狼人間種族の操る呪術の力を淡々と説明するナインの脳裏に、幼い頃の忌まわしき記憶がよぎります。

呪術の実験台にされて苦痛の悲鳴をあげるナイン。

そして、弟のもがく姿を楽しそうに眺めているミゼン。

兄に呪術でいじめられ何度も死を意識させられたナインは、穏やかな表情とは裏腹にミゼンに対する強烈な憎悪を胸中に抱えていたのでした。

僕はここにいる

ナインの話を聞いたメリッサは大いに困惑しました。

たとえ伝説の聖剣の力をもってしても、ミゼンを倒すのは至難の業。

メリッサは口元に手を当て、どうやってユーリを救出すれば良いのかと頭を悩ませ続けました。

ふと視線を下に向けたメリッサの目に、プルプルと小さく震えるナインの手が映りました。

懸命に平静を装っていても、やはりナインはここにいる事が不安でたまらないのだろう。

ナインの両手を思い切り握りしめたメリッサは、大きな声で「大丈夫!」と勇気づけます。

「貴方は私が守ってあげるって言ったじゃない 私を信じて」

メリッサはナインの目をジッと見つめながら、ミゼンをやっつけられないなら箱ごと持って逃げればいいと言って笑いました。

そんな彼女の前向きで明るい姿を目の当たりにして、憎しみの闇にとらわれていたナインの心に光が差し込みます。

ああ……僕はこの人に出会えて良かった……。

あの時死ななくて本当に良かった……。

ナインは瞳に涙を浮かべ、自分がここに存在している喜びに打ちひしがれます。

「お嬢様……!僕、本当に……!」

ナインが顔を真っ赤にして感謝の言葉を伝えようとすると、二人のロマンティックなやり取りに嫉妬したユーリが内側から箱をガンガンぶっ叩き始めました。

ユーリの鬼の形相に気づいたナインはハッと我に返り、メリッサの手を離してとっさに視線を逸らしました。

あらためて時間が無いことを思い出したメリッサは、ナインとヨナを箱の反対側に立たせ、3人で協力して箱を持ち上げられないか試してみることにします。

「みんな、準備はいい?せーのって言ったら……」

3人が魔法陣の箱を持ち上げようとしたその時、扉の向こうから誰かが近づいてくる足音が響き、室内に強烈な血の匂いが立ち込めました。

邪悪なドッペルゲンガー

不穏な気配を察知したメリッサが聖剣に手を伸ばして振り返ると、扉の所にナインそっくりのイケメンが立っていました。

タキシード姿の美麗な容姿ながら、体中に真っ赤な返り血を浴びて禍々しい気を放っています。

その様子を見れば、ジャックがやられたのは一目瞭然でした。

氷のような冷たい眼差しには一同に対する殺気が満ちていて、大胆不敵な性格のメリッサといえども全身から噴き出す冷や汗を止めることが出来ません。

ミゼンはニコニコと笑いながら、「まさか持ち上げるつもりか?」とメリッサ達を挑発します。

「噂をすれば……こんなに早く来るとはね……」

メリッサは聖剣を鞘から抜き、臨戦態勢に入りました。

しかしミゼンはそんな事などお構いなく、「挨拶も無しに帰るなんて寂しいじゃないか」と呑気に嫌味を言い続けます。

「そういえば、お前もいたんだっけ ナイン・フォトン」

メリッサから視線を外したミゼンが、ゆっくりとナインの方に向き直りました。

向かい合って立つと二人の姿は鏡に映したように瓜二つで、まるでドッペルゲンガーのようだとメリッサは思いました。

「死なずによく生き残れたもんだ、裏切り者 助けに来いとは言ったが、まさか本当に来るとはな」

容姿は見分けがつかないほどそっくりですが、善良な性格のナインとは対照的に、ミゼンの全身からは暴力的で邪悪なエネルギーが溢れ出ています。

ミゼンは実の弟を見下しながら、一族を裏切ったことに罪悪感は無いのかとなじりました。

「まぁ、罪悪感を持っていればとっくに死んでいるか」

張り詰めた緊張感の中、淡々と暴言を吐き続けるミゼン。

黙り込んでいるナインに向かってミゼンが冷笑を浮かべた所で第51話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「その悪女に気をつけてください」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

51話を読んだ感想

ミゼン・ナイン兄弟の悲しい因縁が少しずつ明らかになってきましたね。

幼い頃から神童として扱われてきた兄・ミゼンに対し、弟のナインは劣等生として社会から爪弾きにされてしまった存在。

この世のどこにも居場所のなかったナインの気持ちを想像すると、胸が張り裂けそうになります。

おまけに、実の弟を平気で呪術の実験台にするミゼンの邪悪な性格は、生まれつきのサイコパスとしか思えません。

そんな男が次期首長に選ばれるとは、悪党ばかりが出世する現代社会を象徴したようなキャラクターですね。

温和な性格のナインですら「ミゼンが死ねばいいんです」と言うシーンを見た限り、この兄弟の確執はとても修復できそうにありません。

むしろ、ナインの裏の顔を見てしまったような気がして、心の底からゾッとしました。

普段優しい人がたまに吐く暴言には、強烈な破壊力があります。

ジャックが倒されてしまった今、ミゼンとの戦いの鍵を握るのはやはりナインの存在でしょう。

原作の小説内のナインは物語の序盤で命を落として退場するエキストラに過ぎず、ミゼンと直接やり合う展開はありません。

本来の筋書きから逸脱し始めた未来は、未知数の存在であるナインに大きく左右されそうな気がします。

はたして、身体能力でも呪術のスキルでも到底敵わない兄に対して、ナインはどうやって立ち向かうのでしょうか?

第52話の続きの展開を早く読みたくてたまりません!

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてください51話!まとめ

こちらでは51話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

その悪女に気をつけてください51話のまとめ
  • ナインは10代の若さにして、絶望的な日々を余儀なくされていたことが判明。
  • ナインは兄に呪術でいじめられ何度も死を意識させられていた。見せる穏やかな表情とは裏腹にミゼンに対する強烈な憎悪を胸中に抱えていた。
  • 容姿は見分けがつかないほどそっくりなナインとミゼン。しかし善良な性格のナインとは対照的に、ミゼンの全身からは暴力的で邪悪なエネルギーが溢れ出ている。