少女/女性漫画

その悪女に気をつけてくださいネタバレ79話!あらすじ感想!メリッサの前に現れた運命の神

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください79話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回までのあらすじ

前回は、首長室内で険悪な再会を果たしたメリッサ達とミゼンとの間で、息詰まる交渉がスタートしました。

もうじき強大な魔物が復活して帝国全土が危機に陥るため、自分達の戦いに力を貸してほしいと語るメリッサ。

しかし、人間を毛嫌いしているミゼンは彼女の話を全く信用せず、協力要請も断固拒否しました。

話し合いが平行線のまま一向に進まないため、相手を納得させるためには再戦して力でねじ伏せるしか道はないという緊迫した空気が両者の間に立ち込めます。

一触即発の雰囲気の中、突然割り込んできたジャックが「魔物を狩るだけなら話に乗ってやってもいいじゃないか」と主張し出すと状況は一変。

ミゼンとジャックが意見をぶつけ合い、難航していた協議が意外な展開を見せ始めました。

その悪女に気をつけてください79話のネタバレ

成功率50%への期待

首長席を挟み、火花を散らして睨み合い始めるジャックとミゼン。

二人の姿を観察していたメリッサは、以前に比べて二人の関係が対等に近くなっている事に気づきます。

「狼人間種族の現首長はミゼンじゃないの?」

メリッサが尋ねると、真顔のジャックが振り向きざまに「違う!」と叫びました。

「首長は俺とミゼンの半々だ!」

「黙れと言っただろ!」

激しくいがみ合う二人の話をまとめると、狼人間種族の世界では首長を倒した者が次期首長として認められる下剋上のルールになっているとのこと。

しかし、いつの間にかジャックもミゼンに匹敵するほどの力を付けたため、二人の決闘の勝敗が付かず、今はこの二人がWリーダーの状態になっているようでした。

完全に首長になったわけでもないのに、一族を代表してまで自分の味方をしてくれたジャックの男気に驚いてしまうメリッサ。

これまで何度も聖剣で叩きのめしてきた因縁があるため、てっきり彼もミゼンと同じくらい自分の事を恨んでいると思っていたのです。

メリッサの提案に賛成するジャックと反対するミゼン。

いつまで経っても二人の意見が全く合致しそうになかったため、メリッサは魔物の封印が解けるであろう1週間後までに結論を出してほしいと言い残して首長室を出ました。

魔物との戦いに勝つためには、戦力の確保が絶対不可欠……。

人間を見下してまともに関わろうとしない狼人間種族の話し合いを、このまま信用して任せて良いのかしら……?

やっぱり、力尽くで言う事を聞かせた方が確実なんじゃ……?

多少の迷いはあったものの、メリッサは城の外までわざわざ見送りに来てくれたジャックの姿を見て考え直します。

「次は俺が首長の座に就いてるはずだから期待しとけ!用があったらいつでも来ていいぞ!……いや、べ……別に来てほしいわけじゃねぇけどな……!」

恥ずかしそうに頬を染めてメリッサ達に手を振るジャック。

彼が話に乗ってきた以上、狼人間達が味方になってくれる確率は50%まで上がったも同然。

無理に力で抑え込もうとすれば彼らに敵意を抱かせる結果にもなりかねないため、メリッサはジャックの男気と50%の可能性に賭けることにしたのです。

「スダバックっていう街で会いましょう」

苦笑いを浮かべながらジャックに手を振り返すメリッサ。

その後ろでは、ジャックの態度を見て彼の想いを悟ったユーリとナインが不愉快そうな表情を浮かべてジャックを睨んでいました。

神の怒り

ロビーの張ったテレポート用の魔法陣を目指し、狼人間の森の中を歩き続けるメリッサ達4人。

メリッサはその間、対魔物戦の準備が順調に進んでいるはずなのに、何故か得体のしれない不安を拭えずにいられませんでした。

一行の最後尾を歩いていたヨナは、ふと背後に何かの気配を感じて即座に立ち止まって振り返ります。

けれども、そこには誰もおらず、鬱蒼と茂る木々だけがヨナの前に広がっていました。

「何してるの?ヨナ!早く行くわよ!」

メリッサに声をかけられたヨナは、自分の気のせいだったのだろうと思い直して再び歩き始めました。

しかしその時、狼人間の森を抜けようとするメリッサ達一行の後ろ姿を、鬼の形相を浮かべた神が遥か上空から見下ろしていたのです。

あぁ……崩れてきている……。
私の言うことを聞いていた従順なヒロインが壊れた……。
私が用意した物語が……私が決めたエンディングが全て台無しだ……!

怒りに震える神は、自分の手を離れてしまった物語に存在価値など無いと考えるようになっていました。

今回の物語はゴミ箱行きだ……。
全て壊して一から始めよう……。

非情な決断を下した神は、ゆっくりとその場から姿を消しました。

その後、ロビーのテレポート魔法でエリザベス邸に戻り、自室でのんびりお茶を飲んでいたユーリは、一つの違和感を覚えていました。

事あるごとに自分に干渉してきた運命の神からの囁き声が、突然嘘のようにピタッと止まったのです。

ユーリは不気味なほど透き通った静寂の世界に、強い戸惑いを覚えずにいられませんでした。

解かれた封印

一方、ポジェブラト邸に戻ったメリッサは、庭園でナインと共に今後の作戦を話し合っていました。

魔物が復活するまでまだ十分に日数があるから、今のうちに物資と兵力をスダバックの街に送っておこうと語るメリッサ。

ところがその時、血相を変えた一人の侍女が駆け寄ってきて、衝撃的な事実が語られます。

「お嬢様!大変です!ま……魔物が封印を破って出てきたそうです……!」

……嘘でしょ……!?展開が……小説より早すぎる……!

その頃スダバックの街では、突如上空を暗雲が覆い、不気味な雷鳴と共に巨大な黒穴から怪しい影が出現していました。

獰猛な双翼を広げて人間に襲いかかる竜。
体をくねらせながら這い寄る禍々しい蛇。
無数の目を体中に宿したおぞましい肉塊。

異形の怪物たちの侵攻と共にけたたましい悲鳴が街中に広がり、スダバックは地獄絵図と化していたのです。

油断していた私がバカだったわ……!
ユーリさんの誘拐事件の時みたいに、時期が早まる可能性だってあったのに……!

メリッサは大急ぎで部下を集め、出撃用の馬車を手配させました。

しかし、用意してあった馬車は現在外出中のポジェブラト公爵が利用中。
肝心な時に馬車が出払っていて、整備に時間がかかるとのこと。

困ったメリッサは、とりあえず使えそうな馬だけでも連れてくるようにと指示しました。

集う仲間たち

ちょうどそこに、邸内の騒ぎを聞きつけたカルティーナ師匠がやって来ます。

彼女を巻き込むわけにはいかないと思ったメリッサは、現在とある都市が魔物に襲撃されていて危険なので早く避難してほしいと伝えました。

しかし、それを聞いたカルティーナは逃げるどころか、ニヤッと不敵に笑ってその場に佇みます。

「何をおっしゃるのですか 危ないのなら、なおさら私が行かないと」

思わぬ仲間を手に入れたメリッサは「さすが師匠!」と微笑み、彼女の同行を大歓迎しました。

二人がそんなやり取りをしていた時、ナインが急いで整備した馬をメリッサの前に連れてきます。

メリッサが馬の手綱に手を伸ばそうとした瞬間、近くの馬小屋から突然大きな馬声があがりました。

ビックリして振り返ってみると、なんとそこには得意げな表情で鼻息を荒げるハラグロの姿が!

ハラグロはメリッサの目をジッと見つめ、無言のメッセージを送ってきました。

おいおい、人間よ……。
まさかこの一大事に、私を置いていこうというのではあるまいな……?
この邸で一番速い馬が誰なのか……お前が一番よく知っているはずだろう……!?

なぜ馬の気持ちが分かるのか不思議でしたが、ハラグロのかざす正論に対して返す言葉がありません。

現在魔物が襲撃しているスダバックは、ユーリの暮らすリプトンに近い都市。

実はこの世界の聖ヒロインであるユーリには、前世で魔物たちを封印した大魔術師の生まれ変わりだという裏設定があり、封印から目覚めた魔物たちが強い敵対心を抱いている存在なのです。

復活した魔物たちはスダバックからリプトンに向かって侵略を開始し、真っ先にユーリの命を狙うはず。

そして、ピンチに追いやられたヒロインを救うべく、4人の男主人公達が大活躍する恋愛小説のお約束的展開が繰り広げられるわけです。

しかし……。

イアンの軍隊は応援要請を出したばかりで返事も来ていない状況。
ジャックは魔物の封印が解けるのは1週間後だと思っているから来るはずもなし。
ジェイクはいつものごとく行方不明で、ピーコックに至っては牢屋の中。

自分だけでも今すぐユーリのもとに駆けつけなければならないため、メリッサには悠長な事を言っている余裕はありません。

腹をくくったメリッサは、ナインの用意してくれた馬をカルティーナ用に回し、自分はハラグロに乗ることにします。

ふと横を見ると、すでにヨナも自分用の馬に乗っていて出発の準備を整えていました。

頼れる仲間たちが集結し、さっきまで狼狽していたメリッサの顔つきが力強い表情に変わります。

決戦の地へ

「あとはナインね!」

ナインの肩に手を回したメリッサは、正体がバレないよう皆が出発した後で狼に変身して追いかけてきてほしいと耳打ちしました。

「スダバックで落ち合いましょう」

メリッサに優しく頭をナデナデされ、ナインの顔つきが甘える子犬のように穏やかな表情に変わります。

「お怪我なさいませんよう、くれぐれもお気をつけて」

「もちろんよ!これでも私って結構自分のこと大事にしてるんだから!」

これまでの経験からナインの心配性を嫌というほど思い知らされているメリッサは、彼の言葉に明るく相槌を打ちます。

すると、ニッコリ微笑んだナインがメリッサの手をそっと握り締め、優しい眼差しを向けながら言いました。

「メリッサ様の無事を誰よりも願っているのは僕ですからね……どうかご無事で……」

絶世のイケメンに愛嬌たっぷりのスマイルを捧げられ、思わず心臓が止まりそうなほどの胸キュンを覚えてしてしまうメリッサ。

顔を真っ赤にして恥ずかしがりつつも、気合満点の表情でハラグロの背中に飛び乗ります。

「じゃあ行ってくるわ!後で必ず会いましょ!」

威勢の良い掛け声と共に、メリッサ・ヨナ・カルティーナの3名が馬を走らせてスダバックの街へ出発しました。

その場にたたずみ、彼女達の後ろ姿を静かに見守っていたナインは、何故だか妙な胸騒ぎを覚えてしまいます。

これまでどんな困難をも乗り越えてきたメリッサでさえ太刀打ちできないほど、何か途轍もない不幸が起きてしまうのではないかと想像してしまう嫌な予感が……。

そして皮肉にもナインの予想通り、この世界の未来をつかさどる運命の車輪が、メリッサを中心に不気味な音を立てて回り始めようとしていました。

さぁ……エンディングの時間だ……!

邪悪な笑みを浮かべた神が忽然と姿を現し、メリッサ達を悠然と見下ろしている所で第79話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「その悪女に気をつけてください」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

79話を読んだ感想

予想外のキャラクターの介入により、魔物戦を巡るストーリー展開ががぜん盛り上がってきましたね。

ミゼンとの共闘交渉が難航する中、意外な形でメリッサに助け舟を出してくれたジャック。

以前は一対一でミゼンにコテンパンに叩きのめされた彼ですが、いつの間にか互角に張り合えるほど力を付けていたのは驚きでした。

きっと、ジャックがミゼンの決定に横槍を入れたのは、首長の座を狙う狼人間としてのプライドだけでなく、ひそかにメリッサを想う恋心も理由の一つだったのでしょう。

イアン、ジェイク、ジャック、3人の男主人公達にサポートされているメリッサは、ある意味ユーリよりも立派にヒロインしてますね。

これで獄中のピーコックも改心してメリッサを助けてくれるようになったら、最高の展開と言えるのではないでしょうか。

しかし、対魔物戦の仲間集めに奔走するメリッサの前に現れた運命の神は、そうやすやすと彼女の計画を許してはくれなそうです。

メリッサのせいで自分の思い通りにならなくなってしまった世界を、一旦リセットしようと目論む恐るべき神。
その振る舞いは、絶対権力者ならではの傲慢さに満ち溢れています。

魔物を倒すだけでも一苦労なのに、その上この世界の神までもが敵に回ってしまったら、圧倒的に形勢不利です。

神と交信できるユーリとヨナがどんな説得を試みるのか、彼女達の活躍に期待したいですね。

はたして、怒りに燃える運命の神はこの世界にどんなエンディングをもたらそうとしているのでしょうか?

そして、メリッサ達は魔物との戦いに打ち勝ち、真の自由を取り戻す事が出来るのでしょうか?

クライマックスが迫り、第80話の続きの展開がますます楽しみになってきました!

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてください79話!まとめ

こちらでは79話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

その悪女に気をつけてください79話のまとめ
  • 無理に力で抑え込もうとすれば彼らに敵意を抱かせる結果にもなりかねないため、メリッサはジャックの男気と50%の可能性に賭けることにしたのだった。
  • 事あるごとに自分に干渉してきた運命の神からの囁き声が、突然嘘のようにピタッと止まったのだった。ユーリは不気味なほど透き通った静寂の世界に、強い戸惑いを覚えずにいられない様子。
  • 皮肉にもナインの予想通り、この世界の未来をつかさどる運命の車輪が、メリッサを中心に不気味な音を立てて回り始めようとしていた。