少女/女性漫画

その悪女に気をつけてくださいネタバレ80話!あらすじ感想!躍動するメリッサ

ピッコマ独占配信の人気コミック「その悪女に気をつけてください」。

「続きが気になる!」
「メリッサはどうなる?」

こちらでは「その悪女に気をつけてください80話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回までのあらすじ

前回は、ジャックからの思わぬ援護により、難航していたミゼンとの共闘交渉が好転し始めました。

賛成派のジャックと反対派のミゼンの意見は依然として対立したままでしたが、W首長の片割れであるジャックが味方に付いてくれたのは願ってもないチャンス。

ジャックの男気に期待したメリッサは、魔物が目覚める1週間後までに結論をまとめてほしいと言い残してフォトン家の城を後にします。

ところが、この世界の筋書きを勝手に書き換え続けるメリッサの行動に激昂した神が、自分の思い通りにならない「ストーリー」を遂に破棄する事を決意。

予定より遥かに早く封印が解かれ、リプトンに程近いスダバックの街が大量の魔物たちに襲撃され始めてしまいます。

原作の小説通りなら、大昔に魔物たちを封印した大魔術師の生まれ変わりであるユーリに魔の手が忍び寄るものの、4人の男主人公たちの活躍によって制圧される展開になるはず。

しかし、4人の男主人公たちは揃いも揃って当てにならない現状であり、もはや彼女を助けられるのはメリッサしかいません。

一刻も早く現地に辿り着くため、凶暴馬ハラグロに乗ったメリッサはヨナ・カルティーナと共にスダバックへ急行しました。

その悪女に気をつけてください80話のネタバレ

炎上する街

狼に変身してスダバックの街へ向かっていたナインは、これまでずっと傍で見てきたメリッサの壮絶な努力の日々を思い返していました。

カルティーナ師匠との猛特訓を経て、彼女の剣術の腕前は急激に飛躍。
今や、覚醒したナインとも互角に渡り合えるほどの実力者に成長しました。

そんな彼女なら、復活した魔物が相手でも簡単にやられるわけがない。

ナインは道中で自分に襲いかかってくる魔物を蹴散らしながら、メリッサの無事をひたすら願い続けていました。

しばらく疾走してようやくスダバックの街に着いたナインは、再び人間の姿に戻って体を起こします。

高台に立って崖下を見渡すと、そこに広がるのは地獄絵図と化した街並みでした。

すでに無数の魔物たちの襲撃を受けた街の方方から火の手が上がっていて、多くの建物が無残にも瓦解しています。

路上には怪我をして泣き叫んでいる町民の姿もあり、心を痛めたナインは彼らの救出を優先する事にしました。

想像以上にひどい状況だ……!
メリッサ様……どうかご無事で……!

ナインは全速力で高台から駆け下り、燃え盛る戦場と化した街の中を疾走しました。

絶望的な戦い

一方その頃、カルティーナやヨナと別れて単独行動していたメリッサは、スダバックの東区域で魔物たちと激闘を繰り広げていました。

路地裏に追い詰められ、抱き合ったまま悲鳴をあげる母子に襲いかかる異形の怪物。

間一髪のタイミングで駆けつけたメリッサが聖剣を勢いよく振り下ろすと、大口を開けた魔物の体が真っ二つに裂けて飛散しました。

「この近くに避難所があります!早くそちらへ!」

メリッサに命を救われた母子は、涙ながらにお礼を言いながら避難所に向かって駆け出しました。

二人の無事を確認すると、メリッサは再び聖剣を持つ手に力を入れて魔物たちとの戦闘に挑みます。

一匹一匹の戦闘力は大したことないものの、あまりにも数が多すぎてメリッサ一人ではとても全ての町民を守りきれる状況ではありません。

スダバックに着いた時、ポジェブラト邸に戻ってジェイクを連れてくるようハラグロに指示しておいたものの、援軍の到着が間に合う保証は一切なし。

どう考えても圧倒的に分が悪い戦況ですが、一つ息を吐いたメリッサは、あれこれ迷うのをやめる事にしました。

今は悩んでる場合じゃないわ……自分に出来る事からやっていくしかない……!

勢いよくジャンプして空中の魔物たちを切り落としたメリッサは、そのまま家屋の屋根の上に飛び乗りました。

次の瞬間、身の毛がよだつような轟音がどこからともなく響き渡り、メリッサの表情がにわかに強張ります。

顔を上げると、上空に広がる真っ黒な穴から閃光がほとばしり、巨大な獣の蹄のようなものが伸びてくるのが見えました。

さらに、頭部一つだけで十数メートルはあろうかという巨大な蛇の頭も3つ同時に出現し、地獄の街に影を落とします。

「……嘘でしょ……」

その光景を目の当たりにした町民達は、あまりの絶望で逃げる気力さえ失ってしまい、呆然とその場に立ち尽くす事しか出来ません。

そして、さっきまで勇猛果敢に戦っていたメリッサも、想定外の巨大な怪物と対峙して思わず息を呑んでしまいました。

疾風の如く

スダバックの街に着いたナインは、魔物に攻撃されて負傷した怪我人たちの応急手当に専念していました。

幸い、多くの町民は命に別条ない容態だったものの、ポジェブラト家の馬車を呼んで怪我人たちを避難所に移動させているうちに、予想以上の時間を要してしまいます。

早くメリッサ様と落ち合わなければ……。

一通りの手当を終えたナインは、焦る気持ちを抑えながら街の中心部へ向かおうとしました。

ちょうどその時、街の中心部の方から血相を変えた母子が走ってくるのがナインの目に飛び込んできます。

「誰か助けてください!大変なんです!」

驚いたナインが対応すると、母親は激しく息を切らしながら、自分たちを助けてくれた命の恩人が窮地に陥っていると説明しました。

「茶髪の女性剣士様が、お一人で巨大な怪物と戦っているんです!」

その言葉を聞いた瞬間、メリッサの危機を察したナインが疾風のようなスピードで街の中心部へ向かって駆け出します。

「早くあの方を助けないと大変なことに……あら?」

そのスピードは常人の目で追えるものではなく、母親にはナインが突然消えたように感じられていました。

メリッサ様……!メリッサ様……!!メリッサ様……!!!

息をするのも忘れるほど全速力で走り続け、東区域の交戦地点へ急ぐナイン。
心臓の鼓動が尋常でないほど高鳴り、極度の不安で心が押しつぶされそうになります。

そして現場に到着したナインは、衝撃的な光景を目の当たりにして、大きく目を見開いたまま固まってしまいました。

僕のヒーロー

ナインの目に映ったのは、華麗に宙を舞うメリッサが巨大な蛇の脳天に聖剣を打ち込む姿でした。

3頭のうち二つが撃破され、残る頭部は一つのみ。

怒り狂った巨大な蛇が奇声をあげて襲いかかるも、メリッサは素早くその攻撃を回避し、逆に胴体にカウンターの一撃を見舞います。

まるで彼女のために用意された舞台で、剣舞を舞っているかのような鮮やかな動き。

その光景を目撃したナインの脳裏に、かつてメリッサから言われたセリフが蘇ります。

貴方は私が必ず守ってあげる……。

普通の人間なら見ただけで戦意を失いかねない不気味な怪物を相手に、たった一人で勇壮に戦い続けているメリッサ。

ナインは今になってようやく、彼女の言葉が大げさでも何でもなかったのだと悟りました。

大きく跳躍したメリッサが3つ目の頭部にとどめの一撃を振り下ろすと、崩れ落ちた巨大な蛇の体が粉々に飛散していきます。

ナインは剣を構えてたたずむ彼女の偉大な後ろ姿を呆然と見つめたまま、言葉を紡げないほどの高揚感に包まれていました。

本当は、「何かを守ろうとする貴女を僕が守ります」と言いたかったのに、そんな事を言えないくらい強くて愛しいメリッサ様……。

貴女は僕にとって愛すべき人であり、僕のヒーローそのものです……。

戦闘を終えてゆっくりと振り返ったメリッサは、ナインの到着に気づくと満面の笑顔に変わりました。

ナインもニッコリ微笑みながら彼女のもとに歩み寄り、無事の再会を心から喜びます。

誰よりも強く、自分の道を切り開く僕の主……。
貴女がすべての願いを叶えられるよう、僕は貴女の進む道を信じて付いていきます……。

そっとメリッサの手を取ったナインが、彼女に対して抱く敬愛の念を再認識した所で第80話は終了しました。

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてくださいを無料で読めるか調査した結果

「その悪女に気をつけてください」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「その悪女に気をつけてください」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

80話を読んだ感想

今回はメリッサの大活躍が繰り広げられたバトル回でしたね。

1話まるごと濃厚なアクションシーンが展開されていて、本作品が恋愛ものである事を完全に忘れてしまうほどの迫力でした。

特に驚いたのが、上空から出現した巨大な蛇の化け物をメリッサが一人で倒してしまった場面です。

どうあがいても勝ち目のない敵にしか見えず、ドラゴンボールのナメック星編でフリーザの戦闘力が53万だと明らかになった時のような絶望感を覚えました。

しかし、そんな強敵をも一刀両断にしてしまったメリッサ。

数々の修羅場をくぐり抜ける中で、彼女がこれだけ強くなっていたとは衝撃的でした。

守るべき存在ではなく、憧れる対象としてナインがメリッサに恋い焦がれる気持ちがよく分かります。

この分なら援軍を待たなくても、メリッサ達だけで魔物を一掃できるかもしれませんね。

メリッサとナインが無事に合流できたのは良かったものの、気になるのはこの戦いに同行してくれた仲間たちの行方です。

凄腕剣士のカルティーナや聖物を操れるヨナが不覚を取るとは思えませんが、この世界の運命をつかさどる神ですらもが敵に回っている現状、スダバックの戦場で何が起きても不思議ではありません。

今後、もっと強大な魔物が出現する可能性もありそうです。

はたして、他の地域を担当しているカルティーナやヨナ達は無事なのでしょうか?

第81話の展開も要チェックですね!

<前話 全話一覧 次話>

その悪女に気をつけてください80話!まとめ

こちらでは80話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

その悪女に気をつけてください80話のまとめ
  • 無数の魔物たちの襲撃を受けた街の方方から火の手が上がっていて、多くの建物が無残にも瓦解。路上には怪我をして泣き叫んでいる町民の姿もあり、心を痛めたナインは彼らの救出を優先する事にした。
  • 息をするのも忘れるほど全速力で走り続け、東区域の交戦地点へ急ぐナイン。心臓の鼓動が尋常でないほど高鳴り、極度の不安で心が押しつぶされそうになるのだった。
  • ニッコリ微笑みながら彼女のもとに歩み寄り、無事の再会を心から喜ぶナイン。誰よりも強く、自分の道を切り開く僕の主……。貴女がすべての願いを叶えられるよう、僕は貴女の進む道を信じて付いていきます……。とメリッサの手を取るのだった。