少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ142話!あらすじ感想!美優の神聖力の秘密

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは142話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

大神官はアリスティアと陛下が、同じお願いをされていたと答えました。

自分たちも神官なので教団が崩壊しそうなことを心配していましたが、処分を自分に任せてくれる代わりに、アリスティアに祝福をあげてほしいと言われていたのです。

アリスティアは陛下の愛を感じました。

 

夜の町で、血を流して倒れているカルセイン・・・何が起きているのでしょう?

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

捨てられた皇妃142話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃 第 142話のあらすじをお伝えします。

ミルワー侯爵ではなかった・・・!?

ミルワー侯爵が、剣を振り上げたので・・・美優がカルセイン危ない!と叫びました。

しかしミルワー侯爵が斬ったのは、フードを目深にかぶった男たち・・・。

私たちを守ってくれたの・・・!?アリスティアは驚いています。

一体どうして・・・!?

 

その時、動くな!と陛下の声がしました。

白馬にのって現れ・・・全員剣を捨て下がれ!と命じます。

お前たちは包囲されている・・・逃げようとしても無駄だと告げると、失敗だ、退散するぞと逃げようする男たちを追え、反逆者を取り逃がすな!

 

これは夢だろうかと思うアリスティア・・・陛下がここまで来てくれるなんて・・・助かったと思うアリスティア。

カルセイン!しっかりして!

どうしてここに来たのよ!というアリスティア。

大声を出せるということは、アリスティアは無傷のようだな・・・よかった間に合って・・・というとカルセインは意識を失ってしまいました。

美優の神聖力は人間は効かない・・・!?

アリスティアは美優の両肩をつかんで、ゼナ公爵令嬢!お願いです・・・カルセイン卿を助けてください!というと、無理よと言われます。

あんたをかばって怪我をしたのよ!?無理ってどうして!!

いい加減にしなさいよ!というアリスティア。

 

美優のこらえていた涙があふれてきます。

私だって助けたいわよ!!でもできないの!

私の神聖力は・・・人には効かないの・・・。

アリスティアは驚いて・・・それはどういうこと・・・それならカルセインはどうなるの!?といいました。

アリスティアの剣幕に・・・ビクッとする美優。

 

嘘でしょ・・・。

こんな風にカルセインを失うわけにはいかないわ・・・!!

どうすればいいの・・・!アリスティアは動揺しています。

父に大丈夫だから、落ち着きなさいと言われます。

皇宮医も、出血により気を失いましたが応急処置は施しましたので、大神官様が見えるまで持ちこたえられるはずです・・・あまりご心配なさらないでくださいと言われました。

 

カルセインの顔を見て、安心するアリスティア。

もう少しの辛抱だからねと話しかけます。

アリスティアが刺された・・・!?

アリスティアのところに負傷した騎士がやってきました。

この人はたしか第4騎士団の・・・スピア卿。

ご無事でよかったですと言われたので、スピア卿もご無事で何よりです・・・止血しましょう。

もう少しで大神官様がお見えになりますと告げると、そうですか・・・それでは急がないといけませんねと言い、アリスティアの胸に剣を刺しました。

こんな手に引っかかるとはなんて愚かなんだ・・・死ね。

ポタポタと血が流れだし・・・アリスティアはその場に倒れてしまいます。

 

スピア卿、なんてことを!

陛下と父がすぐさま駆けつけてきました。

周りにいた人に取り押さえられているスピア卿・・・それでもアリスティアの血が付いた剣を振りかざして、モニーク一族は呪われてしまえばいいんだ!と叫びます。

駆けつけた陛下はアリスティアに・・・!?

アリスティアを抱きかかえ、動くなと言い・・・皇宮医早く止血を・・・。

陛下・・・急所が刺されてしまっており出血が止まりません。

美優は驚いています。

 

何を言っている!何が何でも助けるのだ!

雨も降ってきているにもかかわらず、陛下はアリスティアにしっかりしろ!と声を掛けます。

返事はしなくていいから、気をたしかに持つのだぞ!

アリスティアは意識が薄れていく中で、陛下との会話を思い出しています。

 

侮辱を受けても・・・反発すらしないほど君は僕が嫌いなのか?

ありのままを見てくれないか?

どうかすべてを諦めないでくれ・・・。

陛下は取り乱して叫びます。

大神官!大神官はまだか!早くアリスティアを助けてくれ!

陛下落ち着かれてください!

 

アリスティアに大神官がすぐ来る・・・君が望むものはなんだってやるから、あともう少し頑張れ。

君の望み通り、家を継がせてやるし・・・皇室との繋がりも断ち切ってやる・・・僕の顔が見たくなければ、もう二度と君の前には現れない・・・君は僕の全てだ・・・君を失えばぼくはどうやって生きていけばいいのだ・・・涙を流す陛下。

 

アリスティアは私をこんなにも思ってくれているあなたに、私はいつも感謝を伝えるどころか謝ってばかりいた・・・傷つけてばかりでごめんなさいと目を閉じました。

陛下はどうか目を開けてくれ!

きっと守れない約束だけど、もし巡り逢えれば・・・その時は必ず・・・

 

捨てられた皇妃 第 142話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

狙われていたのがアリスティアだったなんて!

急所を刺されて出血が止まらなくなっています。

アリスティアは大丈夫なのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

142話を読んだ感想

捨てられた皇妃 第 142話の感想をお伝えします。

美優をかばって、カルセインが刺されてしまいました。

美優に助けてとお願いしても・・・美優の神聖力は、人間には効かなかったのです。

アリスティアが見かけたのもお花が咲くところでしたね。

 

その後に騎士団の人だと思っていたスピア卿に、アリスティアは刺されてしまいます。

モニーク一族に何か恨みでもあるのでしょうか?

 

駆けつけた陛下はずっと声をかけ続けます。

陛下の気持ちが痛いほど伝わってきます。

生きていてくれさえいればという、純粋な愛なのでしょう。

 

こんな時、美優の神聖力は使えないのでしょうか。

アリスティアと美優は特別なつながりがあるような気がします。

二人とも前世からの繋がりで・・・しかもどちらも陛下と関係があるという・・・。

 

このままでは、大神官が到着するのでアリスティアの命が奪われてしまうかもしれません。

なんとしてでも生きていてもらわなければ・・・。

アリスティアの願いも、陛下の願いも叶えばいいのですが・・・。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃ネタバレ142話!まとめ

こちらでは142話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 142話のまとめ
  • カルセインは意識が気を失ってしまった。
  • 美優の力は人間には使う事が出来ない。
  • スピア卿がアリスティアを刺した。