少女/女性漫画

捨てられた皇妃ネタバレ143話!あらすじ感想!意識が戻ったアリスティア

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは143話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

美優をかばって負傷したカルセインのことを助けてとお願いしましたが、美優は自分の神聖力は人間には効かないのだと・・・。

 

アリスティアに声をかけた兵士がいました。

スピア卿で、肩を負傷しています・・・もう少しで大神官が来るからというと、ではその前に終わらせないとといい、アリスティアの胸を剣で刺しました。

 

そこに陛下と父が駆けつけます・・・取り乱している陛下。

アリスティアの名前を呼び続けますが・・・!?

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

捨てられた皇妃143話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃 第 143話のあらすじをお伝えします。

意識が戻ったアリスティアは・・・!?

アリスティアの意識が戻りました。

部屋の中を見回すと、そこは皇宮でした。

慌てて起き上がるアリスティア。

まさか時を遡ったのも、これまでのこともすべて・・・夢なのか・・・と思った時、カーテンを開けて父が入ってきました。

アリスティアを抱きしめると、気が付いたのかと言い・・・アリスティアもこの六年間が夢や幻ではなかったのだと思いました。

 

家を継ぐという意思に変わりはないのか?

実は私は陛下のことをよく思っていなかった・・・お前も知っているとおり温かいお方ではなかった。

主君としては申し分のないお方だけれど、お前を嫁がせることに関しては気が引けたのだ。

だが、私の目にはおまえが、必死に陛下への想いを閉ざそうとしているように見える。

 

私はアリスティアがどんな答えを出しても応援する。

だからお前が望む道を選びなさい。

本当の気持ちを陛下に伝えて・・・!?

パパの笑顔を見て、陛下へ向かいました。

もう起き上がってもいいのか・・・今取り調べを行っている。

襲撃者を二人逮捕したから、黒幕の正体はすぐにわかるはずだ。

胸に矢を受け死亡した・・・見習い騎士以外は全員無事だ。

アリスティアは陛下が少しもこっちを見てくれないと・・・。

 

破婚届は、宰相に渡してあるから、今日中に受理されることだろう・・・だからもう君は自由だ。

アリスティアは陛下と呼びながら手を伸ばしました。

そして陛下を優しく抱きしめました。

 

あの日息絶えそうになっていた時、最期だけでも陛下の腕の中で・・・迎えられたことを幸せに思いましたと伝えたのです。

そして後悔しました・・・もっと早く気づけていたらどれほどよかったかと・・・僕の聞き間違いか?と言って陛下は跪きました。

君も僕と同じ思いだということか・・・。

アリスティアは微笑み頷きました。

 

陛下は愛おしそうにアリスティアを抱きしめると、同じ空の下生きていければそれでいいと・・・。

遠くから見守ることができればそれでいいと、君さえ助かれば他に何も望むものはないと願ったのに‥・ありがとうございます神よとお礼を言いました。

真犯人はゼナ公爵で・・・!?

アリスティアが眠っていた時のことを、ベリータ公爵が話してくださった。

資格を送ったのは、予想通りゼナ公爵だということ。

ミルワー侯爵が私たちの味方になったこと。

ゼナ公爵が毒殺を支持した書類が手に入ったこと。

 

私を狙った殺人計画があったことを美優が証言してくれることになったこと。

そして私を助けてくれたのが、美優だったということ。

美優はどうして私のことを助けてくれたのだろうか?

大神官が庭園で、私が到着したとき・・・フィオニア様はすでに回復の見込みのない状態でした。

生命力が底をつき・・・脈も極めて弱い状態だったのです。

私ですら諦めたその時、グラスペ様の神聖力を感じました。

 

これまで一度しか見たことのない・・・それはそれは濃く強い神聖力でした。

アリスティアは美優の神聖力は人には効かないのではないかと・・・まさか「願い」を使ったの?

私のために・・・?

それから騎士スピアは亡くなったそうです。

スピア卿はゼナ一族の傘下の商団の娘に思いを寄せていましたが、アリスティアが商団を摘発したことで、その娘が遠くに嫁いでしまったため・・・怒りの矛先をアリスティアに向けたようでした。

 

成人式の日、アリスティアの馬の手綱とむながいを切ったのもスピア卿だったというので、あの日陛下に会えていなかったら・・・命がなかったかもしれない。

裁判が始まり・・・!?

そしてついにミルワー侯爵とゼナ公爵の裁判が始まりました。

ミルワー侯爵は、ほう助しただけで指揮したのではないと・・・一連の事件の首謀者は・・・ゼナ公爵です。

ミルワー侯爵は首都に来たばかりの頃に、ゼナ公爵から圧力をかけられていたこと。

系派内での立場もあって、ゼナ公爵と手を組むしかなかったこと。

ゼナ公爵に私の毒殺を支持されたことまで、供述しました。

 

彼はあらゆる手を使って、公爵を止めようとしましたが、公爵はそれを無視して私と陛下に毒を盛る計画を強行して、計画に従わなければ罪を着せるとミルワー侯爵を脅したと言います。

ゼナ公爵は陛下に、あの者は嘘ばかり並べておりますと言いました。

その反応は予想通りで・・・他の者たちも発言しましたがゼナ公爵は、その者たちは皆うそをついていると頑なに容疑を否認しました。

 

もし毒殺計画に気づけず今もなお毒を盛られていたら?

そのまま美優が皇后となり、跡継ぎを産んでいたら・・・?

公爵が帝国を手中に収めることができたかもしれない。

 

ゼナ公爵が首謀者であることを指し示す文書もあり、皇帝陛下に毒を盛る計画が書かれていました。

証拠はあるのかというゼナ公爵。

ゼナ公爵邸の隠し金庫から同じ文様の印が見つかっていました。

この帝国から消えてもらおうと言われて、ゼナ公爵は倒れてしまいます。

判決が下り・・・!?

 

捨てられた皇妃 第 143話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

アリスティあの命を助けてくれたのは美優でした。

陛下にも本当の気持ちを伝えたアリスティアは・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

143話を読んだ感想

捨てられた皇妃 第 143話の感想をお伝えします。

ようやく本当の気持ちを陛下に伝えることができたアリスティア。

陛下も変わっていたのですね。

 

ゼナ公爵が全ての主犯であったこともわかりました。

美優はどうして、今まで出したことのないような神聖力話出すことができたのでしょうか?

前世からの不思議な縁なのかもしれませんね。

 

もしかしたらゼナ公爵に潜入して様子をうかがっていたのかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃ネタバレ143話!まとめ

こちらでは143話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 143話のまとめ
  • 目を覚ましたアリスティアは六年間の事が夢だったのではないか?と思ったが、そうではなかった。
  • 陛下は自分と同じ思いだと知ると愛おしそうにアリスティアを抱きしめた。
  • 助けてくれたのが、美優だったことを知った。
  • 一連の事件の首謀者は・・・ゼナ公爵。