少女/女性漫画

【最新話】捨てられた皇妃ネタバレ145話!あらすじ感想!血の誓い・・

前世を知っている「捨てられた皇妃」。

アリスティアの周りで何が起こるどんな展開が待っている

こちらでは145話の展開・あらすじをご紹介します。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

美優のことが嫌いだったと伝えたアリスティア・・・すべてを奪われたから・・・。

美優を置いていなくなってしまった陛下を美優は恨んでいました。

結局、神の愛も陛下の心もアリスティアものだったと・・・。

陛下とアリスティアは美優を逃がすことにしました。

捨てられた皇妃145話のあらすじネタバレ

捨てられた皇妃 第145話・最終回のあらすじをお伝えします。

カルセインとの別れ

アリスティアはカルセインと昔のことを思い出し、懐かしいと話していました。

あの時の約束を覚えているかとカルセインが尋ねると、二日ほど時間を作るという約束ねと答えます。

するとカルセインはもうそれはいいと告げました。

カルセインの母上が話してくれたことがあって、初めは父上のことが好きだったわけではないけれど、一緒にいると心が落ち着くし・・・楽しかったから結婚を決めたんだって。

それで気づいたのが、炎のように燃え上がる思いではなくても・・・水の流れのような穏やかな愛もあるということに。

カルセインもそういう恋に憧れたのだと・・・父上のように燃える恋をして、母上の話していた穏やかな愛をもらうことができたら。

 

あのススキ畑を覚えているかとアリスティアに尋ねました。

領地からの帰りに通ったところです。

アリスティアももちろん覚えていました。

あの日の景色を忘れるわけがありません。

実は、もう一回お前とあそこに行きたかった・・・話したいこともあったから・・・でももう話す必要がなくなったと笑顔で話すカルセイン。

戸惑っているアリスティアを、遅くなってしまったので馬車まで送る・・・雨もやんだし、閣下も心配するからとカルセインは言いました。

 

アリスティアはどうしてなのか、突き放されるような気分になっています。

またね、カルセインというと‥・元気でなアリスティアという言葉が返ってきました。

カルセインが今、アリスティアに別れを告げていることを知ってしまいます。

気持ちの整理をしているのだと・・・。

それなら私も振り返ってはいけない・・・アリスティアは心の中で別れを告げました。

寂しそうな父

これまでご苦労だったというアリスティアの父。

ありがとうございます、団長とアリスティア。

印鑑を押しながら・・・父はずっと騎士にはなってほしくないと思っていたけれど、いざこの子を迎えると寂しいものだ、

ごめんなさい、私ももう少し続けていたかったのだけれどと謝るアリスティア。

父は微笑んで、謝ることはない・・・私はアリスティアが幸せならばさそれが一番なのだと。

 

父は皇室と交渉し、決定したことを教えてくれた。

アリスティアが皇后になっても、モニーク家の後継ぎのままでいていいということ、パパがピタの元に旅立っても爵位は私に継承されるということ。

これによってモニーク家の財産は、いずれアリスティアのものになり、五日皇太子を除いた銀髪の子供の中から一人に爵位を継承させることができれば、モニーク一族の血は受け継がれていくのです。

言い換えると、アリスティアは皇后であると同時に、未来のモニーク侯爵として家のことを決定する独立的な権限を持てるということ。

 

ミルワー侯爵は判決によって序列が公爵の中の最下位になりました。

爵位に変化はありませんが、たくさんのペナルティが課せられました。

それでもミルワー侯爵は判決に満足しているようです。

一連の出来事によって、貴族派にいい印象はないかもしれません。

しかしお願いしたいのはあくまで一部の人間がした過ちということを心に留めておいていただけないでしょうか?

私たち貴族派も帝国のためにここにいるのです。

 

考え方の違いはあるけれど、皇帝派も貴族派もより良い国を作るためにいるのです。

しかしそのことを忘れてしまった一部の者たちにより、本来の目的が失われてしまったけれど、これからは良心のある人が牽引してるはず。

そうなってくれれば帝国は安定していってくれるでしょう。

死刑執行

死刑執行の日、アリスティアは前世の自分のことを思い出して直視することができません。

大丈夫か・・・隣に座っている陛下が声をかけると、アリスティアは力強く頷きました。

調査をしている途中でわかったこともありました。

モニーク一族が帝国一の忠臣と言われる前は、ゼナ一族がそう言われていました。

けれども血の誓いによって絶対的な信頼関係築かれたことで、ゼナ一族と皇室の間に溝ができてしまい、ゼナ一族は貴族派になってしまいました。

ゼナ一族がむき出しにしてきた私たちへの敵意も、理解できないことはないけど、ゼナ一族は道から外れてしまったのです。

 

神様が私の時間を巻き戻したのは、そのためだったのかもしれません。

公爵の欲望によって、奪われていく罪のない命を救うため・・・。

処刑台でギロチンにかけられ・・・地獄でお前たちを・と叫びながらゼナ公爵の首が切りおとされました。

大神官がとてもよくしてくれたのは・・・!?

大神官を訪ねたアリスティア。

大神官が幼いころ、ビタを訪ねてきた女性がいました。

その女性から母親を治してほしいとお願いされましたが、神官は寄付金を出すことができない人に神聖力をを使ってはいけないと言われていたので、背を向けてしまったのです。

数日後、その女性は再度やってきて・・・大神官のせいで母が亡くなったと怒りをつけてきました。

その女性がのちのアリスティアの母で・・・そのことが原因で大神官のことをとても恨んでいました。

その後許してもらうことはできましたが、大神官の罪の意識は消えませんでした。

だから今回、やっと少しは罪滅ぼしをできたような気がしているのです。

 

アリスティアはだから自分にとてもよくしてくれたのだと気が付きました。

一つ教えてください・・・神に選ばれし子により、たくさんの人の運命がゆがんだため、神が時間を修正するために巻き戻しをくれたのではないか。

運命はることのできない決定だからと神様は言うけれど、その運命を決めるのは誰なんだろう。

大神官は悩んで出した結論が答え・・・悩んだ経緯や結果のすべてが主神のお導きだとしか言えない・・・。

 

アリスティアはフィオニアという神の名前が与えられたからこそ、先のわからない大変な道を歩もうと思ったから、ビタによって授けられた名前のとおり運命を切り開いて行けると信じている。

この名前がなかったら、皇室とのつながりを断ち切っていたし、この名前がなかったら、彼に想われる事もなかったに違いありません。

たくさんの銀色の花が咲いている大きな木の下に、アリスティアと陛下がいました。

陛下はアリスティアに跪いて血の誓いをします。

 

血の誓いに驚くアリスティア。

だからどうか望みをかなえてくれ・・・命の灯が消えるその時まで君の傍を離れないこと。

二人で見つめ合いながら生きていきたい・・・。

アリスティアの答えは・・・。

 

捨てられた皇妃 第145話・最終回のあらすじをネタバレでお伝えしました。

カルセインとの別れはそうでしたが、アリスティアの気持ちは陛下に・・・。

母のことも少しわかってアリスティアも納得できましたね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃をお得に読む方法

「捨てられた皇妃」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

145話を読んだ感想

捨てられた皇妃 第145話・最終回の感想をお伝えします。

ようやく陛下とアリスティアが結ばれましたね。

過去に囚われたり、他の人が運命の人ではないかと考えたり・・・。

 

カルセインもっと見守ってくれていたのに、なんだか申し訳ないと思いますが・・・。

生まれ変わって、歴史も変えてしまったのだから、これから良い国にしていくのでしょう。

 

アリスティアはよかったけれど、果たして美優は生まれ変わって良くなったのでしょうか?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

捨てられた皇妃ネタバレ145話!まとめ

こちらでは145話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

捨てられた皇妃 145話のまとめ
  • カルセインと話をしてアリスティアは突き放されるような気分になっていた。
  • アリスティアは皇后であると同時に、未来のモニーク侯爵として家のことを決定する独立的な権限を持てるということとなった。
  • 公爵の欲望によって、奪われていく罪のない命を救うため神様が時間を巻き戻したのかもしれない・・。
  • 陛下はアリスティアに跪いて血の誓いをした。