少女/女性漫画

社内探偵ネタバレ17巻!あらすじ感想!町上、覚悟の告発!しかし・・・

社内では一体何が起こっているのか「社内探偵」。

視点が面白い話題の漫画

続きの気になっていた17巻を読んだので、さっそく展開・あらすじをご紹介したいと思います。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

前話のあらすじ

総務に異動してほしいと言われた久我。

真実に近づいた久我を遠ざけようとしているのか・・・。

町上を使って監視していたのではないですかというと、部長はむきになって・・・。

社内探偵17巻のあらすじネタバレ

社内探偵第17巻のあらすじをお伝えします。

町上の告発

町上は突然悪いのは全部三屋部長だからと言い出しました。

派遣を雇う必要はない、久我が人事部長に相応しいくらいなんだと。

久我が人事部長だなんて何の話をしているんだと高井も言います。

三屋は町上が久我を慕っているのは知っているけれど、この異動は会社のための方針なんだと。

 

それでも町上は違う・・・そういう話ではなくと言いますが、あとで二人で話そう・・・説明してあげるとなだめるように言う三屋。

会議も終わらせようとしています。

僕は飯田美和さんの不正昇格の承認を手伝いましたという町上。

その時からかかわっていたのかと思う久我。

なるべく久我の調査が混乱するように嘘情報を流したりした・・・高井が不正の黒幕だとか・・・それでも三屋は何も言いません。

山下の若林がパワハラをしたという告発も、三屋部長が仕組んだものだと・・・。

西は労務担当として告発者の情報は守るべきだと言いますが、町上は守る必要はない・・・パワハラはでっち上げの嘘で、若林はパワハラなんてしていないのだから。

 

三屋が山下に若林をパワハラで告発するようそそのかした、若林が邪魔になったからクビにしたくて濡れ衣を着せたのだと。

久我は、やはり山下は話を盛ったり噂話の的になったりするのを楽しんだだけではなかったと思ったのです。

山下がパワハラはでっち上げだという証拠を、久我が入手したらしいと部長に行ってきたから、町上はその証拠を消すために夜なかに不正ログインまでしようとした。

結局できずに終わったけれど・・・自分が汚れるだけならいいけれど、久我にまで被害が及ぶなんて間違っていると三屋に食って掛かっていきます。

それなのに三屋は落ち着いていて・・・町上がみんなの前で爆発をしたのに余裕な態度で、話をすり替えようとしています。

そしてキミ達の熱意は伝わったよと話をはぐらかすのです。

総務への人員補充はもう一度考えてみるというので、久我は町上が聞きたいことはそこではないとわかって・・・と言いかけますが落ち着いてとさえぎられてしまいます。

久我の知っている部長は・・・!?

キミ達のいうことが本当なら、わたしをどこにでも誰にでも突き出してくれ・・・取締役でもコンプライアンス委員会でも、社長でも・・・私は胸を張って自身の潔白を示して見せると言いました。

高井は、町上が話したことは嘘だったということで?と聞きましたが、三屋は彼を責めはしないよ・・・町上は町上で久我を守ろうとしたんだ・・・ずっと組んでいた久我の異動で動揺しているんだろう。

久我は三屋を見て、本当にもう私の知っている部長ではないのだと思ったのです。

三屋はみんなに、混乱させて申し訳なかった・・・今回は私のやり方がまずかったといって会議を終わらせました。

何が何やら何だったんだと高井はため息をつき、西は何も言いません。

町上と久我は残るように言われました。

君たちの望みは何だ

久我は私の知っている部長なんて、もとからいなかったんだと・・・。

三屋はいきなり、君たちの望みは何だ?と聞いてきました。

町上は久我の異動を取り消してと言いましたが…久我はまずはそんなことより・・・と。

三屋はいいだろう・・・再検討するよ・・・ただ昇格も保留になるよというので、久我は昇格など望んでいませんと答えました。

そうか?昇格すると仕事上の権限も増えるんだがという三屋。

他には?何がしたいんだ。

 

久我は何・・・?いったい何のつもりなのといぶかしんでいます。

町上は、ご自分のしたことを認めてくださいと。

わたしがしたこととは?と三屋が言うので、町上はさっき言ったことですよ・・・部長が僕に指示したこととか・・・。

認めたとしてどうなるんだ?

それは処分を受けるべきでしょう・・・少なくとも若林が受けた罰と同じくらいの。

はぐらかさないでください・・・部長、僕はもう決心したんですから。

久我はそうか…!そうだったんだと気づきました。

そして三屋に、認めたとしても処分は受けないんですね。

なぜなら処分を決定する人たちも部長の仲間だから。

しかも実際に行動したのは町上・・・私たちが・・・わたしがこの事を上申しても、罪は町上に擦り付けることも可能。

何を言っているかさっぱりわからないという三屋に、教えてください、部長・・・いったい何のためにこんな事を・・・。

 

久我は理解したいのです・・・飯田を不正に昇格させることが何になるのですか?

部長に何のメリットがあるんですか?

私のメリット?私はそんなことを考えて仕事をしたことはないよ。

いつも話しているだろう‥。私たちはちゃんと社員を見ていなくてはいけない・・・現状制度ではどうしようもないからとあきらめるのはよくない。

働きやすさを推進するのが我々の仕事だ。

飯田の昇格が働きやすさの推進・・・?どういうことなの・・・?と考える久我。

お互いの主張もわかったし、話は終わりだという三屋。

町上は話はまだですっと言いますが、終わりだ・・・君の望みは聞いたよと。

こんな事より、西の引継ぎを頑張ってほしいな・・・労務は勉強多いぞと。

 

三屋がいなくなると、もうどうしたらいいんだよ・・・久我に俺はもう嘘はついてないよ・・・本当に全部部長に支持されていたんだという町上。

でも、悪事だとわかっていたのに、どうして部長に加担したの?

それはできれば言いたくないと町上は言いました。

そう…としか言わない久我に、そういえば無理やり聞き出そうとしないねと。

久我は、黙秘権はあって当然だと思っている・・・人には知られたくないこと、自分からは言えないこと・・・何か守るものがあると思うから・・・。

正義の味方みたいだねと町上は言いますが、調べる側はそれを調べるのだと。

それも正義の味方だね。

 

それにして三屋部長の態度こないだから思ったけど・・・あんなに表裏があるとは・・・。

町上が裏で会う時もあんな感じなの?

厳しいけれど殺気みたいな一方的ではないと・・・。

久我に信じてもらって嬉しい町上。

あんな大暴露、台本があるとは思えないからという久我。

今の会議や会話を久我は録音していましたが、部長は何もヒントになるようなことは言いませんでした。

町上は何もしていなかったので・・・本当にバカだと後悔しています。

考えないと、どうしようもないからと・・・諦めていけないのですよね。

立ち話をしている西と高井を見つけて、二人に部長のおかしな点の証言をしてほしいとお願いに行きます。

二人ともコンプライアンス委員会にあげるには証拠がないというのです。

町上が捨て身で告発したのに、無視するおつもりですかと言ってもダメでした。

諦めてはいけないけれど、町上ももう動けない・・・山下が証言するはずがない・・・人事部の人は頼りにできない。

私はどうすればいいの・・・?

飯田と船堀に・・・!?

久我は飯田と船堀のところに来ました。

飯田はやーっばりねー、おかしいと思ったのよ!

課長がパワハラなんかするわけないんだから。

おかしさはあったけれど、若林はそーゆー人だと見られたから、こーゆーことになったんだからと船堀は言いました。

船堀は、町上が裏切者だったなんてまだ少し信じられないと。

結局罪悪感で耐えられなくなったのが町上らしいと久我は言いました。

悪い奴じゃないからねぇ・・・と言ってから、この話大事なのに、私たちに話していいの?

いつもは守秘義務がー、人事部員なのでーとか言ってんじゃんと飯田も指摘しますが・・・。

私も捨て身で行こうと思いましてと久我は宣言しました。

 

社内探偵第17巻のあらすじをネタバレでお伝えしました。

三屋部長は何をしようとしているのでしょう。

それとももっと上層部が?

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

社内探偵をお得に読む方法

「社内探偵」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

17巻を読んだ感想

社内探偵第17巻の感想をお伝えします。

久我の憧れていた三屋部長は、虚像だったのでしょうか?

それとももっと上の方の人から何か言われているのでしょうか?

 

飯田の昇進が何のために必要だったのでしょう?

その意味がまだ分かりません。

 

人事部にもう信用できる人がいません。

以前のように飯田や船堀たちとチームを組んで動くのでしょうか?

皆それぞれ得意分野があるので、何かできるのかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>
最新話を無料で読む方法

社内探偵ネタバレ17巻!まとめ

こちらでは「社内探偵 17巻」の展開・あらすじをご紹介しました。

17巻をざっとまとめると・・

社内探偵 17巻のまとめ
  • 町上が、悪いのは三屋部長だからと言い出した。
  • 久我は三屋を見て、もう私の知っている部長ではないのだと感じていた。
  • 三屋は望みを聞いてきたが、自分のしたことを認めるつもりはない。
  • 久我も捨て身の覚悟をしている。