少女/女性漫画

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」ネタバレ1話!あらすじを紹介!嘘ばかりのまとめサイト

広告で大人気のコミック「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~1話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~1話のあらすじネタバレ

突然の炎上騒動

真夜中、枕もとで充電をしていたスマホから何度も音が聞こえて目が覚める人気ブロガーの桐原こずえ。
確認してみるとイイね!やリツイートが繰り返されており、何かがバズったのかもしれないと喜びますが、コメントを読んでみると自分のブログが炎上していることが判明!

さらに、『セレブ人妻ブロガーの桐原こずえの風俗勤務がバレて炎上!』という内容の、ウソばかりのまとめサイトまで作られていることがわかり、ブログのコメント欄もめちゃくちゃなものばかり…。

状況が理解できずに混乱していると非通知の着信があったので、恐る恐る出てみますがカラダ目的のいたずら電話!
その後、こずえの電話番号がネットに記載されていたことがわかるのでした。

弁護士に相談

弁護士無料相談会が開かれ、多くの人が相談に訪れています。
ネット案件に強い保田先生には、ネットでバカにしてくる人を訴えたいと相談する人や、レシピが炎上したことについて相談する人、理解できないネット用語で相談する人など色々な人が相談に来ますが、詳しい話を聞かずに名刺を渡して追い払ってしまいます。

すると、パラリーガルの加賀見灯(かがみ・あかり)がやって来て、もっと相手の話を聞いた方がいいと怒りながらアドバイス!
保田は時間のムダだと言い放ちますが、成立件数が0件だったことがわかった加賀見は、給料に影響が出ることを心配して怒りを爆発させます。

その時、保田に相談の予約をしていたこずえが部屋に入ってきます。
こずえは不安でいっぱいでしたが、加賀見と仲良さそうに出迎えてくれた保田を見てひと安心。
そして、ネットで炎上して電話番号までさらされてしまったことを泣きながら打ち明けるこずえ…。

保田は泣かないで説明しないと上手く伝わらないこと。無料相談は時間が短くて、改めて相談すると料金が高くつくことを話し、セラピストではないので簡潔に説明するように促します。

相変わらず態度が悪い保田を見かねて、裏に連れて行って注意をする加賀見。
加賀見はもっとお客様に寄り添ってほしいとお願いしますが、保田は他人事だからと!言って態度を変える気はない様子です。

他人事

その後、保田たちが戻るとこずえは落ち着きを取り戻しており、改めて自己紹介をしてからブログを運営していることを説明。
すると、加賀見がこずえのことを知っていて大興奮!

こずえはブログが突然炎上してしまったが、原因は風俗用の大手掲示板に働いていると思われるようなウソの情報が書き込まれたことだと思うと話します。

大体の話を理解した保田は、ウソの書き込みやサイトを消す『削除申請』がしたいのか、書き込んだ相手を特定する『情報開示請求』のどちらがしたいのか確認。
こずえはまずは消したい!と即答しますが、保田は個人でも削除申請できるサイトが多いが、ウソの書き込みをする人は飽きやすいので申請中に炎上は落ち着くはず…と話して、いたずら電話は警察に相談するようにアドバイスします。

こずえはもう一つの『情報開示請求』はどうなのかと確認すると、プライバシー侵害や名誉棄損で相手を特定できる可能性はあるが、お金や時間がかかって精神的にもつらいため実際にやる人は少ないと言われてしまいます。

こずえは相手を特定できたとしても慰謝料を請求することはできないのか?と疑問をぶつけます。
すると、請求できたとしても手続きにかかる費用と同じぐらいしか…逆に儲かるのはレアなケースで、相手に支払い能力がないことも多いので…と話し、おすすめはしないと断言する保田。

相談終了後、加賀見はお客様に冷たい態度を取る保田に怒りを爆発!
そして、保田の弁護士事務所には、『他人事』と書かれた掛け軸が飾ってあるのでした…。

反撃開始

こずえは家族そろって夕飯を食べていますが、食欲はなくスマホの音に敏感に反応してしまいます。
旦那さんはネットの見すぎだとあきれていて、お金をかけて弁護士に頼むほどのことではないと話します。

こずえは自分の妻が風俗で働いていることにされてても平気なのかと怒りますが、可哀想だとは思っているもののネット上での話だと割り切っている旦那さん…。

その後、こずえが保田法律事務所のクチコミを調べてみると、「本音で話してくれるので信頼できる」との星5つのコメントを発見!
そして、今の自分がひどい顔をしていることに気がつき決意を固めます。

翌日、保田法律事務所に電話をして、お金の無駄なのかもしれないが…嫌がらせをする奴らがどんなダサい面をしているのか知りたい!!と力強く話します。
すると、キリっとした表情になった保田は、情報開示請求の仕事を引き受けることにします。

プロバイダが情報開示請求をする場合、書き込んだ発信元に意見照会書が送られます。
2か月後…、公園で子供と遊んでいたある女性が自宅マンションに帰ると、プロバイダからの書類が届いていて………。

<前話 全話一覧 次話>
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~を無料で読めるか調査した結果

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

1話を読んだ感想

実際に社会問題になっているネット炎上騒動についてのお話で、内容がリアルなのでもし被害者になった時の対応方法の勉強にもなる作品でした。
弁護士の保田はとてもサバサバしていて、本音を言ってくるので私は苦手なタイプですが、こずえから本気で仕事を依頼された時に見せたキリっとした表情にはドキッとしてしまいました。

仕事ができる男のオーラが出ていて、何かやってくれそうな気がしてワクワクします!
また、保田のパラリーガルをしている加賀見が上から目線で怒っている姿が面白くて、まるで読者の気持ちを代弁してくれているようでスカッとしました。

そして、こずえの旦那さんは炎上騒動を知っていますが、ネット上での話だと割り切っていました。
こんな風に思えればいいのかもしれませんが、実際に自分への誹謗中傷の言葉を目にしてしまったら、なかなか旦那さんのように思えないですよね~。

最終的にこずえは保田に情報開示請求を頼みましたが、ある女性のもとにプロバイダからの書類が届いていましたが、あの女性がネット炎上騒動を引き起こした人物なのでしょうか。
女性は子供を公園で遊ばせながらママ友とおしゃべりをする普通の主婦のようでしたが、こずえとどんな関係なのかも気になります。

次回の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~1話!まとめ

こちらでは1話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~1話のまとめ
  • 人気ブロガーの桐原こずえ。嘘ばかりのまとめサイトが作られていることに驚く。さらにブログのコメント欄もめちゃくちゃなものばかり。
  • 相談終了後、加賀見はお客様に冷たい態度を取る保田に怒りを爆発!そして、保田の弁護士事務所には、『他人事』と書かれた掛け軸が飾ってあるのだった。
  • 保田法律事務所に電話をして、お金の無駄なのかもしれないが…嫌がらせをする奴らがどんなダサい面をしているのか知りたい!!と力強く話す。二か月後投稿した女性のもとに書類が届くのだった。