少女/女性漫画

【最新話】「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」ネタバレ3話!あらすじを紹介!開き直る犯人

広告で大人気のコミック「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~3話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

情報開示請求が完了し、犯人が書き込んだネットの契約者が同じマンションに住むママ友の木下さんの住所だとわかります。

これからが本番だと意気込む保田は①内容証明郵便、②民事裁判、③刑事告訴の3つの選択肢を提示して…。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~3話のあらすじネタバレ

3つの選択肢

保田から3つの選択肢を提示されたこずえは、刑事告訴には時間がかかると判断して民事裁判を起こすとどんな流れになるのか質問します。
保田は民事裁判はすぐに行動に移すことが可能で、名誉毀損&プライバシー侵害で提訴することになると説明します。

しかし、日本は名誉の価値が低いため、民事裁判はおすすめできないと話す保田…。
こずえが名誉の価値の低さの意味が理解できないでいると、加賀見が名誉毀損で裁判を起こしても高い賠償金が取れないという意味だとフォローします。

保田は例として費用や慰謝料などで300万円を請求したとしても、取れて100万円ぐらいで、賠償金の相場は60万円~80万円ほどだと話します。
現実の賠償金額を聞いて驚くこずえ…。

保田は現状ではまだ争う相手が木下家の人なのかもハッキリしていないので、まずは①内容証明郵便から始めて、争う相手を明確にすることを勧めます。

また、いきなり裁判を起こすのは心理的にもハードルが高いことを理由にあげて、まずは内容証明郵便を送って和解を目指し、それでもダメなら②民事裁判を起こすことを提案します。

保田の提案に納得したこずえは、①内容証明郵便から始めることにします。

犯人への条件

保田とこずえは、犯人を提訴しない場合の条件を一緒に考えます。
まずは誹謗中傷の書き込みの動機を明らかにすること、そして直接謝罪と反省文も必要だとして、慰謝料は保田の提案で300万円にすることにします。

そして、犯人が同じマンションに住んでいることがわかってから実家に避難しているこずえは、引っ越し代の上乗せは可能かと質問します。
保田は犯人に引っ越しを求める手もあると提案しますが、こずえは犯人が他のママ友にも何か言っている可能性があると考えて不安な様子…。

保田は引っ越し代まで請求するのは難しいと考えますが、一応慰謝料に入れておくことにします。
こずえはこれから先のことを考えて、もう後戻りはできないことを実感しながら帰っていきます。

加賀見はこずえが少し疲れている様子だったので心配になりますが、保田は全く心配せずにスマホゲームに夢中!
加賀見はいつものように保田に怒りを爆発させるのでした。

内容証明郵便

木下浩之宛に内容証明郵便が届きます。
通知書の内容を確認した奥さんはパニックになり、誹謗中傷の書き込みの犯人だとバレていることに気がつくと大慌てで書き込みを削除します。

そして、スマホゲームに夢中になっていた保田のもとに、木下の奥さんから電話がかかってきます。
保田が電話に出るなり、350万円は法外だし私だけが悪いとは限らない!などとすごい勢いで怒鳴りつける奥さん。

迫力に圧倒されてしまった保田ですが、電話では本当に当事者かどうかわからないので、書面通りに手紙かFAXで意見するように促して電話を切ります。
近くにいた加賀見がすごい声の大きさだったと驚いていると、奥さんの慌てた様子から旦那にバレないように済ませようとしていると推理する保田…。

加賀見が旦那に隠し通せるわけがないと思いますが、保田は賠償金が安ければ生活費から工面できるし、裁判になったとしても平日の昼間だからバレることはないと話します。
そして、この手のタイプの相手は苦労しそうだと考えますが、とりあえず返事が来るのを待つことにします。

民事裁判への覚悟

木下の奥さんからの返事を読んで怒りを爆発させるこずえ!
手紙には他人の真似をしたただけなので、賠償金は30万円が現実的だと書かれています。
全く反省している様子が見られないので、こずえは裁判をするしか方法はないのか…と考えて落ち込みます。

すると、犯人が木下さんの奥さんと特定できて、旦那に内緒にしているため高額の賠償金を請求するのは難しいとわかったことはよかったと前向きに考える保田。

こずえは被害者が我慢をしなければならない状況にイライラしますが、保田は戦うと決めたからにはそういう感情はムダだと言って、弁護士なので勝つために全力で努力すると宣言します!

その後、木下家に「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」が届きます。
文章を読んで動揺した奥さんは、こずえの家に行って夢中でインターホンを連打!
こずえは実家に避難しているため応答はなく、周囲に様子を見られていたことに気がついた奥さんは逃げるように去っていきます。

その頃、実家で料理をしていたこずえは、争いに勝ったとしても何もなかった頃の生活に戻ることはできないが、最後まで戦うことを決意するのでした…。

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~を無料で読めるか調査した結果

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

3話を読んだ感想

まずは内容証明郵便を送って和解を目指すことにしたこずえですが、犯人である木下の奥さんは条件に納得せずに逆ギレした上に、他の人もやっていると開き直っていましたね~。
全く反省している気配がない様子を見てイライラしてしまいましたが、賠償金は30万円が妥当だと提案してくるとは…。

こずえが350万円を提示したのに、30万円ではあまりにも低すぎる金額です。
旦那さんに内緒にしているため生活費から工面しようと考えているのでしょうが、お金のことはバレずに済んだとしても精神的なダメージを受けているので、旦那さんの前で平常心を保てるとは思えません。

生活態度で何かあったことがバレてしまうと思いますが、世の中には旦那さんに内緒にしている人がたくさんいるのでしょうか…。
そして、被害者が我慢をしている状況に納得がいかないこずえですが、保田の力強い言葉を聞いて最後まで戦うことを決意しました!

普段はスマホゲームに夢中になって他人に興味のないような保田ですが、勝利を収めるために気合が入ってきましたね~!
「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」が届いた木下の奥さんが、パニック状態でこずえの家のインターホンを連打していましたが、和解をしようと思ったのでしょうか。

こずえは実家に避難しているため自宅にはいませんでしたが、避難していて正解でしたね!
こずえに直接会えなかった木下の奥さんが、今後どんな行動に出るのかも気になります。
次回の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~3話!まとめ

こちらでは3話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~3話のまとめ
  • 保田は現状ではまだ争う相手が木下家の人なのかもハッキリしていないので、まずは①内容証明郵便から始めて、争う相手を明確にすることを勧めた。
  • 木下浩之宛に内容証明郵便が届く。通知書の内容を確認した奥さんはパニックになり、誹謗中傷の書き込みの犯人だとバレていることに気がつくと大慌てで書き込みを削除するのだった。
  • 木下家に「口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」が届く。文章を読んで動揺した奥さんは、こずえの家に行って夢中でインターホンを連打!こずえは実家に避難しているため応答はなく、周囲に様子を見られていたことに気がついた奥さんは逃げるように去っていくのだった。