少女/女性漫画

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」ネタバレ4話!あらすじを紹介!和解もつかの間

広告で大人気のコミック「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~4話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

内容証明郵便から始めることにしたこずえは和解への条件を提示しますが、木下の奥さんは条件に納得せず…。

こずえは被害者が我慢をする状況にイライラしますが、保田の力強い言葉を聞いて最後まで戦うことを決意したのでした。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~4話のあらすじネタバレ

和解のメリット

東京地方裁判所の弁論準備室に、原告のこずえと保田、被告の木下優里香と小林弁護士が向き合って座っています。

そして、裁判官の村田が原告側から先に話を聞くため、被告側に退室するように命令。
優里香はとても気まずそうにしながら部屋を出ていきます。
すると、裁判官はこずえに「和解」する意志はあるのかと確認…。
民事裁判では双方の話し合いで決着がつきそうな場合、裁判官から和解を提案されることがあるのです。

保田は条件次第で和解する意思はあると答え、こずえも同意します。
こずえたちが提示した条件は、①直接謝罪、②悪意のある投稿を禁止、③慰謝料350万円ですが、慰謝料が高すぎると感じている裁判官…。

こずえは優里香が部屋を出ていくときの態度が反省していないように見えており、本当にこのまま和解をしていいのかと考えて悩みます。
保田はこずえの不安を察知したかのように、和解は仲直りとは違うと言って安心させてから、和解は裁判と比べて早いことや、非公開にすることは相手にもメリットがあり慰謝料をしっかり取れることが多いと説明。

その後、裁判官が条件を被告側に確認するため、こずえたちは部屋を出ていきます。
こずえが優里香は本当に反省しているのかと不安を口にすると、加賀見がきっと反省しているはずだと言って勇気づけてくれるます。

しかし、後悔はしても自分が悪いとは思っていないだろう。と言って大笑いする保田…。
その時、裁判官と被告側の話し合いが終わったため、こずえたちはもう一度部屋に呼ばれます。

ついに和解!しかしさっそく問題が…

裁判官が双方から聞いた条件を擦り合わせて、「書き込みの削除&同様の書き込みを禁止、事件の口外禁止、解決金は100万円として分割払い、直接謝罪」を含めた和解条項を作成します。
裁判官からこの場での直接謝罪を求められた優里香は、ため息をついてから泣きながら謝罪…。

こずえはため息をついたことに驚いてしまい、優里香の言葉が全く頭に入ってきません。
保田も納得がいかないような表情で優里香を見つめています。

そのまま和解は成立し、こずえと加賀見はこれでひと段落ついたとホッとします。
すると、全部何かのせいにしていた謝罪の言葉でスッキリはできなかったけれど、勝ったのは事実なので余計なことは考えないでください!と力づけてくれる保田。

そして、和解条項には判決と同じ効果があると説明して、慰謝料の振り込みは加賀見が確認して報告してくれることになります。
最後に保田がここまでよく頑張った!とキレイにまとめてくれますが、こんなにあっさりと終わるはずはなく…3カ月後には慰謝料の振り込みが遅延に!

優里香は2回しか振り込んでおらず、全く反省の様子が見えません…。
こずえは慰謝料支払いが滞っているとの報告を受けると、マンションは安くないから旦那さんの給料が悪いはずはないと考えて怒りを爆発させます。

すると、同じ家族でも旦那さんからお金を取ることはできないと説明する保田。
加賀見は泣き寝入りするしかないのか…と不安になりますが、保田はお仕置ができると断言してこずえに追加で5~10万円を払えるか確認します。

保田のお仕置き大作戦

1週間後、東京地方裁判所で保田と加賀見が待っていると、とても大柄な執行官の二宮が入ってきます。
保田と二宮は知り合いのようで、会って早々にスマホゲームの話しで盛り上がります。
執行官に初めて会った加賀見に、言い方は悪いが2人でこれから嫌がらせをする!と言って肩を組んでニッコリとする保田と二宮…。

ある日の朝、木下家では優里香が上機嫌で朝食を作っています。
慰謝料が遅延しても請求や連絡が来ないので、ほっておいても大丈夫だと考えているのです。

そして、慰謝料は無視をしても大丈夫だとアドバイスをしてくれた友人たちに報告をしようとしていると、執行官の二宮が尋ねてきます。
二宮はインターホン越しに裁判所から執行手続きで来たと説明しますが、優里香がドアを開けてくれないため、一緒に来ていた鍵屋さんに頼んで鍵を開けてもらいます。

そして、部屋に入ってきた二宮は、今から動産執行を行うと言い放ったのでした………。

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~を無料で読めるか調査した結果

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

4話を読んだ感想

ついに、こずえと優里香が対面して和解についての話し合いが行われました。
弁護士が双方から聞いた条件をすり合わせて、最終的に慰謝料は100万円に落ち着きましたね~。

保田が平均は60~80万円だと言っていたので、希望の金額には全く届いていませんがよかったのではないでしょうか。

しかし、要求した直接謝罪は、ため息をついてからの謝罪!
他人のせいにして全く反省の色が見られず、ため息をついてからの泣きの謝罪では演技にしかみえませんよね…。

なんだかスッキリしないまま和解してしまいましたが、なんとたったの2回で慰謝料の支払いがストップしてしまいました。
直接謝罪も心から納得できるものではなかったのに、どこまでイライラさせれば気が済むのでしょうか。

しかも、代理で旦那さんからお金を請求することができないうえに、優里香が旦那さんに隠しているため頼る可能性もありません。
絶望的な状況になってしまったこずえですが、保田は何やらお仕置き作戦があるようで執行人の二宮と合流!

二宮はガッチリしていて背も高い人なので、2人が並ぶと保田がまるで子供のように見えてしまうのが面白かったですね~。
保田と二宮はとても仲が良いようなので、抜群のチームワークが期待されます!

最後に、木下家を訪れた二宮が家に入り動産執行を行うと言い放っていましたが、さっそく保田のお仕置きが始まったようです。
動産執行ということは、現金や金目になるものを差し押さえするということでしょうか。

二宮が大柄なので無理やり家に入ってくるとかなりの威圧感があったので、優里香もさすがに気持ちを入れ替えるはず!
今後の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~4話!まとめ

こちらでは4話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~4話のまとめ
  • 裁判官からこの場での直接謝罪を求められた優里香は、ため息をついてから泣きながら謝罪。しかしこずえはため息をついたことに驚いてしまい、優里香の言葉が全く頭に入ってこない様子。
  • 優里香は慰謝料を2回しか振り込んでおらず、全く反省の様子が見えない。こずえは慰謝料支払いが滞っているとの報告を受けると、マンションは安くないから旦那さんの給料が悪いはずはないと考えて怒りを爆発させた。
  • 慰謝料は無視をしても大丈夫だとアドバイスをしてくれた友人たちに報告をしようとしていると、執行官の二宮が尋ねてくる。そして動産執行を行うと言い放ったのだった。