少女/女性漫画

【最新話】「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」ネタバレ7話!あらすじを紹介!アカウント特定件数

広告で大人気のコミック「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~7話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

保田法律事務所に、世間で超人気の双子アイドルユニット「ヌーヌー」の兄のリオが依頼人としてやって来ます。

そして、ヌーヌーが中学生時代にいじめをしていたとされるウソの動画が流出して大炎上していることを説明すると、誹謗中傷のツブヤキをリツイートした人を全員特定したい!と訴えたのでした。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~7話のあらすじネタバレ

リホの様子

自宅のベッドで布団にくるまって泣いているリホ…。
布団の隙間から手を伸ばしてスマホを探しますが見つからないため、リビングに探しに行きます。

しかし、スマホはどこにもなくて、リオからの置手紙と一緒にピザが用意されています。
手紙には俺たちは何も悪くないからピザでも食え!と書かれており、おしっことストレスが一緒に流れることをイメージしろ!とのアドバイスまで…。

リホはリオを探しますがすでに出かけており、暇つぶしのためのパズルや大量のマンガまで用意してくれていたことがわかります。
リホはとりあえずマンガを読み始めますが、誹謗中傷のコメントを思い出してしまい涙…。
その後、舞台に上がる前をイメージして落ち着こうと努力します。

3万件から100アカウントに!

保田はリオに100アカウントに絞りましょう!と提案します。
加賀見は3万件となると予算が…とお金の心配をしますが、保田はお金の問題もあるがスピードも大切だと話します。

すると、加賀見がアクセスプロバイダは3カ月しかログが残らないので、なるべく早く進めるのが重要だとフォロー!
リオがお金はどのくらいかかるのか質問すると、色々合わせて最低1千万円で2~3千万円は覚悟が必要だと話す保田。

そして、問題投稿の削除はまとめてできるが、悪質犯が複数のアカウントを持っているケースが多いため、実際の悪質犯の人数は叩いているアカウントの数よりも少なくなるはずだと予想します。

話を理解したリオは100アカウントを名誉棄損で訴える!と意気込んで、用意した資料はムカつく順番に並べてあると説明します。
さらに、全てを明らかにしたいリオは残りの2万9千9百件はどうするのか質問しますが、保田は現実問題としてムリだとハッキリと答えます。

リオは融通のきかない弁護士だと怒りますが、とりあえず100件だけ頼んで帰ることに…。
保田はリオにSNSでの報復行為や脅迫などは厳禁なので、発言に気をつけるように忠告します。

そして、これからは感情の戦いではなくて法律の戦いだと真剣に話すと、「他人事」の掛け軸に気がついたリオはいいね!とほめたのでした。

リオの新たな作戦

リオが帰った後に、保田と加賀見は猛スピードで100アカウント分の発信者情報目録と、権利侵害の説明を準備します。

猛スピードで仕事をこなしながら、弁護士の仕事はほぼ書類作成だ!と考える加賀見…。
加賀見はアメリカにあるツブヤイター社の登記簿取得を頼まれて驚きますが、インターネットサイトに海外法人登記簿取得代行があり、それを利用すれば簡単に取得できることがわかります。

大ファンのヌーヌーからの依頼のため、成功させて一緒に写真を撮ってもらいたい!と考えて気合十分の加賀見。

その頃、自宅に戻ったリオは、リホがパズルをやっていたのでひとまず安心します。
リホがスマホをどこに隠したのか聞きますが、まだ見ない方がいいと考えているリオは渡しません。

そして、スマホで何かを検索していたリオは、お金を集めるためにクラウドファンディングをやろう!と言ったのでした。

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~を無料で読めるか調査した結果

「しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

7話を読んだ感想

今回はリホの様子がわかるシーンスタートしましたが、リオの好感度が爆上がりしてしまいました。
リホを励ます置手紙と一緒に、食事や暇つぶし用のパズルやマンガまで用意してくれるなんて、なんて妹想いのいいお兄ちゃんなのでしょうか!

リホはウソの動画が拡散されてしまったせいで、不安に押しつぶされてしまいそうな状態で苦しんでいますが、あんなに頼もしいお兄ちゃんがついていることがわかり少し安心しました。

前回、リオは3万件のリツイートを全員特定したい!と意気込んでいましたが、やはり現実問題として3万件を特定することは不可能で、100件のアカウントに絞ることになりました。
アクセスプロバイダは3カ月しかログが残らないことを初めて知ったので驚きましたが、最低1千万はかかると聞いてさらに驚きました!

特定する人数が多いだけに、前回までの案件とは桁が違いますね~。
リオはムカつく順番にリストにしていたため、上から100件分のアカウントを特定することになりましたが、ムカつく順番に並べていたとはさすがです!
これでだいぶ手間が省略できたのではないでしょうか。

そして、リオは保田法律事務所に飾ってある「他人事」という掛け軸を気に入っていましたが、やはり保田と共感する部分が多いのでしょう。
リオの様子を見ていて保田と似ていると思っていたので、掛け軸を見た時の反応は予想通りでした。

さらに、リオに100件分のアカウントの特定を頼まれた保田と加賀見は、さっそく仕事に取り掛かりましたが、あまりの仕事の早さに関心するばかりでした。
さすが弁護士ですね!
アカウントの特定にはスピードが大切なので、100件分ともなると大急ぎになるのはわかりますが、普段のほほんとしている保田が真剣な顔で仕事をしている姿はやはりカッコいいですね~。

自宅に戻ったリオはリホがパズルをやっていたのを知って安心していましたが、あのままずっと1人で苦しんでいなくて本当によかったです。
リオも用意したパズルをやってくれていて内心大喜びだったのではないでしょうか。

最後に、お金を集めるためにクラウドファンディングをしようと考えていたリオ。
保田に最低1千万円はかかると言われて了承していたリオですが、まさかこれからお金を集めようとしている…!?

リオは最初にお金はいくらでも払う!と断言していて、最低1千万円と聞いた時も全く動揺していなかったので、人気アイドルだからたくさん貯金もあるのだろうと思っていたのですが…。

予想外の新たな展開に続きが気になって仕方ありません!
今後の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~7話!まとめ

こちらでは7話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~7話のまとめ
  • リホはとりあえずマンガを読み始めますが、誹謗中傷のコメントを思い出してしまい涙。その後、舞台に上がる前をイメージして落ち着こうと努力していた。
  • リオは融通のきかない弁護士だと怒りますが、とりあえず100件だけ頼んで帰ることに。保田はリオにSNSでの報復行為や脅迫などは厳禁なので、発言に気をつけるように忠告するのだった。
  • 大ファンのヌーヌーからの依頼のため、成功させて一緒に写真を撮ってもらいたい!と考えて気合十分の加賀見。