少女/女性漫画

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ21話!あらすじ感想

思うようにいかない異世界ファンタジー「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」。

ミアが陛下の部屋にこの後の展開は

こちらでは「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 21話」の展開・あらすじをご紹介していきます。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?21話のあらすじネタバレ

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?第21話のあらすじをお伝えします。

ミアが現れた理由を聞いてテリアは・・・!?

ミアが現れたのは、陛下が何かお悩みのようだったので・・・陛下が私を助けてくださったように・・・と言って少し頬を染めながら、私も陛下のお力になれれば・・・と言うミア。

 

無礼な!といったのはテリアでした。

ズカズカとミアのすぐそばまで来ると、あなたは自分が何をしているのか自覚がないのですか!?と言います。

 

え…!な・・・なんだっていうんですか!テリアの勢いにたじろぐミア。

呼ばれもしないのに、皇帝陛下の執務室に立ち入るなど、言語道断です!とテリアは叱りつけました。

 

そんな!わたしはただ陛下をお助けしようと・・・!とミアは言います。

助けですか?呆れたような態度で・・・たかが小娘に何ができるというのですというテリアに・・・怒りでブルブルと震えながら・・・私は良かれと思って・・・!とミアは言いました。

 

テリアはきっぱりと、良かれも何もありません!

陛下の許可なくこの部屋に入ることは禁じられているのですときつく言いました。

そもそも・・・陛下に何かお悩みがあるように見えますか!?とテリアが示します。

 

すると陛下の表情は無でノーアイディアとでも言っているようでした。

ミアもホントだと思いますが・・・陛下が二人に相談があると言っていたのでてっきり・・・と思ったと言い訳をします。

 

あなたに相談することなどありませんと言うテリア。

そこにテリアの方をポンと叩いて・・・まあまあそれくらいにして・・・見習い神女さんだって悪気があったわけじゃないですしねとルマン総督が二人の間に入り・・・それでは私は退室させていただきますと帰ろうとします。

 

陛下がもう行くのかというと・・・はい少々急ぎの仕事があるので・・・それでは皇妃殿下とよきひと時をお過ごしくださいというルマン総督。

 

ミアはその言葉にビクッとしました。

ルマン総督がドアを閉めると・・・陛下我々も退室させていただきますというテリア。

ミアはとても不満そうです。

 

まさかこのまま部屋に居座るつもりだったのですか?とテリアに言われると・・・私だって何か陛下のお役に立てるはずですと言い張るミア。

 

人の心配をしている場合ですか?とテリアに言われてミアはムカついています。

すると陛下が、テリアもう良いというのでミアはビクッとしました。

陛下がミアに欲しいものを聞いたのは・・・!?

私の手助けをしたいと言ったな?

他の者より役に立ちそうだと言って、ミアに近づいてきた陛下。

やっぱり間違いだった?ときょとんとしていると、ミア・・・そなた欲しいものはあるか?と尋ねる陛下。

 

突然ほしいものなんて・・・どういうこと?陛下が私に欲しいものなんて・・・とドキドキのミア。

もしかして陛下ってば私を・・・と顔を真っ赤にしてドキドキしているミア。

 

レアナに何を送ればいいのかわからなくてな・・・という陛下。

顔をポッと赤くして・・・そなたの言うよき夫になってみようかと思うと言いました。

 

ミアの心臓がドクンと大きな音を立てました。

胸元をぎゅっと掴んで・・・そうよね・・・陛下がまさか私なんて・・・なのになぜこんなに胸が痛むの?

 

どうされました?どこか具合でも悪いのですか?酷い顔色ですよとテリアが覗き込みました。

あはは!なんでもありません!と言いながら後ずさりするミア。

えーっとレアナ様への贈り物なんて、私には買い物見当もつきませ・・・と言ったところで滑って倒れそうになってしまいます。

 

アッと言った瞬間に・・・陛下にキャッチされていました。

ミアは陛下に肩をそっと掴まれて・・・ドキドキしながらお礼を言っている時、レアナが失礼いたしますと部屋に入ってきました。

レアナだったらよかったのに・・・!?

笑顔で、突然申し訳ありません・・・と入ってきて、ピタッと動きが止まります。

そこには陛下と見つめ合っているように見えるミアの姿が…。

 

しかし陛下はレアナ?どうした?さっとミアの前からいなくなってしまいました。

重い気持ちになるミア。

 

陛下はこんな遠くまでわざわざ・・・とおろおろしています。

使いをよこせば余が部屋に向かったのに・・・。

 

レアナは陛下、私の寝所は隣国ではありませんよ?と笑いました。

宴会の準備について報告がありまして・・・お時間よろしいですか?

もちろんだ!そなたのために時間は十分にある・・・と張り切っている陛下。

 

こんな気持ち・・・ダメ・・・陛下のそばにいたい・・・私が・・・レアナだったらよかったのに・・・。

どす黒い気持ちに支配されているミアをテリアは何も言わずに見ていました。

 

夜、大きな木の下でミアは泣きじゃくっています。

こんなのダメよ・・・レアナは恩人なのに・・・。私ってサイテーじゃん・・・!

そこに・・・おやおや一体どうされたのですか?と声をかけた人がいました。

 

レアナ殿下相手に何か?

 

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?第21話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ミアは本当の自分の気持ちに気が付いてしまいました。

その気持ちを聞いてしまった人物がいて・・・!?

 

<前話 全話一覧 次話>

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?を無料で読めるか調査した結果

せっかくマンガを読むならネタバレの文章だけでなく、イラストと一緒にストーリーを楽しみたいですよね。

「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

しかし、「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」のような話題のSF・ファンタジー漫画「U-NEXT」なら無料楽むことが出来ます!

1冊分無料!!

引用:https://www.amazon.co.jp/

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが貰えるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃうんです!

※31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

漫画・電子書籍が26万作品も提供されているので、U-NEXTはラインナップも非常に豊富ですよ。

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

また月額プランに移行した場合は毎月1日に必ず1,200円分のポイントが貰えます!

なので最新作や好きな漫画をU-NEXTで買うと、出費を抑えられますよ◎

自分に合ったU-NEXTのプランで漫画を楽しんでくださいね♫

21話を読んだ感想

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?第21話の感想をお伝えします。

やはりミアは陛下たちの話を聞いていました。

テリアはミアの気持ちにも気が付いていて、陛下に近づけないようにしているのでしょう。

 

元々子供でも知っている伝説の主人公なので、テリアも警戒しているのかもしれません。

まして陛下の好きな人がレアナだと知っているのですから・・・。

 

それに対してルマン総督は、ミアの気持ちを知っていて…ミアを煽っているような気がします。

今回もルマン総督の言葉でミアは自分の気持ちに気が付いてしまいました。

 

レアナはレアナで、二人の様子を見て勘違いをして・・・よしっ!と思っていることでしょう。

なんだか大変な展開になってきました。

 

怪しい点があちらこちらにあって・・・全部がルマン総督につながっているように見えてしまいます。

テリアもきっと気が付いているのでしょう。

 

陛下も気が付いていないはずがないと思うのですが・・・。

身内だから・・・と言う人でもないような気がします。

レアナも気づいているようですし・・・。

 

<前話 全話一覧 次話>

好きな漫画を文章だけでなくイラスト付きで楽しみたい方はU-NEXTでお得に読むことができます。

 

U-NEXTは31日間無料トライアル登録時に600円分のポイントが付与されるので、実質無料で好きな漫画を1冊読めちゃいますよ!

 

好きな漫画を無料で読みたい方にオススメです◎

※本ページの情報は記事公開時点のものです。最新情報は公式サイトにてご確認ください。

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ21話!まとめ

こちらでは「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 21話」の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと21話をまとめると・・

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 21話のまとめ
  • ミアの行動にテリアは激怒!
  • 陛下が良き夫になろうと思うと言うとミアの心が締め付けられた。
  • ミアは自分がレアナだったら良かったのに・・という気持ちを抱き始めた。

ミアが嫉妬を・・