少女/女性漫画

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ74話!あらすじ感想!祝祭へ

異世界ファンタジー「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」。

小説との違いが気になるこの後の展開は

こちらでは74話のストーリーをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?74話のあらすじネタバレ

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 74話のあらすじをお伝えします。

祝祭にテリアを誘ったミア・・・!?

テリアの腕を取り、じゃあ私と一緒に祝祭に行きましょう!というミア。

ぱっと手を離し、私とですか?と尋ねるテリア。

ミアは嬉しそうに頷いた後・・・妃殿下は陛下と出席なさるに決まってるでしょ!!

ポールは妃殿下の護衛だし!

 

だからってルマン総督を誘うわけにいかないじゃない!

ため息をつくテリア。

それに私を一人にしておくと・・・何をやらかすかわかりませんよぉ?

 

それでもいいんですか~?

もちろんこれは私のお願いを聞いてくれるのとは別件ですからね!

嬉しそうなミアに対して、げんなりしているテリア。

 

分かりました・・・その代わりミアさまの髪色は目立ちますので、フードを着用してくださいとテリアが言ったのでミアは大喜びです。

 

それまでは授業をよく聞いて問題を起こさないようにしてくださいね。

もちろんですというミア。

ルマン総督の資料がなくてレアナは・・・!?

図書館で探しても・・・やっぱり資料がありません・・・。

ここまでないなんてことがある?皇帝の弟なのに?

机の上には、調べた本がどっさり載せられていました。

 

唯一あった資料もテリア財務官が借りていったみたいだし・・・レアナは頭を抱えています。

原作に出てこない人物だから、内容を整理しても意味ないわよね・・・

皇宮の図書館にも記録がないし…無駄足だったか・・・ため息をつきます。

 

どんどん迷宮に迷い込んでいる気がする・・・。

レアナは自分が考えすぎなのだろうかと思うのです。

 

ルマン総督とケビスが共謀して・・・クーデターをおこすなんて・・・まさか。

もしそうならケビスの存在は隠すはず・・・こんなふうに帝国の脅威として存在させるなんて・・・。

 

それともわざと事件を大きくして、テロ集団によって皇帝が命を落とせば・・・事件の解決者であり、復讐者でもある皇帝の弟が跡を継ぐことに・・・。

 

もしもそうだったとして、レアナを助けた理由は?

周りを欺くための演技だったのか・・・?

なんだかさらに複雑になってきちゃった・・・。

 

悩んでいる様子のレアナを心配するティズ。

一度にたくさんの本を読み過ぎたみたいと笑ってごまかします。

 

ティズはどのような内容の本を探しているのですか?と尋ねますが、気にしないでというレアナ。

レアナはティズの顔色が悪いので、心配しています。

ルマン総督も今は捜査で出かけているけれど、騎士団員の件で元気がないみたいだし・・・。

 

レアナはこれから何をしていようと思っていました。

ミアは勉強中だし、ポールはデザートの依頼でシヴァのところに行ってしまったから。

 

陛下とは政務の跡に一緒に食事をすることになっているし・・・(その頃陛下は泣きながら書類にサインしていました。初めて仕事が嫌いになったのです。)

 

レアナはくすくすと笑いながら・・・過去の話でもしれたらいいのにと思いました。

過去・・・と言えばやっぱり子供の頃。

 

陛下の子供の頃を想像してかわいかったでしょうねぇ・・・ってダメダメ集中しなきゃと思っても妄想が止まりません。

 

大丈夫ですかとティズに心配されます。

そういえば・・・ティズはどれくらい騎士団にいるの?

隊長になってそんなには経っていませんが、先代の皇帝陛下の頃からです。

 

じゃあその頃から、ルマン総督とも知り合いだったの?

ティズの動きがピタッと止まり・・・なぜそのようなことを?と尋ねました。

 

レアナはちょっと気になったの~。

陛下とルマン総督がどんな子供だったのかなって。

特にルマン総督は最高に可愛らしかったでしょうねと思って・・・。

 

まだ騎士だった頃にお仕えしていましたが、アカデミーの制服がお似合いでしたよ・・・他国ですのでとこっそり教えてくれました。

レアナの言葉遣いにミアが・・・!?

そこに妃殿下!大事件です!!とミアが現れて・・・聞いてください!

何とポールが・・・!後ろからポールもやめろと走ってきました。

 

レイの彼女と付き合いし始めたんですって!!

えっヤバッ!!本当に!?というレアナ。

昨日告白したそうですよとミアもキャッキャッしています。

 

例の彼女にフラれたんでしょ~ってからかったら付き合ってるって白状したんですよ・・・にやにやしながらミアが言いました。

きっとシヴァが譲歩してくれたのね~とレアナも笑いました。

 

ティズと話があったのではとポールは言いましたが、大丈夫よ!じゃあまた今度いろいろ教えてねというレアナ。

 

立ち去るティズの顔が思いつめているように見えました。

レアナはもう少し詳しく聞かせてとポールに迫っています。

 

ミアは引っかかっていることがありました。

ヤバッ・・・?と言ったレアナ・・・この世界でもそんな言葉使うの?

 

フォーグと接触していた者たちがわかった・・・手がかりがつかめたから、すぐにでも捕まるだろうという陛下。

 

今回の祝祭は前回のようなことを繰り返さないように・・・そなたを守るという陛下ですが、レアナに聞きたいことがある・・・!?

 

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 74話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ルマン総督に関する資料がなく、困っていたレアナ。

ミアがポールの話をしに来たときに「ヤバッ」と口にしてしまいます。

ミアはこの世界でもそんな言葉を使うのかと不思議に思うのでした。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法
【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?を無料で読めるか調査した結果

「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

74話を読んだ感想

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 74話の感想をお伝えします。

ミアはテリアを祝祭に誘いました。

本当は一緒にいたいだけなのに、何かと理由をつけてOKしてもらいました。

 

レアナはルマン総督の資料を探していますが・・・陛下の弟だというのにほとんど何も記述がありません。

何か理由があるのでしょうか。

 

ティズが他国の・・・と話していたようですが、ルマン総督が他国にいたということなのでしょうか?

他国で育てられていたのかもしれません。

 

レアナのとっさに出てしまった「ヤバッ」ですが・・・今までも出ていなかったのでしょうか?

ミアにはどう思われているのでしょう?

きっとそのうち聞かれるのでしょうか・・・それともテリアに報告してテリアに質問されるのでしょうか?

ミアとテリアには話しておいた方がいいと思います。

本の話もできるようになりますしね。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ74話!まとめ

こちらでは74話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと74話をまとめると・・

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 74話のまとめ
  • ミアはテリアに一緒に祝祭に行こうと誘った。
  • ルマン総督の事を考えるも迷宮入りしてしまう。
  • ミアはレアナがとっさに放った言葉を気にしている。