少女/女性漫画

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ75話!あらすじ感想!言えない話

異世界ファンタジー「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」。

小説との違いが気になるこの後の展開は

こちらでは75話のストーリーをご紹介していきます。

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前話のあらすじ

ミアは祝祭にテリアを誘いました。

ルマン総督を誘うわけにはいかないし、わたしをひとりにしておけば何をするかわかりませんよと半分脅して・・・。

図書館でルマン総督の資料を探していたレアナ。

資料はどこにもありません・・・ルマン総督とケビスが共謀して・・・クーデターをおこすなんてとかんがえてみましたが・・・。

ティズ根も何やら悩んでいるようなのです。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?75話のあらすじネタバレ

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 75話のあらすじをお伝えします。

前世に読んだ話とは言えない・・・!?

レアナは陛下を前にして困っていました。

ここであっさり、わたくしが前世で読んだ本の内容がこの世界のお話で・・・その本の展開では宴会の後に私は陛下に捨てられ、監獄に入れられて余生を過ごし誰かさんのせいで命の危険にさらされるんです~。

そんなこと言えるわけないじゃない!!

陛下に大丈夫かと言われますが・・・絶対に言うことはできません。

 

もしあの時、余が何か気に障ることをしたのなら・・・負担に感じたのです。

えっと、つまり・・・あの時は、陛下のお気持ちがよくわからなくて・・・。

負担といわれて呆然としている陛下。

 

それに結婚してから初めて陛下と宴会に出席して踊ったので、緊張していたんです。

決して陛下のせいではありません・・・わたくしの行動でお心を煩わせてしまい申し訳ありませんと言って陛下の手をぎゅっと握りました。

落ち込む陛下でしたが、以前からそなたとともに過ごしてこなかった余のせいだ。

レアナは陛下に、今度の祝祭ではいい思い出を作りましょう。

 

そしてその後も共に過ごしましょう。

もちろんだ・・・幸せな時間をそなたに送ろうと、レアナの手にキスをしました。

祝祭前日のミア

祝祭の前日、皆準備に余念がありません。

ミアは‥・宴会!美味しい食べ物!出店!ついに明日ですね!と楽しみにしています。

本当のことを話したほうがいいのではというポールに、レアナはダメよ、そっとしておきましょうと・・・。

100回聞かされるより、1回の経験で済む方がいいものと微笑むレアナ。

 

皇妃即位後、初めて宴会に出席したとき、準備に数時間もかかったせいで気絶しかけたことを思い出すわ。

今回の主人公は私ではなくミアだから、侍女たちがミアを放っておくはずないわよ。

ミアはレアナに、振り向くと・・・このドレスどう思います?と聞かれます。

先に話してがっかりさせるより、ミアのテンションに合わせておこうっと・・・レアナはキレイ!よく似合っているわというのでした。

 

でも私・・・心配なんです。

今回の宴会は、私を正式に紹介する場だと聞きました。

だから、あれこれ言われながら勉強も頑張ったし、練習もしてきたけど・・・少し不安で・・・なので何かアドバイスをいただけませんか?

もしくは応援だけでも・・・妃殿下のお力をいただけたら頑張れる気がするから!

 

レアナは微笑んで・・・ミアはみんなに怖がられて避けられているポールともうまくやってるじゃない・・・だからいつも通りのあなたでいれば大丈夫よ。

それ以外のアドバイスは・・・たくさん食べちゃダメ。

それを聞いたミアは、どうしてですか?

思いっきりおいしいものを食べるために、おなかをペコペコにしていくつもりなんですけど!

明日になればわかるわと言って笑うレアナ。

祝祭前日の陛下とルマン総督、幼いころの話になり・・・!?

執務室で陛下は、フォーグ・ガルシアの追跡状況は?とルマン総督に尋ねました。

フォーグは捕まえましたが、残りの者たちはすでに逃走した後で、港の半分が深刻なダメージを受けた状態だと・・・。

陛下はかまわない・・・追跡に必要な人員以外の兵力を投入し、被害の復旧を優先するようにと言いましたが、ケビスの危険性を考慮するとまず逃走した者たちを追跡した方でいいと思います。

 

港の復旧は管轄外の者に任せて、このまま捜査を続行してはいかがでしょう?というルマン。

祝祭に合わせて来訪する者たちが多いだろう・・・先に港の復旧を急いだほうがいい。

帝国民の被害状況を把握し、支援を行った方がいいだろう。

ですが、時間が経てば逃走した者たちの捜索は困難になりますし、こちらを急ぐべきかと・・・多少の被害にこだわるよりも大きな事件に備えて動いた方がいいと思います。

 

妃殿下を襲撃しようとした者たちです。・・・陛下も襲撃にあわないか心配なのです。

昔授業でこのような討論をしたことがあった・・・性向が二極化した二つの集団のうち、片方の意見しか受け入れられないと仮定した例だった。

あの時余は、帝国民を公平に扱うべきであり、重要な状況は親交とは関係なく決めるべきだと言った。

 

しかしそなたは・・・数に関係なく属している人物が重要かどうかで変わると言った。

そうでしたっけ・・・?あまり覚えていませんというルマン総督。

 

祝祭の前日だ・・・必要のないことに気を取られてはならない。

陛下の意に従います・・・まずは捕まえたフォーグの尋問に集中しますとルマン総督はいいました。

 

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 75話のあらすじをネタバレでお伝えしました。

ついに祝祭の前日になりました。

ミアは張り切っていますが、どうなるのでしょうか?

ルマン総督しなにやら不穏な・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?を無料で読めるか調査した結果

「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

75話を読んだ感想

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 第 75話の感想をお伝えします。

まさか前世で読んだ本と同じとは言えないレアナ。

話してしまったとしても陛下に信じてもらえるかどうかもわかりませんね。

 

ミアは今まで努力してきたので祝祭をとても楽しみにしています。

テリアと過ごす時間はあるのでしょうか?

 

レアナもミアにとても大変なことは秘密にしているようです。

前もって知っているより怖くないかもしれませんね。

 

陛下は前日でも、ルマン総督と議論しています。子供の頃から討論とていた内容と、結局今の考え方も変わりはないということなのでしょうか?

信じたくはないけれど、陛下もうすうすルマン総督が怪しいと感じているのでしょうか?

 

前の事件の時は誰もそう思っていませんでしたが、今ではレアナもミアもテリアも怪しいと考えています。

それなりに手は打っているのかはわかりませんが、注意しているのといないのでは、見方がまるで違うと思うのです。

当日は・・・!?

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!?ネタバレ75話!まとめ

こちらでは75話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっと75話をまとめると・・

転生したら悠々自適の皇妃ライフ!? 75話のまとめ
  • 気にする陛下に前世の話をする訳にもいかず・・。
  • レアナは1回の経験で済む方がいいとミアに本当の事は話さなかった。
  • 陛下は祝祭前日でも、ルマン総督と議論している。