少女/女性漫画

「誓い合えない私たち」ネタバレ15話!あらすじ・感想紹介!里子のエピソード

めちゃコミ独占配信の人気コミック「誓い合えない私」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「誓い合えない私たち15話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たちの前回のあらすじ

美久の妹に会い、亮は美久と結婚するとこの子と家族になると思うと、嫌でした。
それから結婚した同僚の愚痴が増えたことなどが重なり、亮は結婚をしたいと思わなくなります。

結婚しなくても美久がそばにいる、そのことに慣れてしまっていたのでした。
そんなことを考えながら、家に帰宅すると美久の姿がありません。

そして美久から、しばらく家を空けるというメールが来ていたのです。

翌日、亮はいつも通り会社に出社すると、同僚の千穂と上司の森田が来ていました。
3人で話をしながら、結婚観に関する話をしている中、亮は彼女が出ていったとは恥ずかしくて言えず、そのうち戻ってくると楽観的に考えています。

そして美久は、家には帰らず里子の元に身を寄せていました。
このまま亮とそばにいれば、幸せが遠のくと思っていたのです。

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

誓い合えない私たち15話のあらすじネタバレ

いいなぁ

家を出てきた美久は、ここ最近にあった一連のことを里子に話していました。
その話にわかると共感する里子。
「男は都合が悪いとSEXでごまかす」と怒る里子に、美久は流される自分にも腹がたつと苦笑しました。

いつも通りにしようと思っていたけれど、1日ずっともやもやして帰宅途中家が近づくと、帰りたくないと思ってしまいます。
誰かに聞いてもらわないと爆発しそうだったと頭を抱える美久に、里子はわかるよと共感しました。

急に押しかけ、泊まることになってごめんと言う美久に、里子は明るく大丈夫だと返します。
けれど息子の夜泣きがあるからうるさいかもと言うと、平気だと笑いました。

離婚や引っ越しでバタバタして、息子には負担をかけてしまっていると言う里子。
けれど、ほとんど里子の元夫は家を空けていたから「パパは?」と言われず、そこは安心していると笑いました。

良かったと返した美久はふと、里子はえらいなと呟きます。
急にやめてよという里子に、美久は「結婚出来ているから、いいな」と笑ったのです。
そう言われ、里子は笑ったまま固まります。

里子の本音

少しの沈黙のあと「バツイチの人間をうらやましがらないで」と、軽く美久の頭を叩きました。

トイレ行ってくるねと、部屋を出た里子を見送りながら、今の言葉は本心だと思います。
昔から、里子はしっかりしていてなんでもでき、彼女の周りには常に人が集まっていたと思い出しました。

憧れだと美久は笑っていたのです。
里子は部屋をでて、扉の前で立ち止まりました。
先ほどまでの笑顔は鳴りを潜め、無表情で美久に悪気はないのだろうと考えます。
笑顔で放った美久の言葉に裏はないとわかっていました。
友達が多いよねいいなと笑う美久。

結婚したことを祝福し、いいなと言う美久と先ほどの「いいな」という言葉を思い出します。
無表情だった里子の表情が、歪んでいきました。
無邪気に言う美久の「いいなぁ」という言葉を言われるたびに、ムカついて仕方がない、と。

自分を落ち着かせるように、両手で顔を覆いながら、自分のなにを見ていいなといえるのかと思います。

美久は愛してくれる亮がいて、好意をもってくれる後輩もいて頼れる実家があります。
充分恵まれているのにどれだけ欲しがりなのかと、里子は感じていました。

自分の目指す家族

里子は、両親と弟の4人家族で、普通の一般家庭に生まれます。
里子たちにとって、父は「いい父親」でした。
けれど、母にとっては「良い夫」ではなかったのです。

父親は、子供たちのまえで母親に手を挙げるような人間でした。
父親の暴力が始まるたびに、家の中に漂う空気が嫌でたまらなかったと幼少期の里子は思います。

毎日のように、母親が言う同じ愚痴も、聞いている里子にとってはしんどいものでした。
だから自分は失敗しない、と決意します。
明るい家庭に対するあこがれは、年々強くなっていました。
数人と付き合ってみて、1番優しかった人と結婚を決めます。

母の通院があるから、結婚しても実家に戻る頻度が多いけど大丈夫かと聞けば、彼は問題ないと返しました。
親は大事にしなきゃと笑う彼を見て、穏やかでこの人は暴力を振るわないと思います。
容姿も年収もいいとは言えませんでしたが、高望みをすれば幸せはつかめないと思い普通の人を選んだのです。

結婚後、すぐにふたりには子供が出来、親も夫も大喜びでした。
幸せだと感じていたのもつかの間、夫が変わり始めます。

変わった夫

里子は体調を崩していたのですが、息子が寝ている間にご飯をつくらなければと思いつつ、そのまま眠ってしまいました。
里子!という声に、目を覚まします。

そこには夫がいて、息子の泣き声が響いていました。
息子が泣いているのになに寝ているのか、と言われ里子は慌てて身体を起こします。
泣いている息子を抱きながら、気づかなくてごめんと泣きながら言う里子。
そんな里子に、夫はご飯もないと言ったあと、なにもしていないのだから家事くらいまともにやってくれと言ったのです。

怒りそうになる自分を押さえながら、熱があってと呟きました。
すると夫は「それなら早く言って自分でなんとかするから」と、返します。
里子はありがとうと言うと、風邪をうつされたら困るから、今日は友達の家に泊まるとそのまま部屋を出ていきました。

まだ赤ん坊の息子とふたりで、取り残された里子は固まります。
そんな里子の腕の中で泣く息子。
里子は出ていった夫に、子供は?とおもうのでした。

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たちを無料で読めるか調査した結果

「誓い合えない私たち」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「誓い合えない私たち」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

15話を読んだ感想

今回は里子の過去のエピソードでした。
一言で表すなら、元夫殴りに行こうということだけです。
離婚してよかったです本当に。

なんだか美久と里子の絆の雲行きが怪しいような。
帰りたくないからと里子の家へ押しかけてしまった、と話すところまではよかったのです。
迷惑をかけてごめんという美久に、全然いいよと笑う里子は、なんていい友達なんだと思っていました。

けれど、美久が結婚できていいなという言葉から、雲行きが怪しくなります。
その場は笑顔でごまかしますが、里子はそう言ってくる美久に腹を立てていたんですね。
お互い、ないものねだりなんだと思います。
結婚を望んでいる美久にとって、離婚したとはいえ結婚し、子供がいる里子は羨ましい存在。

けれど里子は、結婚したけれど夫のせいで離婚し、シングルマザーで大変な思いをしています。
それに比べ、結婚はしてくれなくても美久を好きだといってくれる亮がいて、告白してくれた後輩がいて、実家との関係も良好な美久は充分恵まれていると感じていました。
里子にとってみれば、これ以上なにを求めているのと思います。

確かに、美久は結婚できたからといってこの先絶対幸せになる確証なんてありません。
美久の方も、自分が結婚したいと感じている相手がなかなか結婚してくれず、その話をすればごまかされ続けることが、どれだけ辛いか彼女にはわからないでしょう。

それにしても里子の過去が思ったより、ヘビーで驚きました。
父親がDV男で、子供の前で母親に暴力を振るうような人間だったとは。
自分はそうはならないと、きっと見えないところで里子は努力して友達も結婚相手も手に入れたのでしょう。
だからこそ美久の「いいな」に腹がたつのかもしれません。

問題は結婚してからです。
もう最低最悪男第1位の、屑ぷりでした。
この作品で亮以上に、嫌悪感しかない男がいるとは…。
よく聞く話ですが、子育て=母親の仕事じゃありませんからね。

体調が悪い里子に、ご飯をつくってないだ子供が泣いているだと言い放題。
なに他人事のように、いっているのでしょうか。
あなたの子供でもありますよね。

体調が悪いという妻に対して、大丈夫の一言もなく、風邪をうつされたら困るという言葉よく出てきます。
普通出ませんよね。

こんな時こそ父親のあなたが子供の面倒をみるという発想にならないのでしょうか。
稼いできてやっているのだからとでも言いたげに、家事くらいまともにという言葉もそうです。

一度、すべてやってみたらいいのでは?
子育てしながら、家事をすることがどれだけ大変か、やってみればわかると思います。
しかもこの夫、浮気もしたとかでしたよね。

もう最低としか言いようがありませんね。
とにかく別れられてよかったと思いました。
次回里子の過去編の続きなのでしょうが、夫に今回以上にイライラしそうです。

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たち15話!まとめ

こちらでは15話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

誓い合えない私たち15話のまとめ
  • 離婚や引っ越しでバタバタして、息子には負担をかけてしまっていると言う里子。けれど、ほとんど里子の元夫は家を空けていたから「パパは?」と言われず、そこは安心していると笑うのだった。
  • 美久は愛してくれる亮がいて、好意をもってくれる後輩もいて頼れる実家がある。充分恵まれているのにどれだけ欲しがりなのかと、里子は感じていた。
  • 結婚後、里子と旦那の間にはすぐにふたりには子供が出来、親も夫も大喜び。幸せだと感じていたのもつかの間、夫が変わり始めてしまうのだった。