少女/女性漫画

「誓い合えない私たち」ネタバレ8話!あらすじ・感想を紹介!ときめかない美久

めちゃコミ独占配信の人気コミック「誓い合えない私」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「誓い合えない私たち8話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たちの前回のあらすじ

美久の友人千穂は自分の仕事にやりがいを感じ、結婚には魅力を感じていませんでした。

同僚になった亮と仕事の出先で結婚について話すことに。

亮から彼女が結婚を望んでいることと、ある日彼女の会社の同僚から言われたことに関して相談されていました。

彼女は自分一筋だからとの言葉に、結婚をしたい女性が親しい関係の同僚から結婚したいと言われたら揺れるものだと言います。

納得していない様子の亮に千穂は、取られてからでは遅いと忠告しました。

誓い合えない私たち8話のあらすじネタバレ

すごい自信

そういえば、と亮はその同僚が告白していいかと言っていたことを思い出します。

驚いた千穂はちゃんと怒ったのか聞くと何を言ってるのと思ったと言いました。

その回答に冷めた目を向ける千穂。

亮は好きにすればいいと思うと言い、それに対して告白されてもいいのかと訪ねます。

その疑問に「彼女は自分一筋だから」気にならないと笑いました。

すごい自信に改めて苦手だと感じています。
亮はそんなことを思われているとは知らず、仕事を頑張ると自分に喝を入れました。

そんな亮の背中を見ながら、千穂は過去に出会った男たちを思い出します。

男尊女卑の世の中

差別のない社会になっていても未だに男尊女卑があり、仕事が出来る女に男は厳しい、と。

千穂の仕事を尊重してくれた男は皆ヒモになっていったのだそう。

亮は同じ志を持ち、仕事が好きな女に偏見を持たない数少ない人。

だから、自分には亮のような人が合っているのかもしれないと思います。

じっと亮を眺めていた千穂の目線に気づき、どうしたのかと言えばなんでもないと答えこの人だけは無いと心の中で思うのでした。

ご飯を準備して一息着いた美久は告白を思い出しどこまで信じていいのかと感じています。

いつもさりげなくフォローしてくれていた水越の顔が浮かんで振り払うように頭を振りました。

水越は真面目で優しくて嘘をいう子ではないのだと言い聞かせます。

好きでしたと言う言葉に体が暑くなり、10年前に亮にされて以来なのでドキドキしているようでした。

自分にはずっと亮だけで、彼にだけドキドキしてきたからこんな経験は久しぶりで水越の言葉に揺れているのか、と思います。

美久の名前を呼ぶ亮をおもいだし、ドキドキする一方で押し寄せる罪悪感に浮気ではないのかと疑問に感じていました。

久しぶりのお誘い

わかんないと言い、スマホを除くと誰からの通知もないことに涙目になります。

どうやら友人の里子と千穂に相談をしたいけれど、メッセージに気づいてないようでした。

そこで自分には友達がいないという事実に気づいてしまいます。

少し悲しくなっているとスマホの音に驚き、見てみると電話の相手は亮でした。

電話をとると亮が夕飯はもう食べたのか聞かれ、近くにいいお店を見つけたから外食しようと言います。

もう夕飯をと言う言葉を聞かず、亮はURL送るとそのまま電話を切ってしまいました。

勝手だと思いながら切られたスマホを見つめます。

URLが送られそのメッセージを見ながら誘ってくれたのは嬉しいが、亮の分も作ったのにと残念に思いました。

もうメイクも落として完全に家でまったりするモードに入ってしまっているとも思います。

部屋着だけれど、近所なら今のままでいいかとそのまま出掛けることにしました。

ときめかない

ナビアプリを使い、歩きながら目的地が本当に近くで驚いている美久。

しかし店につき美久は部屋着で来たことを後悔しました。

店の前では亮が手を振り、声をかけてきます。

美久は予想よりもオシャレなカフェだった為、ちゃんとしたところなら言ってと不満を言いました。

しかし亮は美久が慌てている様子が分からずに、そんなにかしこまる場所ではないと言います。

中に入り運ばれてきた食事を1口食べると美久は美味しいと目を輝かせました。

亮はこの間教えて貰って美久を連れて来てあげようと思ったと笑顔を見せます。

美久はその時少しだけ違和感を感じていました。

亮は最近ぶつかることが多くなって、リセットしたいと言い出します。
愛しているからまた仲良くしようと笑顔を見せる亮に、うんと何とか笑顔をつくりました。

いつもなら嬉しいはずのからの愛の言葉が全くときめかなかったのです。

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たちを無料で読めるか調査した結果

「誓い合えない私たち」はめちゃコミ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「誓い合えない私たち」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

8話を読んだ感想

少しだけ、千穂と亮にフラグがたったのは気のせいでしょうか。

今回の話も亮はとてつもない自信でしたね。

千穂が男尊女卑のことについて少し触れていましたが、千穂の気持ちが私には少しだけわかる気がします。

仕事が好きで、まさに仕事に生きるという千穂にとって女性はどうせやめるから、女のくせにという言葉をどれほど言われてきたのでしょう。

千穂にとってこの社会はとてつもなく生きづらいのかもしれません。

そういう女性にとっては同じくらい仕事に情熱を注ぐ亮は合っているかもしれませんね。

でも美久と千穂の友情に傷は入ってほしくないです。
そして突然のドタキャンの埋め合わせのお誘い。
ご飯ももう用意していて、部屋着なのに外でたくないですよね。

すごくわかります。
けれど亮も良かれと思って誘ってくれたのでもう家でゆっくりしたいからと言うのも失礼な気がしますし。

本当に亮は行動すべてが空回りしていて、美久とかみ合っていません。

本人がそれに気づいていないというのも問題があるのですが。

最近もめることが多かったというのもそもそも亮が問題ですよね。

確かに美久が言い出さなかったらもめることもなかったと言われればそれまでですが。

女性なら結婚したいという気持ちを持っていて、それを口にすることがどれだけ勇気がいることか全く理解できていません。

仲直りしようという一言で仲直りできる問題なのでしょうか。

2人の将来にかかわることで、子供の喧嘩のように簡単に終われる問題ではないでしょう。

少なくとも美久の中では。

愛しているという言葉にドキドキできなかったのは、おそらく水越の告白が新鮮すぎて頭から消えてくれないというのが大部分でしょう。

けれど、亮にたいする気持ちは少し薄れてきたのかなと思いました。

それに気づかない限り亮はこのまま美久を手放すことになってしまうかもしれませんね。

<前話 全話一覧 次話>

誓い合えない私たち8話!まとめ

こちらでは8話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

誓い合えない私たち8話のまとめ
  • 亮の背中を見ながら、千穂は過去に出会った男たちを思い出していた。
  • ご飯を準備して一息着いた美久は水越の告白を思い出し、どこまで信じていいのかと感じる一方ドキドキしていた。
  • 一緒に食事をした、亮からかけられた言葉に全くときめなかったのだった。