少女/女性漫画

「私と夫と夫の彼氏」11巻あらすじ・ネタバレ・正気にもどってよかった

コミックシーモアで読める「私と夫と夫の彼氏」11巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

前回は、久しぶりに明るいお話でした。

最初は、いつぶりかというセックスの最中に悠生が伊奈に言われた言葉を思い出し、不安なスタートをきります。

しかし、美咲が勇気をだしたおかげで、少しずつ2人の距離感を確認することができました。

その後はなんと、悠生の方から美咲を求めるという展開に発展します。

これは読んでいて、かなりの衝撃がありました。

美咲よかったな・・・と思いつつ、最後は三角先生が伊奈の写った卒業アルバムをみていることがわかったところで終了となります。

私と夫と夫の彼氏11巻あらすじ・ネタバレ

前に進む

とある日、美咲は自宅で授業用のプリントを作成していました。

しかし頭に浮かぶのは、先日のセックスの様子です。

ぼーっとして仕事が進まないでいると、悠生に話しかけられました。

美咲が仕事だと説明すると、悠生は土曜日なのに大変だと言って労います。

「晩御飯は何がいい?」と聞く悠生に感謝して、美咲は鍋と伝えました。

了承した悠生は出かける準備をした後、家を後にします。

悠生が外出した後、美咲は思いました。

色々あったけど、これで前に進むことができる。

仕事用にパソコンがついていることを思い出し、美咲はインターネットで検索しました。

検索したキーワードは『夫 ゲイ』です。

思いのほか、たくさんヒットしたことに驚きつつサイトをみていく美咲。

結婚20年目にして発覚した夫婦や、子どもが2人いるなかで発覚した夫婦など様々あるなか、自分達はまだ早いタイミングで知ることができてよかったと安堵するのでした。

正気

場面は切り替わり、スーパーになります。

悠生が鍋の具材を買っていると、三角先生が声をかけてきました。

悠生にとっては知らない人から話かけられたので、驚きます。

三角先生は、美咲と同じ学校で教師をしていると説明して自己紹介をしました。

いつも妻がお世話になっておりますと言って、頭を下げる悠生。

三角先生は、以前美咲から夫婦2人の写真を見せてもらったことがあり、覚えていたと言いました。

納得する悠生に、三角先生は言葉を続けます。

「先日お見かけして・・・」という三角先生の言葉にドキっとする悠生。

嫌な予感は当たりました。

すぐそばにある八百屋の前で、男性といるところを見たといった三角先生は、場所を変えて話しましょうと提案したのです。

2人は喫茶店へと入りました。

三角先生は担当直入に、悠生が伊奈とキスしているところを目撃したと告げます。

悠生が同意すると、三角先生は美咲が知っているのかと尋ねました。

そして、美咲が2人の関係を認知していると知って驚きます。

今後はどうするつもりなのかを尋ねる三角先生。

悠生は伊奈と別れたことを伝え、美咲と1からやり直すことになったと話しました。

その言葉に安堵した三角先生は、出過ぎた真似をしてしまったことを謝罪します。

むしろ心配させてしまったことを申し訳ないと言って謝る悠生。

三角先生は最後、無意識に悠生の心を深く傷つける言葉を言ってしまいます。

男の人だから、一時の気の迷いでおかしくなっただけ・・・正気にもどってよかった。

三角先生に対して悠生が最後に言った言葉は、これからの人生を全て美咲に捧げるというものでした。

選択の正否

悠生が三角先生と話していた頃、美咲はネット検索を続けて、とある記事を目にします。

夫が同姓愛者だと判明したとき、結末は大きく3つに分かれるというものでした。

3分の1のカップルは喧嘩になって、すぐに別れるといいます。

3分の1のカップルは円満に離婚が成立するといいました。

そして残りの3分の1は・・・一緒にいる方法を模索するというものです。

記事を見ながら美咲は、自分達は3つ目だと思うのでした。

そのまま記事を読み進めていると、気になる内容を見つける美咲。

それは、3つ目の選択を選んだと『ある女性』の体験談でした。

通常、同性愛の人が自らの配偶者に対してカミングアウトをすることはないと言います。

要因はいくつかありますが、パートナーとの愛情や友情が理由というケースもあるそうです。

美咲は、悠生が言った「美咲のことは『人として』すごく好き」という言葉を思い出します。

体験者はあるとき彼に、ある言葉を言われました。

これ以上先に進むことはできない・・・。

美咲は、悠生が言った「これ以上自分に嘘をつくのは無理」という言葉を思い出します。

体験者は、彼に言いました。

もちろん進める。

美咲は、自分が言った「それでも悠生がいい」という言葉を思い出します。

記事の最後は、このように締めくくられていました。

「進める」と言葉を伝えた翌日、配偶者は自ら命をたった・・・。

自分と重なる道を歩んだ体験者の結末が夫の自殺ということに、美咲は不安を感じます。

悠生が出かけた時間を確認して、買い出しにしては時間がかかりすぎていると思いました。

送ったメッセージは、既読にもなっていません。

電話も出ませんでした。

関係

美咲は『死』以外の可能性として、伊奈のところへと行っているのではないかと考えます。

しかし、自分に人生を捧げるといった悠生は自分を裏切らないと考え直しました。

悠生のことを信じている美咲ですが、一抹の不安はぬぐえません。

伊奈の部屋番号を覚えていた美咲は、勇気をだして伊奈家のインターホンを鳴らします。

伊奈は家で、引っ越しの準備をしていました。

突然鳴ったインターホンに、何か届く予定だったかと疑問に思う伊奈でしたが、画面に映る美咲の姿に驚きます。

美咲が「仲道です」と名乗ると、見ればわかると答えた伊奈は用件を聞きました。

「悠生はいますか?」と美咲が尋ねると、伊奈はドアをあけて出てきます。

引っ越しの準備中で散らかっているけど、中を確かめるか尋ねました。

美咲が「引っ越し?」と疑問に思うと、伊奈は「自分も色々と忘れる為に必死」と答えます。

美咲は原因が自分にもあると感じ、慌てて謝りその場を去ろうとしました。

しかし伊奈は美咲の手をとって引き止め、何があったか質問します。

美咲は、「悠生と連絡がつかないけど大丈夫」と答えますが、伊奈は「大丈夫な顔をしていない」と言い、さらに言葉を続けました。

伊奈が「自分も探す」と言うと、美咲は「伊奈には関係ない」と言います。

そんな美咲の言葉に対して「関係ある」と答える伊奈。

「自分の好きな人をほっておけない」と伊奈が言ったところで終了となります。

<前話 全話一覧 次話>

私と夫と夫の彼氏を無料で読めるか調査した結果

「私と夫と夫の彼氏」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

私と夫と夫の彼氏11巻を読んだ感想

予想していない展開へと話が進みました。

てっきり、美咲と悠生と伊奈でドロドロな三角関係にでも繋がるのかと思いきや・・・死が絡んできています。

冒頭から振り返ってみると、スタートは穏やかでしたね。

ずっとモヤモヤを抱えていた美咲にとって、久しぶりに悠生と一緒になれたのは、さぞ嬉しいことだったのでしょう。

それがよく伝わりました。

一方で、美咲が忙しいと知ると自分が料理をすると言って買い出しにいく悠生。

自然なことですが、ここだけ切り取ってみると素敵な夫婦です。

場面は切り替わって、スーパーになりました。

ここで登場するとは思っていなかったので、三角先生の登場は驚きです。

まわりに言うわけでなく、美咲に言うでもなく、まさか悠生本人に接触するとは・・・。

自身も妻であることから、同じ立場の美咲を思っての行動だとは思いますが、なかなかできることではないと思います。

途中まではよかったですが、最後に気になるシーンがありました。

『同性愛=普通ではない』という考え方を口にしてしまったところは、悪手だったのではないでしょうか。

誰しもが「自分は異常だ」とばかりに言われると傷つきます。

11話の後半では悠生と連絡がつかなくなっていますし、心配ですね。

一方、美咲は美咲で驚きでした。

体験談から自分達の未来を想像して不安になる美咲・・・思い起こせばかなり体験談とシンクロしているので、当然ですね。

伊奈のところに行ったのは、悠生のことを『疑った』のではなく、悠生が『死のうとしていない』ということを確認したかったのかもしれません。

話の最後、伊奈が「自分の好きな人をほっておけない」と言った部分はよかったですね。

浮気をしていたこと自体は問題ですが、悠生にとっては美咲も悠生も大切な人。

その大切な人が大丈夫じゃない顔をしていたり、連絡がつかないと聞いたりすると、やっぱり不安に感じると思います。

そこで「終わったことだから関係ない」と切り捨てるのではなく、「大切だからなんとかしたい」と思って行動できることは、伊奈の美点だと感じましたね。

次回は美咲と伊奈が、悠生を探すお話だと思います。

無事に見つけることができるのか、もしくは最悪の事態が・・・。

不安と先の展開が気になるドキドキを抱えながら、次の話を待ちましょう。

私と夫と夫の彼氏11巻まとめ

こちらでは11巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

私と夫と夫の彼氏11巻まとめ
  • 美咲が忙しいと知ると自分が料理をすると言って買い出しにいく悠生。美咲はインターネットで『夫 ゲイ』で検索しサイトをみていきます。
  • スーパーで買い物中の悠生に三角先生が声をかけます。美咲と同じ学校で教師をしていると自己紹介をしました。場所を変えて話しましょうと、2人は喫茶店へと入りました。
  • 三角先生は悠生が伊奈とキスしているところを目撃したと告げます。悠生は美咲と1からやり直すことになったと話しました。三角先生は正気にもどってよかったと言いました。
  • その頃、美咲はネットでとある記事を目にします。『ある女性』の体験談でした。記事の最後は、夫の自殺ということに、美咲は不安を感じます。
  • 悠生の帰りが遅いので、伊奈の家に行っていると思いインターホンを鳴らします。伊奈は家で、引っ越しの準備をしていました。
  • その場を去ろうとする美咲に何があったか質問します。美咲は「伊奈には関係ない」と言います。伊奈は「自分の好きな人をほっておけない」と言いました。

<前話 全話一覧 次話>