少女/女性漫画

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」ネタバレ26話!あらすじ・感想を紹介!記憶にない人物

ピッコマ独占配信の「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前回のあらすじ

視力が回復したクレアは犯人捜しを始めることに!

まずはクレアに届いた招待状に返事を送ることにしますが、届いてた10通の手紙のうち6通が脅迫めいた手紙で…。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話のあらすじネタバレ

真犯人からの手紙

毒殺の真犯人を探すためにクレア宛に届いていた10通の手紙を確認したものの、6通が脅迫めいた手紙。
そして、残りの4通のうちの2通は事業についての手紙で、期待していたお茶会への招待状はたったの2通だけ…。

クレアは2通の招待状から犯人を捜し出せるのか…お茶会に行く体力はあるのか…など、色々不安になります。

すると、アイザックにお茶会を開いてもらって犯人をおびき寄せる作戦を思いつきますが、すぐに我に返ってそんなに上手くいくわけないか…と考えて落ち込みます。

クレアはとりあえず、アイザックに見られないように不気味な手紙を片付けることにしますが、手がすべって手紙を床にパラパラと落としてしまいます。
イライラしながら手紙を拾うクレア…。

気持ち悪がりながら髪の毛の束も拾います。
その時、テーブルの下にまだ確認していない1通の封筒が落ちていることに気がつきます。
ガタガタ震えていた侍女が、封筒を1枚落としたことを思い出すクレア!

さっそく手紙の内容を確認してみると、殺してやる…よくも人間のふりをして…など、他の手紙よりも深い憎しみが感じられる内容での文章でゾッとします。

しかも、クレアが死にかけたことを知っているような内容の文章なので、クレアは犯人からの手紙だ!と確信します。

手紙の差出人を調べる方法

毒殺の真犯人は、パーティーでクレアがまだ生きていることを知った可能性があります。
手紙を送ってきたということはまたクレアを狙っている…と考えながら差出人を確認しますが、堂々と書いてあるわけがありません。

クレアが誰かに手紙の差出人を調べてもらおうかと考えていると、ふとパンの笑顔が浮かびます。
クレアはパンに頼むのはさすがに危険だと判断しますが、最近姿を見ていないことに気がつきます。

リノ邸で倒れてからパンの存在を忘れてしまっていたクレアは反省しますが、考えごとばかりで疲れてしまいそれどころではありません。

ぐったりとイスに倒れこみながら、犯人とクレアとの間に一体何があったんだろう…と想像しているとコンコン!とノックの音がします。
慌てて髪の毛の束と手紙を隠すクレア…。

その後、部屋に入ってきた侍女たちはクレアの心臓や咳の状態を確認します。
どうしてそんなことを確認するのか気になるクレアですが、侍女たちは心臓発作が起こるかもしれないことや、目も見えなくなることを聞いたようでとても心配してくれています。

クレアは誰の話かな?ととぼけますが、何でも言ってください!と真剣な眼差しで見つめてくる侍女。
クレアは困りながら、アイザックは一体どんな説明をしたのだろう…と考えます。

夜の皇帝

今は本当に大丈夫だから心配しないで!と言って、侍女たちを安心させようとするクレア。
前から仕えてくれている侍女たちは、今までよりも気を付けてお仕えするので任せてください!と気合を入れます。

大げさすぎて少し不安になりますが、心配してくれるのは嬉しいと感じるクレア…。
すると、侍女がテーブルの上に置かれた手紙を見てお茶会に参加しようとしていることに気がついたので、クレアは社交活動をしようかと思って…とごまかします。

侍女たちは社交活動をすれば夫婦で幸せな時間が過ごせますね!と喜ぶと、誰から招待されたのか気になります。
クレアがティラン伯爵とサラミ侯爵…と答えると、サラミ侯爵の名前に異常に反応する侍女たち…。

クレアは手紙を確認しながら、記憶の中にいなかったサラミ侯爵とはどんな人だろう…接点がなかったのか?記憶が消えてしまったのか?と考えます。

そして、両方のお茶会に参加するのは無理だと考えて、どちらのお茶会に参加しようか悩みます。
一方で、侍女たちはクレアがサラミ侯爵から招待されたことを知って目をキラキラと輝かせながら大興奮!

なにやら男女ともに一目ぼれしてしまうほどの美貌の持ち主で、仕方なくいつも仮面をかぶっているようです。
話を聞いても全く興味のないクレアですが、『夜の皇帝』とも呼ばれていることを知って思わず吹き出します。

興奮し続ける侍女たちを見ながら、クレアはサラミ侯爵のお茶会には絶対に行かないと決意したのでした…。

 

<前話 全話一覧 次話>

余命僅かな悪女にハッピーエンドをを無料で読めるか調査した結果

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

26話を読んだ感想

クレア宛に届いた10通の手紙のうち6通が脅迫めいた手紙でしたが、気になる残りの4通は2通が事業の手紙で、お茶会への招待状は2通だけしかありませんでした!

もしかして招待状は1通もないのかと不安になっていましたが、2通だけでもあってよかったです。

そして、床に落としてしまっていた封筒が、毒殺の犯人と思われる人物からの手紙でした!
人間のふりをして…など、明らかに体のことを知っているような内容で、まだクレアのことを狙っているようです。

今回は手紙の差出人の特定はできませんでしたが、手紙を手掛かりとしてどうやって犯人捜しをするのか気になります!
クレアがパンのことを思い出していましたが、パンが犯人捜しを手伝ってくれるのでしょうか。

また、お茶会への招待状が2通来ていましたが、そのうちの1通のサラミ侯爵は『夜の皇帝』と呼ばれていることがわかりました。
侍女たちがサラミ侯爵の名前を聞いたときに異常に反応していたので、犯人につながるのか!?と期待しましたが全く違いました。

目をキラキラと輝かせて興奮していた侍女たちがおもしろかったですね~。
なぜ、夜の皇帝と呼ばれている人がクレアを招待したのかも気になりますが、どれほどの美貌の持ち主なのか早く見たくて仕方ありません!

クレアは夜の皇帝と聞いて絶対に行かない!と決意していましたが、どんな人か見てみたいのでサラミ侯爵のお茶会に行ってほしいですね~。
そして、クレアの記憶の中にサラミ侯爵の記憶が全くないのも気になります。

面識がないのか、もしくは記憶が消えてしまったのか…。

どちらにしても、サラミ侯爵のお茶会を選ぶことを期待します!
今後の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話!まとめ

こちらでは26話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを26話のまとめ
  • 手紙の内容を確認してみると、殺してやる…よくも人間のふりをして…など、他の手紙よりも深い憎しみが感じられる内容での文章でゾッとするのだった。
  • 部屋に入ってきた侍女たちはクレアの心臓や咳の状態を確認。どうしてそんなことを確認するのか気になるクレアだが、侍女たちは心臓発作が起こるかもしれないことや、目も見えなくなることを聞いたようでとても心配してくれていた。
  • 興奮し続ける侍女たちを見ながら、クレアはサラミ侯爵のお茶会には絶対に行かないと決意したのだった。