少女/女性漫画

【最新話】「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」ネタバレ27話!あらすじ・感想を紹介!アイザックの殺気

ピッコマ独占配信の「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「余命僅かな悪女にハッピーエンドを27話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>
全巻無料で読む方法

前回のあらすじ

クレアはテーブルの下にまだ見ていない封筒が落ちているのを発見!

手紙には深い憎しみが込められており、クレアが死にかけたことを知っているような内容の文章だったので犯人からの手紙だと確信します。

そして、2通のお茶会の招待状が届いていましたが、1通は『夜の皇帝』と呼ばれるサラミ侯爵からの招待状で…。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを27話のあらすじネタバレ

夜の皇帝の名付け親の正体

クレアが夜の皇帝からの招待を断るつもりだと知って驚きを隠せない侍女たち。
そして、夜の皇帝の魅力を熱く語ってから断る理由なんてない!と訴えますが、クレアのテンションは下がるばかり…。

クレアは夜の皇帝の話を終わりにさせようと思い、皇帝と言ってたら不敬罪で捕まるわよ!と脅します。

すると、皇帝陛下が名付けたんです…と言いにくそうに打ち明ける侍女たち。
クレアは理解できずに驚きますが、気を取り直して夜の皇帝からの招待状は捨てておくように頼みます。

しかし、めったに外出しない夜の皇帝からの招待というだけあって、侍女たちは断るのはもったいないと再度訴えます。

みんなが憧れる夜の帝王がどうして招待しようと思ったのか気になり始めるクレア…。
悪い噂が多かったクレアと友達になりたいとは考えにくいので、いじめるために招待したのかもしれない…と考えます。

夜の皇帝ってどんな人?

クレアが見たことがない侍女がいたことを話すと、新しく3人採用されたことがわかります。
アイザックが使用人を増やすことを提案したようですが、6カ月間の契約期間なのにやりすぎだ…と考えるクレア。

そして、アイザックに終わる時のことばかり考えるな!と怒られたことを思い出しますが、失った時の喪失感を大きくしないためには仕方ないことなのよ!と気持ちを切り替えます。
急に大人しくなってしまったクレアを心配する侍女たち。

クレアは昼寝でもすると言って侍女たちに部屋に戻るように指示を出します。
1人になったクレアは、夜の皇帝のせいで疲れた~!!と手紙をにぎりしめながら怒りを爆発させます。

招待状はくしゃくしゃになってしまいましたが、夜の皇帝がどんな人なのか気になるクレアは、アイザックに聞くのは抵抗があるのでイクリプスに聞いてみようと考えます。
考えることが多すぎて頭がパンクしそうになり、大声を上げるクレア…。

その時、アイザックがひょっこり顔を出します。
一瞬時が止まったクレアですが、アイザックがいつから部屋にいたの確認!
アイザックは何回ノックしても反応がなかったので、少し前に部屋に入ってきたようです。
部屋に入ってはダメだったのか確認するアイザック。

クレアは問題ないです!と答えながら、仕事の時間中に会いに来るなんて何かあったのかと尋ねます。

絶対に隙を見せたくない!

知り合いの医者に体の状態を一度診てもらおう。と真剣な顔で話すアイザック。

クレアはそんなことを言うために仕事を抜け出してきたのか…とあきれますが、医者に診せたら今の状態を誰かに知られる可能性がある。絶対に隙を見せたくないと思っているんです!と話します。

『隙』という言葉が引っかかるアイザック。

クレアは、私は嫌われているので毒殺されそうになったことをみんなが知ったら喜ぶだろうし、体の状態を知られたら噂になってしまう…。と言いながら、手紙のことを思い出してブルっと震えます。

クレアの様子を見ていたアイザックは、テーブルの上に置かれた手紙が怪しい…と考えて、急いで手紙を確認します。

憎しみが込められた手紙を読んで、ゴゴゴゴゴと音を立てながら殺気を出すアイザック。
すると、殺気に耐えられずに臓器機能が70%に制限されるとの警告が!

もう一度倒れるわけにはいかないクレアは、アイザックの顔をガシッと力強くつかんで、私は平気なので落ち着いてください!怒る人は嫌いです!と必死に訴えるのでした…。

 

<前話 全話一覧 次話>

余命僅かな悪女にハッピーエンドをを無料で読めるか調査した結果

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」はピッコマ独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「余命僅かな悪女にハッピーエンドを」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

27話を読んだ感想

クレアは夜の皇帝のお茶会には行かないと決意しましたが、侍女たちは絶対に出席した方がいい!と猛プッシュしていましたね~。

クレアは話を終わりさせようとして不敬罪で捕まるわよ!と脅していましたが、夜の皇帝と呼び始めたのは皇帝陛下だったことがわかりました。
しばらく登場していなかったので皇帝陛下の存在を忘れかけていましたが、やっぱり良いキャラしてますね~。

皇帝陛下が名付け親ではクレアも怒れないですね…(笑)。
そして、あまりに侍女たちが猛プッシュしてくるので、夜の皇帝がどうして招待したのか気になり始めたクレア。

あれだけアピールされたら気になって当然ですよね~。
私は夜の皇帝のお茶会に参加してほしと思っているので、侍女たちに感謝です!

クレアは悪女として有名なのでいじめるために招待したのかもしれないと考えましたが、真相はどうなのか気になります。

また、アイザックが仕事をわざわざ抜け出して体の状態を医者に診てもらおう!と言いに来てくれましたが、隙を見せたくないクレアは必死に抵抗。
クレアの言う通り、体の状態を知られてしまったら大騒ぎになる可能性が高いですよね!

しかし、何かを隠していると勘づいたアイザックに、クレア宛の手紙をあっさりと見られてしまいました。

こんなにすぐ手紙を見られてしまうとは思っていなかったので驚きましたが、このままではクレアがアイザックにバレないように犯人捜しをしそうだったので、見られてよかったのではないでしょうか。

アイザックは髪の毛の束や手紙を見て殺気を出すほどの怒りを爆発させていましたが、殺気に耐えられないとの警告が!
殺気はクレアの体に影響がありますが、危険を察知して怒り出すアイザックがカッコよかったです。

クレアのことを大切に想っている気持ちがビシビシと伝わってきて嬉しくなりました。
このままでは倒れてしまう!と身の危険を感じたクレアが、怒る人は嫌いです!と必死に訴えていましたが、これは絶大な効果を発揮しそうな予感!!

クレアに嫌いなんて言われてしまったら、ショックを受けてアイザックが倒れてしまうのではないでしょうか…。

クレアがまた倒れてしまったら時間をだいぶロスしてしまうことになるので、アイザックの怒りが収まることを期待します。

次回の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

余命僅かな悪女にハッピーエンドを27話!まとめ

こちらでは27話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

余命僅かな悪女にハッピーエンドを27話のまとめ
  • みんなが憧れる夜の帝王がどうして招待しようと思ったのか気になり始めるクレア。悪い噂が多かったクレアと友達になりたいとは考えにくいので、いじめるために招待したのかもしれないと考えていた。
  • アイザックは何回ノックしても反応がなかったので、少し前に部屋に入ってきた様子。部屋に入ってはダメだったのか確認するアイザック。
  • 手紙を読んで、ゴゴゴゴゴと音を立てながら殺気を出すアイザック。すると、殺気に耐えられずに臓器機能が70%に制限されるとの警告が。