少女/女性漫画

「全力で愛していいかな」19巻あらすじ・ネタバレ。嫉妬する瀬尾さん

広告で大人気の漫画「全力で愛していいかな」の第19巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

ようやく、本音と涙をあふれさせた千世。

それからは、自分はひとりじゃないと、気付けるようになったのでした。

今、お試しながら、お互いに付き合ってみて。

千世は、もっと瀬尾さんといたい、と感じます。

一方瀬尾さんは、早く終わってほしいと望んでいて—!?

【無料で試し読み!】
2021年人気TL漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

宇宙の始祖様の番になるしかない
女性
触手
中出し
近未来、地球外生命体が普通にいる地球で普通のJDが地球外生命体からつがいにしたいと望まれ触手でぐちょぐちょにされて後戻りできなくなる漫画
71236

66347


ダメな私は職場の後輩に守られっ話
女性
年下攻め
先輩後輩
昔から人と話すことが苦手だったひよりは、自分の意見を押し殺して27年生きてきた。そんな時いつもひよりを守ってくれるのは、5つも年下の後輩社員、結月。イケメンでムードメーカーな彼は、ひよりとは正反対のタイプだったが…「結月くんの隣は心地いい…」自分を気遣ってくれる結月に、ひよりははじめての恋を自覚せざるを得なかった。しかしとある出来事をきっかけに、優しかった結月の様子がおかしくなり…?やっつけです。
41182

66347


dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾
女性
双子
乱交
ジェーンドゥ(名無し)の魔女と呼ばれる主人公は、自身の「ある理由」から竜人族奴隷の双子を買う決心をする。それから数年後、すっかり大きくなった双子と生活していた主人公。奴隷として双子を買い取ったものの、まるで家族のような距離感——。けれど、成長した双子は主人公が「家族」として自分たちを扱うことと頑なに話したがらない「彼女の隠し事」に矛盾を感じ始める。
39124

38784

全力で愛していいかな19巻あらすじ・ネタバレ

嫉妬

瀬尾さんは、職場の後輩・潤と、バーに来ていました。

潤と社長には、千世ちゃんとの恋愛相談にのって貰っていました。

勿論、千世ちゃんとのお試しのお付き合いについても、知っています。

ふいに、潤から指摘されます。

お試しのお付き合いを始めてから、瀬尾さんはずっと浮かない顔をしている、と。

片想い期間の方が、ずっと楽しそうだったと。

相談に口を開こうとした、瀬尾さんの脳裏を。

先日相談した際の、社長の言葉が過りました。

千世ちゃんからすれば。

見知らぬオジサンたちが、自分たちの恋愛事情を知っているのは。

かなり気の悪くなる話なんじゃないかと。

グッと、瀬尾さんは言葉に詰まります。

そして、言葉を変えて、潤に相談をします。

結婚してからも、奥さんに嫉妬したことはあるか、と。

潤はアッサリと、あると答えました。

男の友人に、アイドルに俳優。

潤の妻は、すぐに推しを作るのだそうです。

潤は、妻の意思を尊重していました。

嫉妬から妻に怒ることは、特にはありません。

やんわりと嫉妬の意を伝えて、自己完結。

それが、いつものパターンだと話します。

参考になった、と。

微笑む瀬尾さんの表情は、晴れません。

やっぱりコントロールできるものなのだと、落ち込むばかりです。

事の起こりは、千世ちゃんと温泉施設デートに行った時のことです。

偶然再会した、彼女の因縁の相手が。

彼女の肩を抱いたのです。

嫌でした。

千世ちゃんの肩に、他の男が触れるのも。

千世ちゃんに、他の男が馴れ馴れしく話しかけるのも。

千世ちゃんのことを、他の男が語るのも。

どうしようもなく、嫌だったのです。

こんな感情、本当にコントロールできるものなのでしょうか。

自信なんて、ありませんでした。

膨れあがる想い

また、ふいに恐ろしくなります。

自分たちはまだ、お試しのお付き合いなのです。

千世ちゃんがもし、やっぱり瀬尾さんとは付き合えない、と言ったら?

一度は手放そうと決めた、千世ちゃんの手。

しかし思いがけず、その手は自分に伸ばされて。

千世ちゃんは、自分とのお付き合いを。

前向きに考えたいと、言ってくれました。

しかし、お試しのお付き合い期間を経て。

それでもやっぱり、千世ちゃんから「No」が帰ってきた時。

自分はもう、その手を離せる気がしないのです。

離れていこうとする彼女の手を。

無理矢理掴んで、自分の腕の中に。

閉じ込めてしまうのではないかと—-。

嫌な予感を、振り払って。

瀬尾さんは、帰ろうか、と促します。

外行きの笑顔を貼り付けて。

彼女と過ごした、大切な思い出を。

後悔したくないと思うのに。

自分の中で、彼女への想いは膨らむばかりでした。

いつ自分のコントロールの下から。

飛び出してもおかしくないくらいに。

本郷先輩夫婦

千世は、会社の慰労会に参加していました。

髪を、いつもよりゆるく束ねて。

おめかしした格好で、片隅で料理を楽しむ千世に。

篁(たかむら)!、と苗字で呼びかけてくるのは。

新人の頃にお世話になった、本郷灯(ほんごう あかり)先輩です。

今こそ、部署が離れてしまったものの。

紅山との噂で、千世が弱っていた際。

最後まで千世の味方でいてくれた、頼りになるやさしい先輩です。

その横で、千世!と。

大型犬のように、千世に抱きついてこようとするのは。

本郷先輩の旦那さん・太郎先輩です。

本郷先輩が、とっさにハグを止めるものの。

太郎先輩に、反省の色は見えません。

留学した際に、間違ったハグ文化を覚えてきてしまった、残念なイケメンさんでした。

相変わらず、元気で仲の良い2人に。

微笑ましくなる千世です。

千世を変えたもの

話題は、千世の話に。

太郎先輩からは、もうちょっとマメに連絡するように、と淋しがられますが。

本郷先輩は、以前より反応を返してくれるようになった、と話します。

仕事に余裕ができのかと聞かれますが。

原因は、瀬尾さんでした。

瀬尾さんとの、お試しのお付き合いが始まってからというもの。

いつ、瀬尾さんから連絡があるかと。

携帯を気にするようになったのです。

男か!と。

太郎先輩は、千世の反応を見逃しません。

嬉しそうに、はしゃぎ出します。

その隣で、本郷先輩は慌てた様子。

ごめん篁!と、すぐに謝ってくれます。

紅山の一件、千世が男性関係で嫌な思いをしたことを、気にしてくれているようです。

千世は、顔を真っ赤にします。

太郎先輩の勘は、大当たりなのです。

2人に、瀬尾さんとのことを打ち明けます。

お試しのお付き合い、と聞いて。

太郎先輩は、疑問符でいっぱいの様子。

普通に付き合えばいいじゃん、と千世に尋ねます。

千世は、目いっぱいに、瀬尾さんをフォローするのです。

自分の我儘に、付き合わせてしまっていて。

本当にやさしい、気遣い屋さんなのだと。

懸命に話す、瀬尾さん像に。

太郎先輩が、何かに気にかかったような顔をしたことに。

千世は、気付きません。

千世は、ほほを染めながら続けます。

自分のどこを気に入ってくれているのか、未だに分からないけれど。

自分には勿体ないくらい、本当に素敵な人なのです。

柔らかく話す千世に、安心したのでしょうか。

本郷先輩は、朗らかに背を押してくれます。

2人が納得しているならいいと思う、と。

そして、なんと。

この後その瀬尾さんと会うのかと。

千世の予定を、見事に言い当ててきます。

驚く千世に、本郷先輩は話してくれました。

今日の篁すごく可愛いと思ってたんだ、と。

<前話 全話一覧 次話>

全力で愛していいかなを無料で読めるか調査した結果

「全力で愛していいかな」をお得に読むならU-NEXTがおすすめです。
ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

全力で愛していいかな19巻を読んだ感想

瀬尾さんが、瀬尾さんらしくあれたのは。

誰かに、相談ができていたからなのかもしれません。

千世ちゃんとの恋愛について、社長と潤ちゃんが、相談に乗ってくれていたから。

しかし、瀬尾さんは社長に釘を刺されました。

見知らぬオジサンに恋愛事情を知られているなんて、千世ちゃんからすれば気分は良くないことだと。

全くもってその通り、と思ったのでしょう。

瀬尾さんは、相談相手を失います。

千世ちゃんに、ひとりで抱え込まないようにと手を差し伸べた瀬尾さんが。

今度はひとりで、グルグルと悩み出します。

温泉施設デートで見た、紅山と千世ちゃん。

瀬尾さん、嫉妬していらしたんですね。

なんだかとっても、不似合いなお言葉です。

ここで効いてくるのが、瀬尾さんは恋愛に熱くなったことがない、という過去かもしれません。

日に日に、千世ちゃんへの執着が、制御できなくなっているのでしょう。

引っ掛かるのは勿論、お試しのお付き合い、という点です。

思えば瀬尾さんからすれば。

何とも酷なお話だったのかもしれません。

お試し期間があることで。

彼は大好きな子と、もう少しだけ。

一緒に過ごす時間を、手に入れました。

しかし、お試し期間があることで。

彼は一喜一憂を繰り返します。

望みが見えてしまうから、ダメだった際の絶望は、より色濃く恐ろしくなります。

振ることは相手への礼儀だ、と。

そんなお話を、どこかで読んだ気が致します。

ズルズルと返事を引き延ばすことは。

相手の時間を奪うことになるそうです。

振られて、落ち込んで、新しく恋を始めるための時間を、先延ばしにしてしまうと。

極論、明日も生きているとは限りませんし。

ダメならダメで、すぐに結果を出して。

お互い歩き出しましょうと、そういう話らしいです。

タチが悪いのは、前向きに検討、のところでしょうか。

希望は、持てるだけ持たせている状態です。

むしろ、ダメだった時のことなんて、考えなくていいのかもしれませんが。

悪い結果は、どうしても考えてしまいます。

いくら前向きに検討、と言われたところで。

ダメだった際の覚悟は、しておきたいものです。

それに、瀬尾さんが怖がっているのは。

この後に及んでやはり、千世ちゃんのこと。

千世ちゃんに、初めて告白した時。

千世ちゃんは、駅で目があった瀬尾さんを、無視します。

それを見て瀬尾さんは、千世ちゃんを諦める覚悟をします。

この時、瀬尾さんはすぐに。

千世ちゃんへと延ばす手を。

引っ込められた訳です。

ただ、お試しのお付き合いを経た今は。

瀬尾さんに、千世ちゃんの手を離す自信が、なくなります。

瀬尾さんは、千世ちゃんに振られるより。

振られて時に、千世ちゃんの手を離せないことで。

彼女に傷を、嫌な思い出を、刻みつけてしまわないかを。

恐れているような気が致します。

一方、千世ちゃん。

紅山事件の際に、千世ちゃんに寄り添ってくれた女性先輩社員さんの、名前が発覚致します。

灯先輩、旦那はハグ癖のある太郎先輩。

興味深いやりとりがありました。

太郎先輩が、普通に付き合えばいいんじゃないの?、と言ったのに対し。

千世ちゃんは、私の我儘で相手を付き合わせているだけ、と返します。

千世ちゃんのセリフは本来、振られる側かなあと、思わなくもないです。

最後に一度デートして、みたいなもので。

ただ今回、千世ちゃんはどちらかと言われれば、振る側です。

単純に、自分がお試し期間という我儘を設けたことに。

瀬尾さんが付き合ってくれている、という意味なのでしょうけれど。

この返答は、普通に付き合わない、理由にはならない気が致します。

千世ちゃんの中で、まだ答えが決まっていないのでしょうか。

というより、気付けていないのでしょう。

千世ちゃんの中にすでにあるはずの、瀬尾さんへの「好き」について。

千世ちゃんの発言に。

太郎先輩は、何かに気付いた素振りを致しました。

彼からの言葉で、千世ちゃんに良い方向の変化があることを。

願うばかりです。

全力で愛していいかな19巻まとめ

こちらでは19巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

全力で愛していいかな19巻まとめ
  • 瀬尾さんは、職場の後輩・潤と、バーに来ていました。千世との恋愛相談にのって貰っていました。温泉施設デートで見た、紅山と千世を見て瀬尾さんは嫉妬していました。
  • 瀬尾さんの中で、千世への想いは膨らむばかりでした。
  • 千世は、会社の慰労会に参加していました。本郷灯先輩が呼び掛けます。紅山との噂で、千世の味方でいてくれた先輩です。灯先輩の旦那はハグ癖のある太郎先輩。元気で仲の良い2人に微笑ましくなる千世でした。
  • 2人に、瀬尾さんとのことを打ち明けます。本郷先輩は、2人が納得しているならいいと思うと、背を押してくれます。

<前話 全話一覧 次話>