少女/女性漫画

「全力で愛していいかな」9巻あらすじ・ネタバレ1時間半のシャワーの真実

広告で大人気の漫画「全力で愛していいかな」の第9巻のあらすじと感想を紹介します。

<前話 全話一覧 次話>

前巻のあらすじ

瀬尾 一愛(せお いちか)は、千世との再会を夢見て、彼女を待ち続けました。

そして、とあるご飯屋さんで再会を果たし。

千世に会えるようになったのでした。

初めての執着、治らないほほの熱さに。

戸惑っていた一愛ですが、ある日、千世と一線を超えてしまい……?

全力で愛していいかな9巻あらすじ・ネタバレ

おじさん包囲網

一愛は、職場でひざまずき、懺悔(ざんげ)していました。

千世と一線を超えてしまったことについて。

仕事仲間の潤は、むしろ健全だと話します。

潤は、ピッチリした七三分けの髪に、眼鏡をかけ、シャツの1番上までボタンをとめて。

話を聞く間もPCの前から離れない、真面目な若おじさんです。

急展開ではありますが、3ヶ月に渡り聞かされた、一愛の乙女的でお花畑的な恋バナよりは。

同意の上ホテルに連れこみ朝チュンしたという方が。

瀬尾さんも男だったと、安心できるというものです。

しかし、一愛はすぐに反論します。

祈るように手を組んで。

本当の本当にそんなつもりじゃなかったの!信じてください!とすがります。

潤は、思わずため息。

余程のことがない限り、一線越えればそれは男の責任だと。

言い訳は正直見苦しい!と言い切ります。

男前な潤に、一愛は返す言葉もありません。

潤の言うことはもっともで、反省もしています。

けど信じて!と願う目には、うっすら涙すら浮かぶのです。

見かねて声を掛けるのは、おじさま社長です。

一愛ちゃん的には何が問題なの?と。

やさしい様子で、一愛を手招きます。

問題、それについては潤も同意でした。

ただでさえ、一愛の恋バナになると、社長も一愛もサボり。

そのストレスでやつれるのは、潤なのです。

とっとと問題点を話してくださいと。

仕事する手を止めない潤は、すでに少しやつれています。

その気迫におされながら、一愛はあの夜について語りだすのでした。

1時間半のシャワーの真実

問題、というのでしょうか。

一愛は、思ってもいなかったのです。

お試し期間、で、まさか一緒にホテルに行くことになるなんて。

思わず、シャワーを浴びに逃げて。

どうしてこうなったのかと、考え続けていました。

シャワーを浴びているはずなのに、その温度も分からず。

ああ、血の気が引いているのだと。

こういうことも「お試し」に含まれるのだと、ぼんやりと思うのです。

「お試し」に含まれた、体の触れ合い。

自分はピクニックなんかを想像していたなあと、のどかだった自分に思いを馳せます。

もっと千世と、色んな時間を共有するつもりだったのです。

体を拭きながら、別の心配も湧き上がります。

千世に触れるなんて、あまりに恐れ多くて。

恐怖の感情しか浮かばない中、ちゃんと千世と触れ合えるのでしょうか。

思い悩んでいれば、扉が開きます。

長すぎる一愛のシャワーを心配して、千世が様子を見に来たのです。

一瞬の間の後、そそくさと千世が戻った後。

千世ちゃんに半裸を見られてしまった!と。

恥ずかしさに思わず体を隠す、45歳のおじさん・一愛。

ついでに、扉の向こうで一愛の雄みに腰を抜かす千世は、30歳の成人女性です。

シャワーから上がった一愛は、少し落ち着きを取り戻します。

フロントに頼んだヘアコロンをつけながら。

考えるのは、千世のこと。

千世に、思いがけず誘われた時。

驚きすぎた一愛は、そのまま千世の意思に沿い。

ホテルの部屋まで、千世を連れてきてしまいました。

けれど千世は、本当にいいのでしょうか。

お試し期間の最初で、体の触れ合いなんて。

ましてや一愛は、千世にとって、好きでもなんでもない男なのです。

堂々めぐりは、千世によって終わりました。

シャワーを上がった千世が、髪を下ろしバスローブ姿で現れ、瀬尾さん、と一愛を呼んだ瞬間。

一愛の心は整理がついて、そのまま千世と一夜を過ごしたのでした。

踏みとどまる理由

分かりやすいスイッチですね、と呟く潤。

どうやら、頭の中で考えていたはずの一愛の回想は。

すべて、口をついて、出てしまっていたようです。

潤は、不思議でした。

瀬尾さんは、恋焦がれた千世と、ひとつになれたのです。

いったい、何をそんなに後悔することがあるというのでしょう。

一愛にあったのは、後悔というより、不安でした。

一愛は万が一にも、千世を傷つけたくないのです。

頭をよぎるのは、唇をギュとかみしめ、苦しそうに歪んだ、千世の顔。

ある日、千世が話してくれたのです。

仲の良かった上司に、ずっとセクハラをされていて。

知った時すごく悔しかったと、一愛に話してくれました。

一愛は、もう2度と。

千世にあんな思いはさせたくないのです。

消せない可能性

そこで、社長が口を開きます。

恋人のお試し期間はいいとして。

千世からのホテルのお誘いについては、一愛に気を遣ったのではないかと。

社長は、本当のことを知っています。

一愛は、元々千世にフラれるつもりでした。

だからこそ最後に、お気に入りのホテルのディナーで、恋の終わりを飾って。

翌朝の素敵なモーニングから、また再出発するつもりだったのです。

しかし千世から見たら、どうでしょう。

贈られたワンピースに、高級ディナー。

追い討ちのように、お泊まりやモーニングの話題を出されて。

プレゼントの代わりに、体を差し出せととられても、仕方ないのかもしれません。

一愛は、ショックで落ち込んでしまいます。

社長の言うことを、否定できないのでした。

そして、スレ違う

しかし、一愛はめげません。

仮に、千世に気を遣わせてしまったのなら。

もう二度と千世ちゃんに強いるような負担はかけない!と。

すぐに復活を果たします。

そして、誠実に言ってのけるのです。

体への触れ合いは、絶対にしないと。

清らかな心で、全力で彼女を愛してみせると。

潤と社長は、しばらく無言。

やがて、考えるのが面倒くさくなったのか。

社長は、頑張ってね一愛ちゃん、と一愛を励まします。

潤は、どうしてこうも頑ななのかと。

頭を悩ませますが、もう口にはしません。

仕事しろオッサンどもと、心で悪態をつくのでした。

一方その頃、千世は。

ショッピングに出かけ、下着を試着しておりました。

<前話 全話一覧 次話>

全力で愛していいかなを無料で読めるか調査した結果

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

全力で愛していいかな9巻を読んだ感想

瀬尾さんと千世ちゃんの年齢が、発覚致しました!

千世ちゃんは、30歳ドンピシャで。

瀬尾さんは45歳、予想よりちよっとお年を召していらっしゃいました。

この年齢の人たちの反応の、なんと可愛らしいこと。

半裸を見られて恥ずかしさに震える45歳と、半裸を見て腰を抜かす30歳。

年齢出た!と注目しつつ、笑ったシーンです。

このコメディタッチな感じも、私は好きです。

ワードも独特な強い言い回しとかあって。

印象的だなあと思います。

1時間半のシャワーの秘密が明かされましたね……!

やっぱり、戸惑っていらっしゃいました笑。

瀬尾さん、長く考え込んでしまう人なのですね。

千世ちゃんと再会して、カウンターで隣になった時も、45分近く考えこんでおりましたし。

そんな瀬尾さんが、千世ちゃんに告白するのに。

いったいどれだけの時間と勇気が費やされたのかなあと、気になるところです。

千世ちゃんにとって、瀬尾さんが好きでもない男だと、思い込んでいるだなんて。

瀬尾さんは、ポンコツなのでしょうか。

それとも千世ちゃんは、そこまで絶対的な壁を築いて、人と接しているのでしょうか。

今まで千世ちゃん視点で見ていたせいか。

まったく!共感できませんでした。

けれどこれが、やっぱり今後のキーとなってくるのでしょう。

千世ちゃんが、瀬尾さんを好きになるのかが、鍵なのではないのです。

今持っている感情の名前を忘れてしまった子に、思い出させてあげることが。

瀬尾さんの恋の、ハッピーエンドに繋がります。

本当に、童話みたいなお話です。

けれど、絡んでくる、性のお話。

千世ちゃん、セクハラされてましたね。

当たってうれしいような、外れてほしかったような、複雑な気分です。

瀬尾さんの臆病の理由は、ここにもあるんですね。

本当に、瀬尾さんは。

万が一にも千世ちゃんを傷つけたくないのだと、実感致しました。

瀬尾さんの言葉は、真っ直ぐですね。

千世ちゃん視点で、千世ちゃんに伝えられた言葉と。

瀬尾さん目線で読んできた気持ちは、パズルのようにピッタリとはまります。

瀬尾さんは、裏表がありません。

対して千世ちゃんは、どうなのでしょう?

そしてやっぱり。

「明日のテラス」って、そんなに匂わせの言葉になるんですね。

かなりのキーワードだったんですねえ。

あかんこれ抱かれるやつや、と千世ちゃんが、なんというか。

千世ちゃんの本当のリアクションより、千世ちゃんらしいリアクションだなあ、と思いました。

千世ちゃんてこんなイメージで読んでたなあと、実感致しました。

瀬尾さんが、あの夜に話していたこと。

ホテルに部屋をとってあることや、テラスのモーニングのお話が。

予想通りであることは、まあうん、という感じでした。

ここがスレ違わなければ、お話にならないのかもしれませんが。

どうして一読者が気付けることが、1番そばにいるはずの千世ちゃんに分からないのかと。

もどかしくなってしまいます。

逆ベクトルに走り出した2人が。

同じ場所で笑い合えることを願います。

全力で愛していいかな9巻まとめ

こちらでは9巻の展開・あらすじを紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・・

全力で愛していいかな9巻まとめ
  • 仕事仲間の潤は、健全だと話し、瀬尾さんは男だったと、安心できるというものです。瀬尾さんはあの日の夜について語り始めました。
  • 瀬尾さんはお試し期間で、一緒にホテルに行くことになるなんてとシャワーで考えます。シャワーを上がった千世が、瀬尾さん、と呼んだ瞬間、決心がつきました。
  • 瀬尾さんは千世を傷つけたくないのです。千世が仲の良かった上司に、セクハラをされている事を知って、あんな思いはさせたくないのです。
  • 瀬尾さんは千世にフラれるつもりでした。恋の終わりを飾るつもりでしたが、千世からすれば、お誘いと捉えていました。
  • 清らかな心で、全力で彼女を愛してみせると、潤と社長に言いました。その頃、千世はショッピングに出かけ、下着を試着しておりました。

<前話 全話一覧 次話>