少年/青年漫画

【最新話】「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」ネタバレ7話!あらすじ・感想を紹介!人間に近い行動

シーモア独占配信の人気コミック「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」。

「続きが気になる!」
「主人公はどうなる?!」

こちらでは「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない7話」の展開・あらすじをご紹介していきます!

<前話 全話一覧 次話>

前回のあらすじ

山で生活するための準備を着々と進めていく中、無線から助けを求める女の声が!

雄介は女の声以外に足音も聞こえたため、女はおとりだと判断し無線を切ります。

その夜、暖房が止まってしまったので外に様子を見に行くと、街は停電していて大規模な火災も発生!
そして、雄介が深月に出発の準備をするように命令したのでした。

【無料で試し読み!】
2021年人気アダルト漫画TOP3
気になる作品を無料でチェックするチャンス!↓

マゾ狩り西野さん
青年
拘束具
言葉責め
クラスの同級生の西野さんは、美人で人当たりもよく浮いた噂など全く聞かない。……のだが、その本性は人を支配することに喜びを覚える狩人だった。「やっぱり、マゾだよね?」そう尋ねる彼女になすすべもなく屈服し、地面に頭をつけて忠誠を誓ってしまったが最後……彼女のおもちゃとしてあらゆる自由を奪われ、絶対服従の下僕にされてしまう。
71236

66347


図書館で勉強していたらいつも来るギャルJKに・・・
青年
ギャル
中出し
受験を控えた高校3年の夏休み。受験まで一年を切り、夏休みは毎日図書館にこもり勉強していた。最近、そこによくあらわれる謎のギャルJKが気になって気になって、悶々としていた。制服ミニスカ巨乳で受験生の僕には当然刺激が強すぎる…。
41182

38784


ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない
青年
フルカラー
ゾンビ
無事就職が決まり、春には県外に出ることが決まっていた主人公。いつものように寂れた神社に報告に行くと、倒れていた青年を発見する。体が弱く療養しに来たという青年の介抱をしながら、なんとなく放っておけない主人公は春まで青年のご飯を作りに来ることを約束する。
39124

24341

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない7話のあらすじネタバレ

ドクロのような顔をした男

雄介が火災現場の特定に向かうと、大学で火災が発生していたことがわかります。

大学周辺は山に行く近道だったため面倒なことになっていないことを願っていると、1台の車が走ってきて閉鎖してある校門にそのまま激突して停車!

すると、ドクロのような顔をした男が車に駆け寄り運転していた女性を引きずり下ろすと、隠し持っていたナイフで首を切り落とします。

その後、切り落とした首を手に取ってじっと見てからほうり投げると、閉鎖してあった校門をガラッと開ける男。
雄介は、ゾンビにしては人間に近い行動を取る姿を見て正体が気になりますが、危険性が高いと判断!

しかし、何もしないで見逃すのも危険だと考え、バイクを走らせようとしますが、振り向いた男の顔を見てゾンビだと確信し、警官の格好をしていることにも気がつきます。

雄介は、ドクロ男はゾンビだとしても普通ではない…襲ってくる気配はないけれど、山への移動中に遭遇したら3人を守り切れないかもしれない…と不安になります。

そして、雄介はドクロ男を追跡して隙を見て排除することを決意するのでした。

人間を喰ったゾンビがどんどん賢くなる

大学内部に入った雄介。

ドクロ男は見失ってしまいましたが、教室の中からガタガタと物音がしたので気になってドアを開けると、人間にかなり近い女性のゾンビが2人いて雄介のことをじっと見つめます。
すると、誰かの叫び声が聞こえたので確認すると、ドクロ男が高い場所から人間を突き落としている姿を目撃!

そのままドクロ男がどこかに行ってしまったので追いかけますが、また見失ってしまいます。
大学内を探し回った雄介は、ビデオカメラを見つけて記録されていた動画を見てみることに…。

残されていた動画には、人間が仲間を突き落としてゾンビに食わせて楽しんでいる衝撃の映像があり、

人間だった頃のドクロ男がゾンビに食われてしまった時の映像も残されていました。
雄介は映像を見ているうちに、獣のようだったゾンビたちが人間を食べるたびに人間的な行動に変化していることに気がつきます。

雄介は少数のゾンビが生前のような行動を取っているのが疑問でしたが、人間を喰ったゾンビがどんどん賢くなっているのではないかと考え、ビデオカメラを投げ捨てながら怒りを爆発!!

そして、ゾンビたちがみんな知性を取り戻したら大変なことになると思い、山に移動するとしても大学周辺は避けて巡回するしかない…と考えます。
雄介は大学内は危険過ぎると判断して、スーパーに戻ることにします。

スーパー内に異様な臭い

雄介がスーパーに戻ると、だいぶ時間が経過していてすでに朝になっています。

ゾンビたちが街に出てくる前にスーパーから離れたいと考えますが、スーパー内が異様な臭いがすることに気がつき、いつも閉まっていた部屋のドアも開いているので不審に思います。

部屋に入ってみると生ゴミの集積所のようですが、異様な臭いの正体は生ゴミの臭いではないとわかり、何かにハッと気がついて走り出す雄介。

無線で呼びかけながら、深月たちを探して走り回ります!
スーパーにいた生存者たちは深月たちを置いて出て行ってしまいましたが、死亡が確認されたわけではありません。

雄介はスーパー内に残っている生活の痕を見ながら、自分たちの他にも誰かが隠れていたと確信!

雄介は深月たちに向けて、生き残りがいるかもしれないから刺激するなよ!と必死に叫ぶのでした。

<前話 全話一覧 次話>

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われないを無料で読めるか調査した結果

「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」はシーモア独占配信のため、今のところは他サイトで読む方法はないようです…

「ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない」を読む事はできませんが、SNSで話題の作品をU-NEXTなら無料で読むことが出来ます!

ここからはU-NEXT無料トライアル登録で付与される600ポイントを利用して、無料で読める漫画作品を人気ランキング順にご紹介いたします。
無料トライアル期間内の解約で料金は一切発生しませんので、U-NEXTは安心して漫画を読めると口コミも好評です◎

ランキング外の作品が気になる方はU-NEXTの公式サイトから確認してみてくださいね♪

7話を読んだ感想

大規模な火災発生現場は大学だったことがわかりました。
そして、大学内にはドクロのような顔をした男がいて、今まで遭遇したゾンビとは違って人間に近い行動を取っていましたね~。

ゾンビに襲われない雄介はゾンビに遭遇しても動揺することはありませんでしたが、ドクロ男を見て危険だと判断していたのがとても印象的でした。

ドクロ男も雄介を襲ってくることはありまんでしたが、頭の良い雄介が危険だと判断したので他のゾンビとは違う何かを感じたのでしょう。
また、ドクロ男が人間を高いところから突き落としている姿を目撃しましたが、大学内には人間が生き残っていたようですね。

前回、無線から助けを求める女性の声が聞こえてきましたが、大学内からの無線だったのでしょうか。
大学は敷地も広くて隠れる場所もたくさんあると思うので、まだ生き残っている人間がいる可能性があるかもしれませんね!

さらに、残されていたビデオカメラの映像の中に、人間が仲間を突き落としてゾンビに食わせて楽しんでいる衝撃の映像がありましたが、とても残酷でゾッとしてしまいました。
人間だった頃のドクロ男がゾンビに襲われてしまった映像もあり、ゾンビが人を喰った分だけ賢くなっていることもわかりました。

最初にゾンビが発生した時に大学内に避難した人も多かったかもしれないので、大学内のゾンビが大量の人間を喰っている可能性も高いと思いますし、これからさらに生き残りの人間を喰う可能性も残されています。

今まで雄介が遭遇してきたゾンビたちは知性がありませんでしたが、多くのゾンビが知性を取り戻してしまったら、雄介一人でゾンビの集団を相手にするのは難しくなりそうです!

これ以上ドクロ男のようなゾンビが増えないうちに山へ移動した方が安全ですが、雄介がスーパーに戻ると深月たちの姿がなく、店内の様子も異臭がするなど変化していました。
スーパー内に誰かが生活していた形跡もあり、雄介たちが気がつかない場所に生き残りの人間がいたようですね~。

誰にも気がつかれずに隠れて生活していたとは、どんな人間なのでしょうか。
どう考えても普通の神経の人間ではないと思うので、深月たちが何かされていないかとても心配です。

雄介が深月たちを心配して探し回っていましたが、無事に再会できることを願います!
次回の展開に注目です!

<前話 全話一覧 次話>

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない7話!まとめ

こちらでは7話の展開・あらすじをご紹介しました。

ざっとストーリーをまとめると・・。

ゾンビのあふれた世界で俺だけが襲われない7話のまとめ
  • 雄介は、ドクロ男はゾンビだとしても普通ではない、襲ってくる気配はないけれど、山への移動中に遭遇したら3人を守り切れないかもしれないと不安。そして、雄介はドクロ男を追跡して隙を見て排除することを決意するのだった。
  • ゾンビたちがみんな知性を取り戻したら大変なことになると思い、山に移動するとしても大学周辺は避けて巡回するしかないと考える。そして危険すぎると感じた雄介はスーパーに戻ることと決意。
  • 雄介はスーパー内に残っている生活の痕を見ながら、自分たちの他にも誰かが隠れていたと確信。雄介は深月たちに向けて、生き残りがいるかもしれないから刺激するなよ!と必死に叫ぶのだった。